多幸と福の島、日間賀島ツーリング その2!

  • 2019.01.07 Monday
  • 10:49

日間賀島をあとにして、帰りは反時計回りに来た道を戻ります。

いつもは知多半島を時計回りに走りますが、冬場は伊勢湾に流れる風が強いので
反時計回りに山を風除けにして走る自転車乗りも多いのですが、この日は北風であまり変わらず向かい風の強風でした。

師崎から坂を上って、向かうのは「観光農園花ひろば」です。
花ひろば

着いた頃には15時ほどで、季節的にも訪れるかたが少ないのですが、
ひまわりが咲いているとの情報に、気になって寄ることにしました。
咲いているのは畑一面に約8万本、季節なのか品種なのか小ぶりですが一面に咲いていました。
花ひろば

訪れたときは、まだ開花前のものが多く、HPでは12月25日時点で見ごろとなっていたので、
平年は12月上旬まで見ごろが続いていたものが、今年は開花がゆっくりだったようです。
ひまわりを見ていると、少しは寒さが和らぐ感じがします。
花ひろば

もっとゆっくりと撮っていたかったですが、陽が傾いていたので足早に撮ってまわりました。
花ひろば

隣の畑には、紅葉したコキアが残っていました。
コキアは低木で丸っこい形で、もとは黄緑色ですが秋になると赤く紅葉します。
花ひろば

花ひろば

ひまわりとともに気になっていた菜の花です。
花ひろばには食用の菜の花が、約60万本が植わっているそうです。
菜の花の黄色も明るい色で、冬の花の少ない季節には華やかです。
花ひろば

花ひろば

青空にも映えます。
花ひろば

菜の花は3月下旬ごろまで楽しめるそうです。
渥美半島でも地区によっては12月中に見頃を迎えているようなので、また出かけたいですね。
花ひろば

観光農園花ひろばには年中なんらかの花が植えられているようなので、また見に行きたいと思います。
帰りは向かい風の中、ゆっくり家に帰りました。

走行距離:128.4km

多幸と福の島、日間賀島ツーリング その1!

  • 2019.01.03 Thursday
  • 09:27

紅葉の季節が終わると、1年もあっという間に終わってしまいますね。
この時季になると咲く花もだいぶ減ってしまいますが、今回はいままで行きたかった日間賀島ツーリングに行ってきました。
日間賀島(ひまかじま)は愛知県南知多町沖にある離島です。

今回も写真が多く記事が長くなるので、写真だけでも見ていただけたら幸いです。


朝6時前に家を出発し、約60kmを2時間半ほどほぼ走りづめで南知多町に入りました。

まずはフェリー乗り場前の羽豆神社(はずじんじゃ)で軽く食事をとって休憩。

日間賀島ツーリング

日間賀島に渡るには、人だけを運ぶ高速船と、自転車やバイク・車を運ぶカーフェリーがあり、今回はカーフェリーを選びました。
島内には観光用のレンタル自転車がありますが、せっかくなので自分の自転車と一緒に渡ります。
ただ、カーフェリーは高速船より本数が少ないので、行くなら高速船とレンタル自転車がおすすめです。
日間賀島ツーリング

1時間ほどフェリーターミナル乗り場で時間をつぶしてから、カーフェリーに乗ります。
日間賀島までは約20分、わずかですが久しぶりの船旅を楽しむことが出来ました。
日間賀島ツーリング

日間賀島に渡ってからは自転車で走ります。
島の周囲は約6km、海岸を歩いても1時間ちょっとなので飛ばすことなくゆっくり走ります。
海岸の一部は防波堤でもある歩行者通路があり、隣の篠島や佐久島、渥美半島も見えます。
日間賀島ツーリング

島の北側には小型漁船がいっぱいです。
日間賀島ツーリング

日間賀島はタコとフグが多く獲れ、タコとフグをもじって「多幸の島 福の島」としてアピールをしています。
島内にはタコのオブジェやフグのマンホールなど、色んなところに描かれています。
タコを獲るたこ壺もあちこちにありました。日間賀島ツーリング

秋から冬にかけて軒先で見られる干(ひ)だこ。
日間賀島ツーリング

島内のマンホールにはタコとフグの日間賀島のマスコットが描かれています。
日間賀島ツーリング

日間賀島ツーリング

西港前にある駐在所も、タコを模した形でかわいらしいです。
日間賀島ツーリング

カーフェリーの乗り降りをする北港からは時計回りにまわりますが、島内でも人気の「ハイジのブランコ」へ。
三河湾に向かってブランコを揺らすのも気持ちよさそうですね。
日間賀島ツーリング

東港にあるサンライズビーチは夏には海水浴客で島外のかたで賑わうそうです。
日間賀島ツーリング

日間賀島ツーリング

東港の前には、タコのオブジェがあります、名前は「がっしー」だそうです。
ちなみにこのタコのオブジェの前には島内唯一の信号機がありますが、信号は点滅信号で小学校の勉強用に使われているそうです。
日間賀島ツーリング

ちなみに西港のタコのオブジェは反対の足を上げてます、西港は「にっしー」という名前だそうです。
日間賀島ツーリング

島の南側には、下の写真右側に見える勾配が30%ほどある坂があります。
日間賀島は高いところでも30mほどで、島の中のほうはアップダウンはあるも緩い平らな島です。
日間賀島ツーリング

住宅の並ぶ島の中に入ると、迷路のような小道もいっぱいです。
日間賀島ツーリング

島内には神社がいくつかありますが、その中の1つ安楽寺へ。
ここには「たこ阿弥陀」があり、大漁と安全、良縁のご利益があるそうです。
日間賀島ツーリング

日間賀島ツーリング

東港近くの「鯖大師」。
本堂内は開いていなかったので、外だけの参拝でしたが、入り口にも本堂内とほぼ同じサバを持った弘法大師の像がありました。
日間賀島ツーリング

カーフェリーに乗る時間まで時間があったので、また島内をぐるぐるとまわりながら日間賀島資料館へ。
とても小さな資料館で、中には漁具や島での出土品などが展示してあります。
日間賀島ツーリング㉑

日間賀島ツーリング㉒

資料館の裏にはタコの形をした小さな公園があり、公園はつぶしてヤギが5〜6頭放されていました。
日間賀島のHPやパンフレットにも載っていないので、個人で飼われているのかは不明です。

お昼には写真はないですが、タコなどの刺身とヒガンフグの唐揚げを食べて帰りました。
風がかなり強かったですが、まったりとした島時間を過ごしたあとはカーフェリーに乗り帰路につきます。
ちなみに、写真はないですが、北港からは御嶽山、東港からは富士山の頭がうっすらと見ることが出来ました。
日間賀島ツーリング㉓

このあとは少し寄り道をしながら帰ります。

その2へつづく。

都会の中の日本庭園紅葉ライトアップポタ!

  • 2018.12.22 Saturday
  • 13:13
街中の紅葉が見頃になってからはなかなか出かけれませんでしたが、
今年も見に行きたいと思っていた白鳥庭園の紅葉を見に行ってきました。

白鳥(しろとり)庭園は地泉回遊式の日本庭園で、園内を中部地方の山河を見立てた造りになっています。
お昼間の紅葉を見たかったのですが、予定が合わず今年はライトアップのみです。

この日は日曜日で、紅葉は見頃で雨降りの続く前だったのもあるのか、駐車場待ちの車が列をなしてました。
自転車置き場にも自転車が多く、人気のスポットになったように感じます。
園内に入ると紅葉のイルミネーションとともに美濃和紙のあかりアートも飾られていました。
白鳥庭園の紅葉

写真にはないですが、今年は園内の各所にクリスマスツリーのイルミネーションもありました。
園内に入って見える池にはモミジがきれいに映し出され、逆さモミジを楽しめます。
白鳥庭園の紅葉

滝のある場所は毎年色付きが遅く、ライトアップされていても緑色の木々が目立ちます。
東屋からゆっくりと見て眺めることができるので園内でも好きな場所です。
白鳥庭園の紅葉

白鳥庭園の紅葉

滝の辺りは暗い場所もあり、足元は岩があるので躓かないように注意ですね。
また、夜間になると、ライトアップされていない一部の場所は入れなくなるので訪れるならお昼のほうがおすすめです。
白鳥庭園の紅葉

清羽亭辺りもモミジが多く植わっていてきれい場所です。
下の写真の小さな門をくぐってからは広い場所ではないですが、多くのかたがカメラを構えていました。
ここも立ち入り禁止の場所があり、気付かずに入ってしまう方もいらっしゃいました。
白鳥庭園の紅葉

白鳥庭園の紅葉

園内には琴の演奏が流れている中で紅葉のライトアップを見てまわりましたが、生演奏だったのでびっくりです。
和楽器の音は心地よく、紅葉との共演は豪華な気分です。
白鳥庭園の紅葉

池のほとりで少し演奏を聴いてから、また園内をぶらぶら。
白鳥庭園の紅葉

紅葉の時季になると園内も冬の装いに変わって行き、松の木に雪吊りが施されます。
名古屋ではそれほど雪が降るわけではないので装飾用の雪吊りだそうですが、なかなか見る機会がないものです。
和製のクリスマスツリーのようですね。
白鳥庭園の紅葉

池に映る雪吊りは画になりますね。
白鳥庭園の紅葉

園内北側までぐるっと見てまわります。
北側入口あたりはモミジのライトアップは少ないですが、昼間はモミジと池に架かる橋が一緒に撮れる場所がいくつもあります。
この東屋も遠くから眺めるのみで、中には入れませんが、逆さモミジもきれいです。
白鳥庭園の紅葉

名古屋市内ではイチョウの木が街路樹として植わっているので、
時間のあるかたは名古屋駅前から近い桜通線や栄からすぐの広小路大通りもおすすめです。

今年は山の紅葉を中心に各地で見てまわることができ、とても楽しめました。
まだまだ行きたいところはいっぱいあるので来年も楽しみにしたいです。

走行距離:18.8km

尾張のもみじ寺と桃太郎公園へ紅葉ポタ その2!

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 11:19

寂光院からは少しだけ北に走って桃太郎公園へ向かいます。

不老の滝前もまだまだ色付きはじめのモミジのトンネルでした。
桃太郎公園の紅葉

桃太郎公園にはイチョウやモミジの大きな木があり、訪れるかたは少ないもののきれいな場所です。
桃太郎公園の紅葉

桃太郎公園にもサイクルスタンドがありましたが、
サイクルスタンドがあったのは、熟したぎんなんが転がっている場所だったので、踏まないようにとめるのが大変でした。
ぎんなんを踏んでしまうと特異なにおいが靴について、しばらくにおいが取れないので注意ですね。
桃太郎公園の紅葉

そして桃太郎神社を参拝します。
桃太郎神社には銅像があったり、宝物館には鬼のミイラなどもあります。
桃太郎公園の紅葉

紅葉は見頃できれいでした。
桃太郎公園の紅葉

桃太郎神社は、銅像のシュールな雰囲気でも人気のある場所です。
紅葉もですが、銅像と一緒に写真を撮っているかたが多くいらっしゃいました。
桃太郎公園の紅葉

桃太郎公園の紅葉㉑

桃太郎神社からは犬山城へ向かいます。
犬山城は城内にはモミジや紅葉した木々がありますが、多くのかたで賑わっているので外から見るのみです。
犬山城の紅葉

城下町にはグルメが多くあり寄りたかったですが、たくさんのかたがいらっしゃったので帰路につきました。
この日も夕方から出勤だったので、やや急ぎ足でしたが紅葉を見てまわり楽しむことが出来ました。
いつの間にか街中の紅葉も見ごろになっているので、あと1箇所は訪れたいですね。

走行距離:74.6km

尾張のもみじ寺と桃太郎公園へ紅葉ポタ その1!

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 09:59

紅葉前線が平地に下りてきた11月末ごろ、犬山市の紅葉ポタに行ってきました。
今回も昨年同様、寂光院(じゃっこういん)と桃太郎神社、犬山城をまわってきました。

朝7時に家を出てひたすら北に走り、8時半ごろに到着しましたが、駐車場はすでに満車でした。
自転車はサイクルスタンドが設置されていたので、自転車乗りも多く訪れるかもしれませんね。
寂光院の紅葉

駐車場からは参道入口が階段と上の写真の場所、最後の写真の場所、急坂の4か所があります。
今回は上の写真の場所から入りますが、駐車所にあがるまでの紅葉は緑から黄色、赤と色付きがまちまちできれいでした。
寂光院の紅葉

参道は陽の当るところは色付き始めているものの、まだ色付きが浅かったです。
個人的には、緑から黄緑、黄色、オレンジ、赤色とグラデーションがあるほうが好きです。
寂光院の紅葉

参道を進んで320段の石段「七福坂」を上がっていきます。
横には有料ですがスロープカーもあるので、足の不自由な方や体力のない方でも本堂に上がることもできます。
寂光院の紅葉

石段を上がって行った途中の地蔵堂あたりはまだ緑のモミジばかりでした。
寂光院の紅葉

本堂に着いてから、まずは参拝してから紅葉見物です。
寂光院のは約1,000本のモミジが植わり「尾張のもみじ寺」とも呼ばれる場所で、本堂前のモミジは見頃でした。
昨年訪れたときは見頃過ぎだったので、今年は真っ赤な紅葉を楽しめました。
本堂前が見頃のときは階段辺りがまだ色付き前で、全体が見頃になるタイミングが短いので訪れるのが難しいですね。
寂光院の紅葉

寂光院の紅葉

寂光院の紅葉

石段にもありましたが、寂光院のお地蔵さんはどれもニット帽を被っています。
寂光院の紅葉

展望台からは犬山城や名古屋駅のビル群が見えます。
寂光院の紅葉

本堂から奥の岩場から近くの山々の紅葉も眺めることができますが、まだ色付きはじめでした。
岩場で足元が不安定なので注意ですが、まったりできる場所です。

本堂裏にまわり、辨天堂(べんてんどう)にも参拝。
このあたりの紅葉もまだ部分的に色付いているだけでした。
寂光院の紅葉

寂光院の紅葉

また階段を下りて駐車場横の参道の紅葉を見てまわります。
寂光院の紅葉

寂光院の紅葉

今年はテレビで寂光院が取り上げられる回数が多いような気がしましたが、
そのせいか帰る9時半ごろには寂光院から駐車場待ちの車が1kmほど続いていました。
このあとは桃太郎神社と犬山城に向かいます。

その2へつづく。

 

紅葉の名所の昼とライトアップツーリング その2!

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 18:39

香嵐渓のメインの場所を見てからは香積寺(こうじゃくじ)に向かいます。

香積寺は訪れるかたはそこまで多くないですが、山門付近の紅葉がきれいな場所です。

山門までの階段を上がり振り返ると、太陽に照らされた紅葉がきらめいています。
なかなか人が途切れないので10分ほどカメラを構えながら粘っていて、いいタイミングで写真が撮れました。
香嵐渓の紅葉

山門をくぐってからもきれいな景色ですが、やや逆光になり上手く撮れませんでした。
香嵐渓の紅葉

本堂では並んでから参拝し、本堂裏手にある飯盛山の散策路を登ってみることに。
散策路は香積寺の裏からカタクリの咲く香嵐渓の入り口あたりに続いています。
香嵐渓の紅葉

香積寺裏側からはやや険しい散策路を10分ほど登ったところで山頂に着きます。
山頂には東屋とモミジが数本あるのみで、景色はもう少し開けた場所かと期待していましたが思ったより見えず、すぐ下りました。
香嵐渓の紅葉

香嵐渓入口側からは整備されている散策路ですが、緩く上がっていくので下りも長く感じますが紅葉がきれいでした。
来年はカタクリを見に来たいですね。
香嵐渓の紅葉

飯盛山を下ってから、また待月橋あたりをぶらぶら。
香嵐渓の紅葉

この日は日中と夜間の紅葉を楽しむ予定だったので、ライトアップの始まる日没ごろまでの2時間ほど、
コンビニでご飯を買って、巴川から少し下流のお気に入りの場所で、遠くに香嵐渓を眺めて休憩しました。
香嵐渓の紅葉

17時前にまた香嵐渓の駐車場脇に自転車をとめて巴橋に向かいます。
橋の上には多くのかたが同じようにライトアップを待っていらっしゃったので、
橋の下に下りて見ると、橋の下には外国人のかたが多くカメラを構えていらっしゃいました。

17時ごろから香嵐渓の散策路を中心に紅葉した木々がライトアップされます。
昼間とは違う景色を楽しめるのも面白いですね。
香嵐渓の紅葉

モミジのトンネルも歩きます。
当日は日没を過ぎると気温が5℃ほどでかなり寒かったです。
香嵐渓の紅葉

待月橋付近も多くのかたで賑わっていました。
香嵐渓の紅葉㉑

香嵐渓の紅葉㉒

香嵐渓の紅葉㉓

ライトアップは21時まで行っているので、平日でも仕事が終わってから来ることができるのでいいですね。
帰路につく7時ごろには香嵐渓方面に車の渋滞が出来ていました。
帰りは久しぶりのナイトライドでしたが、道の狭い日進市あたりもまったり走って家に着きました。
ライトアップは11月いっぱい、香嵐渓の紅葉も先日の雨でもう散っていると思いますがまた来年も見に行きたいです。

走行距離:89.1km

 

紅葉の名所の昼とライトアップツーリング その1!

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 18:37

今年も愛知県の紅葉の名所、香嵐渓の紅葉を見に行ってきました。

香嵐渓へは途中までは前回と同じく、名古屋から日進市を抜けて2時間弱で到着です。

香嵐渓手前の「追分」交差点では名古屋方面と岡崎方面から来た車で、訪れた平日でも香嵐渓まで約2kmの渋滞ができていました。

 


香嵐渓に着いたらまずは足助八幡宮で参拝をして、香嵐渓奥にある香嵐橋へ。
メインの待月橋あたりは朝早いと日が当たっていないので、先に香嵐橋付近から見るのがおすすめです。
香嵐橋付近は駐車場も比較的空いていることがあるので、車で行かれるかたは穴場かもしれません。
こちらはまだ色付きが浅いような感じでした。
香嵐渓の紅葉

香嵐橋は狭い橋ですが、画になりますね。
香嵐渓の紅葉

橋の周りは緑から黄緑、黄色、オレンジ、赤と色付きはまちまちですがきれいでした。
香嵐渓の紅葉

さらに奥に進んだ「一の谷」では、毎年恒例のシンセサイザーの音楽が流れる中での紅葉観賞を楽しめます。
ここのモミジは燃えるような赤い大きな木があり、いつもきれいに色付いています。
香嵐渓の紅葉

一の谷で紅葉を見てからは、香嵐渓のメインの場所になる待月橋方面にまわります。
多くの車が行き交う巴橋(ともえばし)から見る香嵐渓は1番きれいに見えます。
香嵐渓の紅葉は、飯盛山の中にある香積寺の和尚がカエデなどを植えはじめたのがきっかけで、
いまでは約4,000本の木々が紅葉し山全体が色づく紅葉の名所です。
香嵐渓の紅葉

駐車場脇に自転車をとめてからは香嵐渓のモミジのトンネルを歩きます。
ここからは砂地や岩場のある川岸に下りて歩きます。
香嵐渓の紅葉

川岸から見る、奥に赤い橋の待月橋と紅葉の景色は見応えがあります。
香嵐渓の中でも1番好きな景色です。
香嵐渓の紅葉

香嵐渓の紅葉

川岸からは散策路に戻り、またモミジのトンネルを歩きます。
見上げる紅葉は、昼間でもライトアップしているかのように輝いていました。
香嵐渓の紅葉

待月橋辺りは平日でも多くのかたで賑わっていました。
このあたりも日の当たる場所は赤く色付いていましたが、日陰になる場所はまだまだ緑色の木々が多かったです。
今年は台風の影響や気温が高いことから色付きが悪いとの話もあるので、訪れたときが見頃のピークでしょうか。
香嵐渓の紅葉

香嵐渓の紅葉

このあとは香積寺から飯盛山山頂に抜け、日没後からは香嵐渓のライトアップを楽しみます。

その2へつづく。

 

 

桜と紅葉が共演、四季桜ライド!

  • 2018.12.07 Friday
  • 15:21

時間が経ってしまいましたが、11月16日に豊田市小原地区の川見四季桜の里へ行ってきました。

何年か前に初めて訪れてからはほとんどが車で訪れていましたが、今回は自転車で現地まで行きました。


名古屋から日進市を抜けていき、それほど坂ではないですが大型車が多かったり道が狭く走りずらかったです。

途中からロードバイク乗りのかたに着いていったら香嵐渓方面に行って遠回りしたり、

川見四季桜の里まで「残り10km」と書かれた看板からのきつくなる坂を上って3時間弱で到着です。

 

到着した10時過ぎはまだ訪れるかたは少なかったものの、見ている間に車もバスも増えて賑わっていました。


小原地区では、11月下旬になると約1万本の四季桜があちこちに咲き、
その中でも川見四季桜の里には、約1,200本もの四季桜がまとまって植えられ、見応えがある場所です。
小原の四季桜


今年は開花が早いとの情報で、四季桜は8分咲きほどで見頃でしたが、
一緒に植わっているモミジやカエデは少し早いように感じます。
訪れた日は雲が多いものの晴れていたので、いいタイミングで訪れることが出来てよかったです。
小原の四季桜


自転車を駐車場の端にとめて歩いて見てまわります。
四季桜は春と秋に花を咲かせますが、秋のほうが多く咲くようです。
春のソメイヨシノなどより小さな花は可愛いですね。
小原の四季桜

四季桜の里は民家の前にあるので、誤って民家に入らないように注意です。
四季桜の咲く山の斜面下のベンチで桜を眺めながら休憩。
小原の四季桜

山には散策できる道があり、急勾配の坂を上がり、近くで桜や紅葉を観賞します。
紅葉は下から見たときに日の当たる場所は色付き始めていましたが、陽の当たりにくい中側はまだ色付き前でした。
小原の四季桜

小原の四季桜

山の裏手の四季桜は見頃過ぎか、萎えたものも多くありました。

小原の四季桜

山を下りてから隣の川見薬師寺へ。
こちらは155段の階段を上ったところにある小さなお寺です。
少し遠回りにはなりますがお寺のかたの車の通る坂もあるので階段がきついかたは坂を歩いてあがることもできます。
小原の四季桜

こちらは途中の紅葉もきれいでした。
小原の四季桜

小原の四季桜

川見薬師寺の山門は十二支が彫られていたり、本堂にも龍の彫刻があります。
参拝してからは川見四季桜の里から100mほど下った柿ヶ入沢散策路へ。

訪れた日は、こちらも紅葉の色付きが少し早かったように感じます。
この四季桜と紅葉の並木全体に陽が当たるのは11時ぐらいなので、四季桜の里を見てから訪れるといいかもしれませんね。
小原の四季桜

散策路は500mほどですが、中まで行かれるかたはあまりいらっしゃいませんが、ここもきれいな場所です。
小原の四季桜

小原の四季桜

この日は夕方から出勤だったので、他の四季桜まつりの会場を横目に帰りましたが、
次回はほかの四季桜の咲く場所を訪れたいです。
また、北に向かうとライトアップと鏡もみじで有名な岐阜県の曽木公園があるので行ってみたいですね。
来年も楽しみに訪れたいと思います。

走行距離:88.7km

モリコロパークのコスモス畑ポタ!

  • 2018.10.28 Sunday
  • 11:29

あちこちでコスモスが見頃を迎えていますが、午後から時間があったので
長久手市にあるモリコロパークのコスモスを見に行ってきました。

モリコロパークまでは東山通を東に坂を上っていきます。
昨年はリニモの「公園西駅」から入りましたが、今年は坂をもう1つ上がった「愛・地球博記念公園駅」から入園します。
入り口からはサイクリングロード以外は自転車の乗り入れが禁止されているので押して歩きます。

コスモスの咲いているエリアに到着すると、コスモスが見頃を迎えたくさん咲いていました。
各地で台風の影響を受けてコスモスが倒れていますが、モリコロパークのコスモスはあまり感じませんでした。
モリコロパークのコスモス

咲いている花は傷んでいるものもありましたが、風になびいて咲く姿はいいですね。
モリコロパークのコスモス

大きなコスモス畑には咲いている本数は分かりませんがセンセーションがメインで植わっています。
あとで出てきますが、奥のコスモス畑にはサイケやシーシェル、手前にはキバナコスモスが植わっています。
当日は訪れるかたはほとんどいなかったので、ゆっくり見てまわりました。
モリコロパークのコスモス

モリコロパークのコスモス

最近はコンデジをかえてからいろいろと機能を駆使して撮って試しています。
まだまだ使いこなしていないので、少しづつ使い込なせるようになりたいです。
モリコロパークのコスモス

キバナコスモスの奥には入り口の「愛・地球博記念公園駅」がありリニモとも写真が撮れそうですね。
モリコロパークのコスモス

隣のコスモス畑には少し変わった品種のサイケやシーシェルが植わっています。
サイケは八重咲きになった品種です。
モリコロパークのコスモス

シーシェルは花びらが丸まっている品種ですが、今年は生育が悪いのか、
コスモス畑の中を探し回ってもなかなか見つからず、ようやく見つけた数輪のみパチリ。
モリコロパークのコスモス

こちらの黒っぽいコスモスはチョコレートコスモスという品種で、香りがブラックカカオのような香りがします。
昨年はプランターに植わっていましたが、今年はプランターがなかったので植わっていないと思いましたが
コスモス畑の一角に植わっていたので、訪れるかたは見つけたら花の匂いを嗅いでみると面白いと思います。
モリコロパークのコスモス

最後にキバナコスモスです。
黄色からオレンジ色の花が眩しいくらいに咲いていました。
モリコロパークのコスモス

モリコロパークのコスモス

コスモスを見てからは、帰りながら大観覧車まで園内を歩いていきましたが、
今年は観覧車下の小さなコスモス畑はなくなっていました。

帰りも坂のある道に寄ってアップダウンの道を走って帰りました。
10月いっぱいはコスモスを見に走りたいと思います。

走行距離:30.9km

半田市矢勝川の彼岸花のレッドカーペットポタ!

  • 2018.10.19 Friday
  • 21:13

彼岸花がそろそろ見ごろとなってきましたが、今年は雨が多いですね。

9月23日、彼岸花の名所では各地「見頃」との情報が並び、その中でも人気の半田市矢勝川の彼岸花を見に行ってきました。

 


朝6時頃に家を出て8時頃に着きましたが、すでに多くのかたがいらっしゃいました。
県道264号線から矢勝川堤防に入り、自転車をおしながら見てまわります。

矢勝川の彼岸花

 

 

矢勝川は半田市と堤防北側の阿久比町(あぐいちょう)の境目にある川ですが、

阿久比町側の一部はサイクリングロードになっているので、多くの自転車乗りが通って行きました。

矢勝川の彼岸花

 


矢勝川の近くには新見南吉の生家があり、代表作『ごんぎつね』に出てくる彼岸花の話から、
矢勝川に彼岸花を植え始め、いまでは約2kmに300万本近く植わっているそうです。
堤防の土手には彼岸花がところ狭しと咲いていて、少し歩いては写真を撮りながら散策。
から撮るのもいいですが、花と同じ目線で撮る彼岸花のレッドカーペットがきれいです。

矢勝川の彼岸花

 


白い彼岸花や、黄色い彼岸花の仲間のショウキズイセンが咲く場所もありました。

矢勝川の彼岸花

 

イベント会場のある広場近くのお地蔵さんは背中側から。

お地蔵さんの前に行ったときには多くのかたで賑わっていたので、正面からの写真を撮らずに帰ってきてしまいました。

矢勝川の彼岸花

 


矢勝川の彼岸花の植わる西端の弘法橋で折り返し、イベント会場付近から県道に向かいます。

南側の土手にも多く植わり光が当たるので、畦道や道路に下りて、下から彼岸花を楽しむことが出来ます。

矢勝川の彼岸花

 

 

上手く撮れませんでしたが、秋らしいうろこ雲も出ていました。

矢勝川の彼岸花
 

 

矢勝川の彼岸花

矢勝川の南側は好きな場所ですが、イベント会場から離れた「ででむし広場」辺りも多くのかたで賑わっていました。
今年は海外、特に東南アジア系のかたが多く訪れていて、モデルを立てた撮影会もあちこちで見かけました。

 

矢勝川の彼岸花

バイクの荷台に乗った犬もかわいかったです。
矢勝川の彼岸花

それからまた堤防に上がって彼岸花を見てまわります。
こちらは田んぼアートですが、新見南吉の「でんでんむしのかなしみ」という作品がテーマだそうです。
ちなみにこの近くには小さなコスモス畑もあったので、10月の下旬には見頃になっていると思います。
矢勝川の彼岸花

またあちこちまわって彼岸花を見てまわりました。
彼岸花のレッドカーペットは見ていて飽きませんね。
矢勝川の彼岸花

矢勝川の彼岸花

しばらく矢勝川で彼岸花を観賞してから、少し北にある権現山に向かいます。
権現山(ごんげんやま)は『ごんぎつね』の舞台です。
矢勝川から権現山までは歩いて5分ほどです。
矢勝川の彼岸花

階段を上った権現山の神社から矢勝川方面。
矢勝川の彼岸花

公園と神社をつなぐ斜面には可愛らしいきつねの銅像数体と彼岸花が植わっていました。
矢勝川の彼岸花

神社で参拝をし、その横ではお茶が振舞われていました。
権現山まで来られる方は少ないものの、訪れたかたで賑わっていました。
矢勝川の彼岸花

矢勝川では敬老感謝の日以降も10月4日まで彼岸花をメインにお祭りが行われています。
来年はキツネに扮した花嫁姿の人力車が通る「花嫁行列」も見てみたいです。

走行距離:68.9km
 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 多幸と福の島、日間賀島ツーリング その1!
    まさ (01/04)
  • 都会の中の日本庭園紅葉ライトアップポタ!
    まさ (01/04)
  • 多幸と福の島、日間賀島ツーリング その1!
    いわし (01/03)
  • 都会の中の日本庭園紅葉ライトアップポタ!
    いわし (12/29)
  • 尾張のもみじ寺と桃太郎公園へ紅葉ポタ その2!
    まさ (12/23)
  • 尾張のもみじ寺と桃太郎公園へ紅葉ポタ その2!
    いわし (12/21)
  • 御嶽山周遊の紅葉ツーリング その1!
    まさ (12/06)
  • 御嶽山周遊の紅葉ツーリング その1!
    いわし (12/05)
  • 雲海と紅葉のおにゅう峠ツーリング!
    まさ (12/01)
  • 雲海と紅葉のおにゅう峠ツーリング!
    いわし (11/20)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM