三河のあじさい寺とあじさい園ツーリング その1!

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 14:10
梅雨の中休み、アジサイを見にツーリングに出かけてきました。
今回も昨年同様、三河のアジサイの名所、本光寺と「形原温泉あじさいの里」の2か所を訪れました。
まずは幸田町の本光寺のアジサイを見に行きました。


朝7時前に家を出て、岡崎まではいつもの道を走り、248号線をまっすぐ2時間半弱で到着です。
着いた9時過ぎにはまだ数名のかたしかおらず、開花具合が気になりながら参道へ。
本光寺の1番の見所でもある参道は多くのアジサイが咲いていたので、安心し早速見てまわります。
本光寺のアジサイ

訪れるかたがまだ少なかったお陰で、いつもは混みあう参道ではゆっくりと写真を撮ることが出来ました。
ただ、同じようなアングルの写真ばかり撮っていたので、上手く撮れるようにしたいですね。
本光寺のアジサイ

本光寺のアジサイ

山門をくぐると右手側には廟所(びょうじょ)があります。
本光寺には境内の東西に深溝松平家の廟所があり、東側のこちらは修復費として100円を納めて入ります。
廟所までの階段にも多くのアジサイがあります。
本光寺のアジサイ

廟所にはアジサイはほとんどないですが、以前の大雨で塀が崩れているので注意です。

本堂に戻って参拝しますが、いまは本堂の修復中で本尊はなかったです。
本堂前にはアジサイがあるので、再度見てまわります。
本光寺のアジサイ

本光寺では15種、約1万株が植わっているそうです。
15種類なので見て比べられそうですが、違いがわかるものは7〜8種類ぐらいでした。
本光寺のアジサイ

本光寺のアジサイ

アジサイの上には梅の木が広がり梅も転がっています。
本光寺は梅も椿も有名なので、また機会があれば見に行ってみたいですね。
本光寺のアジサイ

ウズアジサイの花(ガク)が大きくなっているものも。
本光寺のアジサイ

今年はアジサイにカタツムリ、を見ることができなかったのでカマキリを。
本光寺のアジサイ

10時を過ぎたくらいから訪れるかたが増え、参道も多くのかたで賑わっていました。
本光寺では今年もちょうど見頃のアジサイを楽しむことが出来ました。
このあとは少し走って「形原温泉あじさいの里」に向かいます。

その2へつづく。

尾張のあじさい寺と新名所ポタ その2!

  • 2019.06.24 Monday
  • 20:52

「尾張のあじさい寺」の性海寺でアジサイを楽しんでからは、北に走り一宮市中心部に向かいます。
次に訪れたのは一宮市役所の北東すぐにある常念寺のアジサイです。
ここは同じ一宮市の御裳神社の手水舎に倣って手水舎にアジサイを浮かべています。

今年は御裳神社の手水舎のアジサイは、掃除などの管理が大変で、アジサイ祭りのあった6月8・9日だけとのことですが、
アジサイの開花が遅かったのもあり翌週の15・16日もやっていたそうです。
手水舎にアジサイを浮かべるのは御裳神社がはじまりで、今ではSNS映えにと早朝から列を成しています。

御裳神社には仕事で見に行けなかったので、今回は常念寺を訪れることにしました。
常念寺のアジサイ

入ってみると多くの鉢植えのハスがありました。
まだ咲いているのは数輪だけでしたが、境内のあちこちに並べてありました。
常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

こちらは唐門と呼ばれる門だそうですが、山門の中に門があるのは珍しいですね。
常念寺のアジサイ

手水舎で手を洗って浄めてから本堂で参拝をして再度、手水舎へ。
訪れた日は、常時カメラを向ける人が数人いましたが譲り合いながら写真を撮りました。
色とりどりのアジサイが水に浸かっているのは涼し気です。
常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

色んな撮りかたをしてみましたが、どれも同じような写真ばかりになってしまったので定番構図のみです。
スマホで撮って、コンデジで撮っての繰り返しです。

アジサイは水に濡れると形が崩れやすく、また花殻の掃除が大変とのことです。
常念寺では柄杓にアジサイを入れたり閉門時間過ぎでも写真を撮っているなど、マナーが守れないかたが多いため
今後は場合によっては期間限定になってしまうかもしれませんね。
せっかく見せていただけるなら、マナーを守って見てほしいです。
常念寺のアジサイ

手水舎にアジサイを浮かべるのは写真としても映えるので、今後も行う場所が増えそうですね。
全国の寺社で行っている場所があるようですが、御裳神社や常念寺以外にも
名古屋近郊では中区大須の三輪神社、北区の別小江(わけおえ)神社、岐阜市の若江神社があります。
それぞれ大小ありますが、また他のところも見てみたいですね。

梅雨に入ってまだ短いですが、梅雨の晴れ間にまたアジサイを見に出かけたいと思います。

走行距離:59.9km

 

尾張のあじさい寺と新名所ポタ その1!

  • 2019.06.23 Sunday
  • 18:47

梅雨の季節、天気予報では雨マークが多いですが、日々変わる予報に一喜一憂しています。
朝起きてみれば晴れの日もあり、この日も晴れ間が出るとのことで出かけてきました。
今回は実家近くの稲沢市の性海寺と一宮市の常念寺に行ってきました。
まずは稲沢市の大塚性海寺歴史公園のアジサイです。

性海寺(しょうかいじ)の山門をくぐったところにある愛染堂前には、毎年高校生の育てたアジサイの鉢がありますが
今年はアジサイ祭り後に訪れたためすでに撤去され寂しくなっていました。
性海寺のアジサイ

参拝して境内に隣接する歴史公園のアジサイを見てまわります。
大塚山性海寺歴史公園には90種、約1万本のアジサイが植わっています。
今年はアジサイの見ごろが少し遅いということでしたが訪れた6月18日はピーク過ぎぐらいでした。
性海寺のアジサイ

それでも訪れるかたは多かったので、「尾張のあじさい寺」として親しまれている性海寺は人気の場所ですね。
性海寺のアジサイ

下から覗き込むアジサイも面白いです。
アジサイは「花」と言われるのが装飾花で、「花びら」と言われるのがガクです。
下の写真では薄い水色の部分が装飾花で、その水色の部分1つ1つがガク、
隠れるようにある丸いのがアジサイの本当の花の両性花です、難しいですね。
性海寺のアジサイ

そして今年はたくさん咲いていた「ピンクのアナベル」。
白いアナベルという品種は最近多くのところで目にしますが、ピンク色はあまり見かけない品種です。
性海寺のアジサイ

ハートの形のアナベルも。
ほかのアジサイに比べて小さな装飾花が集まって咲く姿は可愛いですね。
性海寺のアジサイ

こちらが白のアナベル。
かなりマクロで撮ったので装飾花が大きく見てしまいますが、どれも2cmほどの小さな装飾花です。
性海寺のアジサイ

てまりアジサイが好きですが、ガクアジサイもきれいです。
性海寺のアジサイ

歴史公園内には古墳時代の豪族ものと言われる古墳があります。
古墳のまわりもアジサイがたくさん咲いていて、少し高台になっているので古墳とは気づきにくいです。
性海寺のアジサイ

性海寺のアジサイ

古墳の上からは性海寺境内の多宝塔と、遠くには名古屋中心部のビル群が見えます。
性海寺のアジサイ

最後に境内の外周にも植わっているアジサイを見てまわります。
今年はまだカタツムリとアジサイを見れていないのですが、赤ちゃんカマキリがいました。
性海寺のアジサイ

アジサイの名所は名古屋近郊にいくつかあるのでまた見に行きたいです。
このあとはSNS映えの手水舎のアジサイを見に走ります。

その2へつづく。

大池公園の花しょうぶポタ!

  • 2019.06.15 Saturday
  • 16:09

今回は6月のはじめのことですが、大池公園の花しょうぶを見に行ってきました。
この日は午前だけ休日出勤だったので、昼過ぎから自転車を走らせてきました。

大池公園は自転車の乗り入れが禁止されているので、北側から南側まで10分ほど自転車を押して歩いていきました。
訪れるかたは市役所側からがおすすめです。

花しょうぶ池には130種、約8,000株が植わっているそうですが、
今年は暑さのせいか池側の花しょうぶ池はほとんど花がありませんでした。
大池公園の花しょうぶ

咲いているのは数種類、つぼみもまばらなので今年は生育不良でしょうか。
大池公園の花しょうぶ

奥に進むにつれて花しょうぶも多く咲いていたので安心。
訪れるかたは終始5人ほどだったのでゆっくり見てまわれました。
大池公園の花しょうぶ

一番奥のしょうぶ池が1番見頃でした。
大池公園の花しょうぶ

前回のバラもですが、花しょうぶも見ているにはきれいでも撮るのが難しいですね。
マクロにしたり青空を背景に見上げるようにしてみたり、色々撮ってましたが風でぶれたものばかりでした。
それでも花しょうぶを見ていると初夏の陽気を感じるとともに、梅雨が来るのを考えてしまいますね。
大池公園の花しょうぶ

大池公園の花しょうぶ

大池公園の花しょうぶ

この日も暑かったので日陰で休みながら見てまわりました。
大池公園の花しょうぶ

今年は花しょうぶを見に遠出しようと計画していましたが、仕事や他の予定で行けませんでした。
来年はいろいろなところに行きたいです。

走行距離:36.5km

色とりどり、鶴舞公園のバラ園ポタ!

  • 2019.05.29 Wednesday
  • 20:55

5月に入ってから休日が少なく、仕事もあり更新が遅くなってしまいました。
今回は5月中旬に行ってきた鶴舞公園のバラ園の様子です。

この日は30℃近い天気の中、自転車でぶらぶらと走って鶴舞公園へ。
鶴舞公園には約120種、1,400株が植わっているそうです。

鶴舞公園のバラ


バラは春と秋に咲きますが、春のバラは色鮮やかに咲くのが特徴です。

秋のバラは香りが強いですが、たくさん植わっているので春でもバラの香りが漂っていました。
色んなバラがあるので好きな花や香りのものを探しながら見るのも面白いと思います。
鶴舞公園のバラ

バラは見ている分にはきれいですが、思ったより陽射しに反射して思うように撮れないですね。
ベルベッドの布地ような花びらのこちらの品種は思うように撮れず苦戦しました。
昨年訪れたときは植わっていたか覚えていませんが、赤いバラは惹かれますね。
鶴舞公園のバラ

バラ園の横には木陰にベンチが設置されているので休めますが、見てまわっているときは30℃の炎天下、とても暑かったです。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園は駅や大学、大きな病院のすぐそばなので訪れるかたも多く、バラ園も賑やかでした。
訪れたときはお昼過ぎだったので、木陰で休まれているかたも多かったです。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園のバラ

写真には撮っていませんが、バラに因んで「ベルサイユのバラ」の主人公の名前が付けられたバラを集めた花壇や
品種は以前と同じものの、新たに植え替えられている花壇もありました。

マクロで撮るバラの写真も好きなので色んな種類で撮ってました。
鶴舞公園のバラ

1時間ほど撮ってまわっていましたが、どれも単調な写真ばかりになってしまうので、
またバラの写真もボケさせたりして撮りたいですね。
鶴舞公園のバラ

あとから知りましたが、ツルのバラの品種は秋にはほとんど咲かないそうです。
太陽と青空のもと咲くバラがきれいですね。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園のバラ園はライトアップもやっているとのことで、日を改めて仕事後に寄ってみました。
ライトアップは21時までやっていたようで、風もあり涼しいなか見てまわれるのでいいですね。
訪れるかたもほとんどいなかったです。
鶴舞公園のバラ

奏楽堂(そうがくどう)との写真もいい雰囲気です。
鶴舞公園のバラ

ライトアップされたバラを撮っていましたが、風もあり、コンデジでの手持ちでの撮影は難しかったです。
行かれる方は三脚があるといいかもしれませんね。
下の写真は何枚も撮ったうちの1枚ですが、少しぶれてますね。
鶴舞公園のバラ

お昼とは違うライトアップされたバラ園もきれいでした。
お昼もですが、次回からライトアップされたバラ園も見に行きたいです。
鶴舞公園のバラ

名古屋市内には西区にある庄内緑地公園にも大きなバラ園があるので、秋にも行きたいと思います。
また岐阜県の神戸町(ごうどちょう)と大野町にはバラの苗木の生産が盛んでバラ園があるので久しぶりに行きたいですね。

鶴舞公園には花しょうぶ園もありますが、訪れた時点ではまだ2〜3分咲きでした。
これからは花しょうぶにアジサイとつづくので、また訪れたいと思います。

走行距離:13.3km

 

無量寿寺のカキツバタポタ!

  • 2019.05.26 Sunday
  • 07:59

藤の花やツツジ、絶景のヒルクライム、どこに行こうかと思っていたら
既にカキツバタが咲いているとのことで、知立市無量寿寺のカキツバタを見に行ってきました。

いつもと少し違う道で走り、家から1時間少々で到着です。
訪れたときは多くはないものの途切れることなく見に来られる方がいらっしゃいました。
まずは本堂横にあるかきつばた池へ。
無量寿寺のカキツバタ

新緑の中に咲く青紫色の花がきれいです。
無量寿寺のカキツバタ

無量寿寺のカキツバタ

園内には16の池、計5,000屬縫キツバタが咲きます。
無量寿寺はカキツバタの名勝地として有名な場所ですが、ここ10年くらいは生育不良が続き
咲いていても池によってはまばらにしか咲いていないことが多かったようです。
訪れる前に、順調に生育しているとの情報でしたが、まだかきつばた池によっては花数が少ない場所もあるものの
一昨年に初めて訪れたとき比べて本数も多くなっているように感じました。
無量寿寺のカキツバタ

本堂裏のかきつばた園も以前に比べ多くのカキツバタが咲いていました。
池によっては差はあるも、昨年は立ち枯れがひどく「かきつばたまつり」が開催中止になってしまったのを考えると
知立市や保存会のかたが試行錯誤してここまで回復させたのはすごいですね。
無量寿寺のカキツバタ

多いところではびっしり咲いています。
10年ほど前まではさらにこの倍近くは咲いていたようなので、またそこまで復活してほしいですね。
カキツバタは「3回咲く」と言われ、1番花から3番花まで3回咲きますが、訪れた5月上旬では既にほとんどが2番花でした。
無量寿寺のカキツバタ

無量寿寺のカキツバタ

伊勢物語で「かきつばた」を句頭において俳句を詠んだ在原業平の像も。
無量寿寺のカキツバタ

トンボも飛び回っていました。
無量寿寺のカキツバタ

本堂をはさんで反対側の茶室前のかきつばた池へ。
この池は以前訪れたときと同じぐらいです。

 

無量寿寺のカキツバタ

茶室前は以前はほとんど咲いていなかったので、2年後の今回は生育は「復活」に近いかもしれませんね。
凛とした佇まいのカキツバタの花と和の雰囲気が合いますね。
無量寿寺のカキツバタ

無量寿寺のカキツバタ

池の反対側からも。
無量寿寺のカキツバタ

今年の無量寿寺のカキツバタの見頃は終わっています。
来年はまたかきつばた池いっぱいに咲くのを楽しみに出かけたいです。

走行距離:45.1km

紫のカーテン、東洋一の藤棚!

  • 2019.05.13 Monday
  • 14:58

今年のG.W.は10連休と言いつつも、休みはなか1日だけでしたが、
5月4日に津島市天王川公園の藤を見に行ってきました。

家を7時ごろに出て8時半前に天王川公園に到着しました。
ここは朝早くから藤棚を見に来られる方が多く、8時半の時点で何名ものかたがいらっしゃいました。
天王川公園の藤

8時半ごろだと藤棚全体にはまだ光が入っていませんが、陽の当るところとのグラデーションはきれいです。
天王川公園の藤

天王川公園の藤棚は長さ275m、広さが5,000岼幣紊△蠹賤琉譴瞭Cとも言われています。
訪れたのは5月4日でしたが、5月1・2日に雨が降り、5月3日の開花状況は津島市のHPでは「見納め」とあり
花の様子が心配でしたが、全体を見るとまだきれいに感じました。
メインで植わっている九尺藤は見頃はピーク過ぎでしたが、ほのかに匂いも漂っていました。
天王川公園の藤

9時を過ぎたころから藤棚全体に陽があたります。
それとともに訪れるかたも一気に増えます。
天王川に架かる橋からの写真は定番ですが、藤棚からぶら下がる藤の花と、川面に映る紫色が絶景です。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

藤棚の中はクマバチが飛び回って羽音も賑やかですが、構わずに写真を見てまわります。
クマバチやミツバチは、他のハチと違ってちょっかいを出さなければ刺すことはめったにないそうです。
天王川公園の藤

天王川公園には12種類の藤が植わっているそうです。
こちらは愛知県では江南市の曼陀羅寺(まんだらじ)公園と天王川公園にしかないという八重黒龍藤。
ブドウの房のような八重咲きの藤です。
天王川公園の藤

紫藤は写真奥の九尺藤よりも色が濃く、訪れたときが見頃でした。
天王川公園の藤

小さな藤棚にあったピンク色の藤。
藤の木はまだ小さいので数は多くないですが、可愛らしいピンク色の藤に多くのかたがカメラを向けていました。
天王川公園の藤

隣の「天翔の藤」も九尺藤の大きな1本の藤棚です。
こちらのほうがメインの藤棚よりも長く伸びているように思います。
見頃のピークは過ぎていましたが、咲いている藤はきれいでした。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

天王川公園の藤

またメインの藤棚で写真を撮りながらぶらぶら。
この日は気温も25度まであがっていたので歩くだけでも暑かったですが、
紫の藤のカーテンがきれいで、見ていて飽きませんね。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

中之島にも小さいですが藤棚があります。
今年は中之島の藤の花は長く伸びているもののが房の数が少なく感じました。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

10時過ぎには多くのかたで混みあってきました。
このあとは名古屋市中村区にある中村公園の藤棚を見に寄りました。
こちらは小さな藤棚がありますが、園内の常泉寺の藤棚とも見頃を過ぎていました。

また、江南市の曼陀羅寺にも行こうと思いましたが、九尺藤は既に見頃過ぎとのことで今回は断念。
次回行けるのを楽しみにしたいです。

走行距離:61.3km

お城と桜の花見ツーリング その2!

  • 2019.04.21 Sunday
  • 12:19

名古屋城と小牧城で桜を観賞してからさらに北に走り、犬山城に向かいます。
この半年で、何回か自転車で訪れていますが、桜の季節に来るのは初めてです。
お城と桜も合いますね。
お城花見ツーリング

犬山城前にある城下町は訪れた日は平日ですが、春休みというのもあってか多くのかたで賑わっていました。
いつもは自転車をひいて歩きますが、人の多さに城下町散策は避け、駐車場前の犬山神社あたりの桜を見てまわります。
神社のあたりは桜は数本だけしか咲いていませんが、犬山城も桜ときれいに撮れました。
お城花見ツーリング

名古屋城や小牧城(歴史館)は工事のため登れなかったり、のんびりしすぎて時間を気にして入館しませんでしたが、
犬山城は久しぶりに天守閣に登ってみようと思い入城料を払い入城します。
平日でそこまで混んでいないだろうと思っていましたが、天守閣へは長蛇の列、
また、訪れた日は強風で天守閣の一部が通行禁止になっていたので諦めて下から見上げるだけになりました。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

犬山城天守閣天気がいい日は小牧城や名古屋城、名古屋中心地のビル群も見ることができるのでおすすめです。
また機会があれば天守閣にも上りたいと思います。

犬山城には人気のSNS映えスポットの三光稲荷神社があります。
ハートの絵馬が人気の理由で女性の多い場所ですが、恥ずかしいながらも写真を撮って参拝をしました。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

犬山城では山車の出る犬山祭りもあり桜の季節は華やかです。
また機会があれば、大勢のかたで賑わう犬山祭りにも出かけたいと思います。

木曽川の堤防下で少し休憩をしてからは最後の目的地、清州城に向かいます。
清州城は五条川沿いにあり、川沿いに走ろうと出かける前に地図を見ていたら、
今回のルートの途中の羽黒地区から五条川が始まっていたので、そこから走っていきます。

五条川は桜並木でも有名な場所で、羽黒地区辺りから川の両岸に桜が植わり、きれいな並木になっていました。
桜も場所によっては1分咲きから8分咲きまでとまちまちでした。
お城花見ツーリング㉑

お城花見ツーリング㉒

ほとんど川沿いに走り、犬山市から大口町、岩倉市、清須市と抜けます。
以前、夜桜を見に岩倉市へ行きましたが、まだ見ていない場所も多かったので、再訪して見てまわりたいです。
お城花見ツーリング㉓

お城花見ツーリング㉔

北名古屋市あたりからは住宅街や国道を走り、15時ごろに清州城に到着です。
五条川の桜並木はきれいで、陽の当る川沿いはほぼ見頃を迎えていました。
ここは川面に映る桜の色もきれいで、散り始めたときは五条川上流の桜の花びらが溜まり花筏も集まる穴場スポットです。
お城花見ツーリング㉕

こちらが清州城で、徳川家康が今の名古屋城の場所に移転される前にあったとされるお城です。
天守閣は模擬天守で、創建当時の絵画がないため想像して再現された天守閣だそうです。
お城花見ツーリング㉖

お城の周辺には若い桜の木々が数本あるだけで、五条川を挟んだ対岸や公園に桜並木があります。
陽が傾き始めていたので写真を数枚撮って、あとは見てまわりました。
お城花見ツーリング㉗

お城花見ツーリング㉘

今回は、前から行きたいと思っていたお城と桜巡りができてよかったです。
健脚な自転車乗りや車でのドライブなら岐阜城や大垣の墨俣城もまわれるかもしれませんね。
尾張地方だけでなく、ほかのお城と桜も見に行ってみたいです。

走行距離:97.4km

お城と桜の花見ツーリング その1!

  • 2019.04.20 Saturday
  • 08:56

4月に入り、名古屋もソメイヨシノが見頃になりました。
今回は、名古屋近郊のお城と桜の花見ツーリングに行ってきました。
自転車に乗り始めてからずっと計画していましたが、
毎年いろんなところに桜を見に行きたかったり予定が合わずに行けないままでした。

まずは名古屋城に向かって走ります。
名古屋城の外堀は昔、市電が通っていて、電車の線路跡がきれいに下草に覆われていました。
お城花見ツーリング

すぐ北側の護国神社前の花桃は1本だけですが毎年きれいに咲いています。
お城花見ツーリング

そこからすぐ、名古屋城に到着ですが、その手前の横断歩道に上がります。
能楽堂前の加藤清正像越しの名古屋城はお気に入りの場所です。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

名古屋城に着いた10時ごろは、城内入口は多くのかたで賑わっていて、外国人のかたも多かったです。
今回も時間に限りがあるため、城内には入らずにお堀の桜を見てまわります。

名古屋城は10種、約1,000本の桜があるそうです。
お堀に流れ込むような桜の木はどれも古木で迫力があります。
お城花見ツーリング

昨年できた金シャチ横丁の義直ゾーン横は桜並木になっていて、城郭内外でも1番桜が密集している場所です。
通る方はそれほど多くないので、ゆっくりと見てまわることができます。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

お堀に桜は合いますね。
能楽堂前のしだれ桜は既に見頃を過ぎていましたが、お堀の桜はどこもほぼ満開でした。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

昨年から天守閣には工事のために上がることはできません。
2022年には木造で復元されるため、それまでは天守閣も工事のネットに覆われると思うのでしばらくはお預けですね。
復元されたときにはまた天守閣にも上ってみたいと思います。

記事の更新が遅れましたが、いまでは薄緑色の花をつける御衣黄が咲いているので、
金シャチ横丁での名古屋グルメと一緒に珍しい桜を見に出かけるのもおすすめです。

名古屋城からは北西に黒川の桜並木に寄ります。
こちらは訪れたときは5分咲きから満開の木まで様々でした。
住宅街の中にあるので、静かななか遊歩道の散策も気持ちよく、おすすめの場所です。
お城花見ツーリング

名古屋を北に走り、小牧市に入ります。
小牧市にある小牧山は標高86mの山頂に天守閣風の歴史館があります。
山の麓には多くの桜が咲き、広場でお花見を楽しんでいるかたが多くいらっしゃいました。
お城花見ツーリング

小牧山は桜の名所にも挙げられ、1,000本を超える桜が咲いているそうです。
南側から山道を登っていき、すぐに山頂に到着です。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

桜は山全体で見頃でしたが、山頂付近は思ったより桜の木が少なかったので、写真だけ撮って下山します。
今回登った散策道の山頂付近は昨年に古木が伐採され、新たに桜やモミジの苗が植栽されているのでやや寂しい景色でした。

このあとはさらに北に走り犬山城に向かいます。

その2へつづく。

古木の桜のトンネル、木曽川堤!

  • 2019.04.15 Monday
  • 13:04

桜の開花宣言が出ましたが、寒の戻りでつぼみもなかなか開きませんね。
今回は実家のある一宮市の木曽川堤の桜を見に行ってきました。

木曽川堤には大野極楽寺公園から138タワーパークをメインに東西に約4kmに渡って桜が植えられています。
いつものようにメインの場所を見てまわります。
木曽川堤の桜

木曽川堤にはヒガンザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなどが植わっていますが、
早咲きの品種、エドヒガンザクラやコヒガンザクラが見頃を迎えていました。
木曽川堤の桜

ソメイヨシノに比べるとやや小ぶりで白っぽい花です。
木曽川堤の桜は明治時代に植えられており、樹齢100年以上の古木が多いので見応えもあります。
雲は多いものの晴れた日に見る桜はいいですね。
木曽川堤の桜

大野極楽寺公園あたりは路上駐車が多いのがネックです。
大野極楽寺公園前から西の堤防は一方通行ですが、桜の季節はたくさん車が通るので写真を撮るときも注意です。
この時期だけは通行禁止にしてほしいぐらいです。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

木曽川堤は堤防下に下りる道があったり、138タワーパーク側はサイクリングロードや芝生の場所があるので
堤防下から見上げるように観賞できるのがいいですね。
木曽川堤の桜

ツインアーチ138も画になります。
タワーにはずっと上っていませんが、タワーから見る桜並木もきれいだと思います。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

訪れるといつも撮る大きなエドヒガンザクラ。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

倉庫の影でシックな感じに。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

138タワーパークまで行ってから折り返して堤防下のサイクリングロードへ。
堤防下ではお花見をしているかたが多かったです。
木曽川堤の桜

しだれ桜は地面に着きそうなくらい伸びています。
木曽川堤の桜

木曽川堤防にはソメイヨシノも植わっていますが、見頃になるころには早咲きの桜は散っているので
早咲きの桜を見に訪れるなら3月下旬までがおすすめです。
木曽川堤の桜

写真はないですが、大野極楽寺公園のグラウンドにもコヒガンザクラが数十本植わっていました。
この日は予定があったので、メインの場所だけ見て帰路につきましたが、
138タワーパーク内やその西、光明寺公園のほうにも桜並木が続いているので来年は訪れたいと思います。

4月になればソメイヨシノが咲き、今年はどこに行こうか迷いますがいろいろ出かけたいと思います。

走行距離:35.2km

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM