BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
安城市丈山苑へ紅葉ポタ!

紅葉の見納めにと、12月5日に安城市丈山苑の紅葉を見に行ってきました。
​今年は例年より色付きが早く、12月に入ってからは見頃の場所が限られてきて岡崎市の東公園と迷いましたが
以前から訪れてみたいと思っていた丈山苑に行くことにしました。

安城市には榎前地区にひまわりを見に訪れていますが、今回は違うルートを走って行ったので迷子になりながらもどうにか到着。
丈山苑は安城市の南西部、榎前町南和泉町にあります。
丈山苑は例年色付きが遅いとの情報もありましたが、色付きはまちまちでも苑内は見頃でした。
安城市丈山苑の紅葉

安城市丈山苑の紅葉

​入場料のいる詩泉閣(しせんかく)のある場所まで20mほどですが、そこまででも十分に紅葉を楽しめます。
​門のあたりは、この日は強風で散っている木々もありましたがとてもきれいでした。
安城市丈山苑の紅葉

門をくぐって階段から。
安城市丈山苑の紅葉

​階段はモミジのじゅうたんでした。
安城市丈山苑の紅葉

​入場料100円を払い詩泉閣に入ります。
丈山苑は江戸時代初期の武士・文人であった石川丈山の生誕地の安城市に、半生を過ごした京都の詩仙堂のイメージを再現した建物です。

苑内には詩泉閣や唐様庭園、回遊式池泉庭園などがあります。


​訪れたときは何名かのかたで賑わっていましたが、間もなく入れ替わり、静かな庭園を楽しむことが出来ました。
安城市丈山苑の紅葉

 

ちょこっとだけ反射して映っていた紅葉の赤色。
安城市丈山苑の紅葉

​唐様庭園の紅葉は散っているものも見頃のものもありました。
​天気がよければ縁側の床面に紅葉の赤みが映る「床モミジ」が見れるようですが、
​この日は強風で薄い雲が広がっていたので残念ですが見れませんでした。
安城市丈山苑の紅葉

​はしごのような階段をあがり上階の嘯月楼(しょうげつろう)へ。
​嘯月楼は3畳半ほどの部屋ですが、丸窓もあり風情ある景色が望めます。
安城市丈山苑の紅葉

上から眺める紅葉もきれいです。
​写真には撮ってませんが、樹齢300年以上のサザンカもきれいに咲いていました。
安城市丈山苑の紅葉

詩泉閣を出てからは、再度、門の前の紅葉を見てまわりました。
安城市丈山苑の紅葉

竹とモミジも合いますね。
安城市丈山苑の紅葉

安城市丈山苑の紅葉

 

当初はサツキやツツジの咲くころに訪れてみようと思っていた丈山苑ですが、紅葉も楽しむことができました。

12月20日まで紅葉まつりを行なっているそうですが、苑内も終盤だと思います。


今年は山の紅葉を中心に多くの場所で楽しむことが出来ました。
​来年は気になっていた名所も訪れてみたいですね。

​走行距離:69.1km

Aichi 09:00 comments(0)
尾張のもみじ寺と公園の紅葉ツーリング その2!

犬山寂光院をあとにしてからは桃太郎公園に向かいます。
​桃太郎公園は行ったことはありますが、紅葉のスポットにも挙がる場所で、
今まで行ったことがなかったので、紅葉の色付き情報など何も調べてませんでしたが行ってみることに。

寂光院からは木曽川沿いに1km程の距離ですが、途中の紅葉もきれいでした。
​桃太郎神社の鳥居前に着くと大きなイチョウの木があり、だいぶ散っていたもののきれいでした。
桃太郎神社の紅葉

​イチョウの木の下に植わったモミジにイチョウが引っ掛かっていました。
モミジの紅葉も見頃で、うっすらと顔を出した太陽に照らされきれいです。
桃太郎神社の紅葉

桃太郎神社の紅葉

足元には散ったイチョウの葉で黄色い絨毯になりフカフカになっていました。
桃太郎神社の紅葉

神社前の栗栖園地にも紅葉した木がちらほら。
​もう少し晴れていたら山の紅葉もきれいに見えたかもしれません。
桃太郎神社の紅葉

​園内には四季桜も数本、まだ満開には早いものの咲き始めていました。
桃太郎神社の紅葉

そして桃太郎神社境内に入り参拝と紅葉を観賞しました。
​桃太郎神社は境内に桃太郎の登場人物の銅像がありシュールな空気感が漂っています。
桃太郎神社の紅葉

​階段を上がると、本殿前には登場人物の銅像と紅葉した木々がありました。
桃太郎神社の紅葉


紅葉はまだ見頃の木が多く、思った以上に銅像とともに紅葉を楽しめました。
桃太郎神社の紅葉

桃型鳥居もあります。
桃太郎神社の紅葉

 

本殿横のモミジが特にきれいに色付いていて、まだ黄緑色のものもありました。
桃太郎神社の紅葉

 


その細い道を奥に行くと小さな祠がありました。

桃太郎神社には何回か来ていましたが、ここを見るのは初めてでした。

桃太郎神社の紅葉

 


桃太郎神社からは木曽川沿いに犬山城方面へ。
寂光院から走ってきたときにも立ち止まりましたが、不老の滝辺りもモミジがきれい。
不老の滝の紅葉

不老の滝は小さな滝です。
滝にはモミジがほとんどありませんでした。
不老の滝の紅葉
 

岐阜県各務原市にある鵜沼城址の岩山は霞んでいましたが、岩肌に見える紅葉がきれいでした。

鵜沼城跡

​木曽川沿いに犬山緑地まで走り休憩をしましたが、写真はないものの対岸の伊木山の紅葉も
​山全体が真っ赤できれいで、次回は晴れた日に見てみたい場所でした。
ほかには見頃のイチョウの木が2本だけある小さな神社に寄ったりぶらぶら。

犬山に来たからには犬山城も、と思い寄りましたが、下から眺めるだけです。
犬山城の紅葉

​城下町にはグルメも多いのですが、写真だけ撮って帰路につきました。
犬山城下町

​寂光院や桃太郎神社、犬山城近辺は久しぶりに行き紅葉を楽しむことが出来ました。
​気になる場所もあるのでまた次回見頃の時に訪れたいと思います。

​走行距離:77.9km

Aichi 07:02 comments(2)
尾張のもみじ寺と公園の紅葉ツーリング その1!

12月に入り、今年の紅葉観賞も終盤になりましたが、犬山市内の紅葉を見に行ってきました。
​今回は寂光院と桃太郎神社をメインに見に行きました。
​犬山方面に出かけるのは久しぶりですが、ひたすら北に向かって走り、2時間弱で到着。

​まずは紅葉の時季に賑わう継鹿尾観音 寂光院(つがおかんのん じゃっこういん)へ。
​寂光院は山の上にあるお寺ですが、長い階段をあがったところにあります。
総門横の参道から登って行きましたが、数えたら本堂まで450段ほどありました。
犬山寂光院の紅葉

​朝9時半頃は参道はまだ山陰に入ったままでしたが、少しずつ日の差したモミジを見上げながら歩きました。
犬山寂光院の紅葉

犬山寂光院の紅葉

​まずは130段ほど上がると、駐車場からの坂とこの像の辺りで合流します。
犬山寂光院の紅葉

手水(ちょうず)にも散ったモミジが張り付いていたり沈んでいてなんだかおしゃれ。
犬山寂光院の紅葉

​ここからは320段ほど、やや急階段になりますが、また上がっていきます。
​階段を上がるのに自信のないかたには、有料ですが小さなケーブルカーもあります。

​階段には七福神の像があり、恵比寿坂など階段に七福神の名前が付いています。
犬山寂光院の紅葉

境内にはニット帽を被った小さなお地蔵さんが何体もあります。
​階段の上に色付いていた紅葉は見頃できれいでした。
犬山寂光院の紅葉

​階段を上り終えたところにある辨天堂(べんてんどう)と馬鳴堂(めみょうどう)。
犬山寂光院の紅葉

犬山寂光院の紅葉

階段の途中まではきれいなモミジがありましたが、上りきったところから本堂にかけては散り始めていました。
犬山寂光院の紅葉

​本堂前に着くと、見頃のモミジもありましたが、ほとんどがスカスカで散っていました。
寂光院は境内に約1000本のモミジが植わっていることから、尾張のもみじ寺とも言われています。
訪れる前に紅葉の色付き情報を見て知ってはいましたが、見ごろが過ぎていてちょっとさみしい景色となっていました。
犬山寂光院の紅葉

参拝してから​モミジを求めて境内をぶらぶら。
犬山寂光院の紅葉

犬山寂光院の紅葉

​この日は月曜日でしたが、見頃過ぎと知ってか、訪れるかたは少なかったです。
​灯篭に乗ったモミジも。
犬山寂光院の紅葉

犬山寂光院の紅葉

例年ならまだ見頃だったかもしれませんが、今年は既に散ったモミジのほうが多くなってました。
犬山寂光院の紅葉

織田信長も見たという展望台からの景色も。
​下の写真の左上にうっすらと犬山城が写っています。
天気が良ければ左側に名古屋駅のビル群も見えるようです。
犬山寂光院の紅葉

​参拝と境内の紅葉を楽しんでからは参道を下っていきます。
犬山寂光院の紅葉

​階段を下り、途中から総門のほうへ出る参道でモミジを楽しみました。
犬山寂光院の紅葉

犬山寂光院の紅葉

まだまだ​訪れるかたもいらっしゃいましたが、また見頃のころに訪れたいですね。
犬山寂光院の紅葉㉑

​寂光院の紅葉を見てからは桃太郎公園と犬山城に寄りました。
その2へつづく。

Aichi 16:38 comments(0)
都会の紅葉スポット、白鳥庭園の紅葉 その2!

白鳥庭園でお昼の紅葉を楽しんだあとは、夕方からはそのまま紅葉のライトアップを待ちました。
​日が傾き始めたころに雨がパラつきましたが、すぐに止んだので見てまわりました。

​まずは清羽亭前の紅葉のライトアップ。
白鳥庭園の紅葉㉑

​昼間のきれいな紅葉もきれいですが、照明に照らされてさらに濃いモミジを楽しめます。
​昼とは違う景色に圧倒されます。
白鳥庭園の紅葉㉒

​まだ訪れるかたは少なかったので、夜のライトアップもゆっくりと楽しめました。
白鳥庭園の紅葉㉓

​滝の辺りは足場が悪いので、小さな段差で躓いたりしないように注意です。
​園内でも滝の裏手や照明のない薄暗い場所では夜間は立ち入り禁止になっています。
白鳥庭園の紅葉㉔

​園内でも滝から流れてくる川の場所が1番の見どころでしょうか。
このあたりはとてもきれいで見とれてしまいました。
白鳥庭園の紅葉㉕

​風でぶれましたが、ちょっとシックな風景も。
白鳥庭園の紅葉㉖

​滝のあたりはあまり上手く撮れませんでしたが、水の流れる音とライトアップされた紅葉を見てまったり過ごします。
白鳥庭園の紅葉㉗

​ライトアップで照らされたモミジの色が川面に映っていました。
白鳥庭園の紅葉㉘

​ライトアップは紅葉以外にも雪吊りにもされます。
​雪吊りのライトアップは昨年知って見に行きました。
​名古屋ではそれほど雪が降らないので、施されている雪吊りは装飾用のものだそうです。
白鳥庭園の紅葉㉙

​雪吊りが和製のクリスマスツリーのようですね。
白鳥庭園の紅葉㉚

​雪が積もったらまたいい画になると思いますが、タイミングが合えば見てみたいですね
白鳥庭園の紅葉㉛

白鳥庭園の紅葉㉜

​昼から夜にかけてじっくりと紅葉とライトアップを楽しむことが出来ました。
​白鳥庭園では12月10日までライトアップと岐阜県美濃市の和紙を使ったあかりアートを行なっているそうです。
​紅葉はピークを過ぎていますが、木によってはまだ見ることが出来ると思います。
白鳥庭園の紅葉㉝

​春には桜が植わっているのでまた見に来れたらと思います。

​走行距離:18.6km

Aichi 20:08 comments(2)
都会の紅葉スポット、白鳥庭園の紅葉 その1!

紅葉を見に出かけても、なかなか記事にUPできていませんが、
​11月末に名古屋市にある白鳥庭園の紅葉を見に行ってきました。
この日は仕事のあとで行ったので、14時ごろに着いて見てまわりました。
写真の数もまた多くなって記事も長くなってしまったので、写真だけでも見てもらえると嬉しいです。

白鳥(しろとり)庭園は池泉回遊式の日本庭園で、園内は中部地方の山河に見立てた庭園になっています。
園内に入ってまずは滝のある場所へ向かいます。
​園内にはモミジの木が多く植わっています。
白鳥庭園の紅葉

​モミジの色付きとしては訪れた11月末には見頃でしたが、まだ色付き始めのものもありました。
​12月に入ってからは雨が降ったり風の強い日もあったので、現在は見頃終わりから散り始めだと思います。
白鳥庭園の紅葉

​滝から流れてくる川の上にかかるモミジはとてもきれいでした。
白鳥庭園の紅葉

​滝のあたりは日が当たりにくく毎年色付きが遅いとのことですが、今年は早く
​園内全体のモミジと同じタイミングで色付いていました。
​写真は上手く撮れませんでしたが、鳥も滝で水浴びをしていました。
白鳥庭園の紅葉

​滝の前には東屋があり、のんびりと景色を見て過ごしました。
白鳥庭園の紅葉

白鳥庭園の紅葉

​東屋の丸い窓から真っすぐ写真を撮ろうとすると紅葉はあまり写りませんが、座ったところからは一面紅葉が見えます。
白鳥庭園の紅葉

​今年は10月初めの乗鞍山の山の紅葉に始まり、山の紅葉を多く見てまわりましたが
​やはりモミジの紅葉もきれいで、葉1枚も画になりますね。
白鳥庭園の紅葉

​滝の周りの紅葉を見てからは、茶室清羽亭(せいうてい)の前の紅葉を見ました。
​清羽亭の前も小さいながらもきれいに整備された庭園があり、園内でも好きな場所です。
白鳥庭園の紅葉

小さな門をくぐって反対側から。
白鳥庭園の紅葉

こちらにも東屋があります。
白鳥庭園の紅葉

白鳥庭園の紅葉

滝の下流。
​この日は晴れ間がほとんどなかったので、川面に紅葉が映るのを期待していましたが見れず。
白鳥庭園の紅葉

​今年も園内の松の木に雪吊りが施されています。
​次の記事にUPしますが、ライトアップされた雪吊りもとてもきれいです。
白鳥庭園の紅葉

​園内は結婚式の前撮りにも使用される場所で、訪れるたびにいつも写真撮影をされています。
紅葉の時季はとても華やかな写真になりそうですね。
白鳥庭園の紅葉

​滝の周りでゆっくりとし過ぎたせいか、日も傾き始めて園内の残り半分も見てまわりました。
白鳥庭園の紅葉

白鳥庭園の紅葉

​今年からハートのパネルが設置され、フォトスポットになっていました。
北門から入ってすぐの場所にあります。
白鳥庭園の紅葉

​写真ではまだ明るく見えますが、16時ごろだったのでかなり暗かったですがどうにか写真も撮れました。
白鳥庭園の紅葉

​「中の池」の東屋あたりは訪れるかたも少ない場所でゆっくりと景色を楽しめます。
白鳥庭園の紅葉

 

晴れ間の少ない中でも、きれいな紅葉を楽しむことが出来てよかったです。
​このあとは紅葉のライトアップと雪吊りのライトアップを見て楽しみました。
その2へつづく。

Aichi 18:53 comments(0)
街中紅葉ポタ!

前回の記事の、祖父江町の黄葉を見たあとは家に帰りながら名古屋市街地のイチョウ並木を見てきました。

名古屋市内ではイチョウの木が多く植わっているのですが、早いところでは11月中旬には色付いています。

今回は恒例となった桜通と白川公園、若宮大通に行ってきました。

 


最初に向かったのは桜通で、名古屋駅前から日本銀行名古屋支店までの1.2kmにわたりイチョウ並木があります。

堀川を越えた横断歩道から名古屋駅方面に。
ビル街にあり、日陰のイチョウはまだ黄緑色のものが多かったですが、とてもきれいな景色です。
桜通のイチョウ

​ギンナンも実っていて、少し前にはこの一帯は特有のにおいが広がります。
​拾うかたはいませんが、都会で実ったギンナンはおいしいのでしょうか。
桜通のイチョウ

​大通なのでなかなか車が途切れることなく走っていましたが、じっと待って下の写真を撮りました。
桜通のイチョウ

​振り返って日本銀行名古屋支店方面。
桜通のイチョウ

窓に映ったイチョウもきれいですね。
前回の記事の祖父江町では見れない、都会らしい景色です。
桜通のイチョウ

こちらは日本銀行名古屋支店前の歩道橋から。
​外国人のかたも数名同じようにイチョウ並木を撮っていました。
​名古屋駅からでも歩いて見に行ける都会の名所ですね。
桜通のイチョウ

​桜通からは少しだけ走って名古屋市科学館隣の白川公園へ。
背の高い木々の中にツワブキの花でしょうか、たくさん咲いていました。
白川公園の紅葉

白川公園の紅葉

​水たまりに紅葉が映っていたのでパチリ。
白川公園の紅葉

何の木かは分かりませんが、まだ緑色もあり、園内は赤、黄、緑と華やかでした。
白川公園の紅葉

​白川公園っからそのまま若宮大通へ出ます。
橋の上から見るととてもきれいでした。
若宮大通の紅葉

​白川公園付近から吹上交差点までの若宮大通にもイチョウが植わってますが、
​栄と大須の間の矢場町交差点にかかる矢場ブリッジは好きな場所です。
若宮大通の紅葉

​栄と大須を結ぶ人が多く通る大津通りに架かる矢場ブリッジですが
普段はほとんどこの歩道橋を人が通ることはなく、自分もイチョウが見頃のときにしか上がったことがない場所です。

​反対側からの景色もきれいです。
若宮大通の紅葉

​矢場ブリッジからはテレビ塔周辺でぶらぶら。
​テレビ塔周辺も紅葉した木は多くありましたが、上手く撮れませんでした。
テレビ塔の紅葉

​テレビ塔付近はもうすぐクリスマスのイルミネーションやイベントで華やかになりますね。
またイルミネーションの情報も集めて見に行ければと思います。

紅葉は見に行きたいところはいっぱいありますが、今年は予定が合わず
​行きたいところがなかなか行けずじまいです。
あと1か所は見に行きたいですね。

​走行距離:49.4km
 

Aichi 09:13 comments(2)
黄色い世界、祖父江町のイチョウポタ!

12月に入ってしまいましたが11月20日に祖父江町のイチョウを見に行ってきました。
​訪れたときはまだイチョウの木々も場所によっては色付きが浅く黄緑色の木々もありましたが
​今は地区一面が黄色くなっているので、見に行かれる方は参考になればと思います。

まずは​祖父江町内でもイチョウ祭りのメイン会場となる祐専寺のイチョウです。
​この木は天然記念物にも指定されている大木です。
祖父江のイチョウ

​訪れた20日の時点では既に散り始めでしたが、祐専寺のイチョウがきれいに色付いているのは久しぶりに見ました。
祖父江のイチョウ

鐘の周りも。
​夜は祐専寺でライトアップも行われています。
祖父江のイチョウ

​祐専寺を見てからは地区内のイチョウを見にまわります。
イチョウ祭りが行われるのは祐専寺のイチョウが見頃のころですが、
​祐専寺のイチョウの色付きは周りの木々に比べると少し早いので、祐専寺を見るか、
地区内が黄色く染まってから訪れるかいつも迷うところです。

まずは祐専寺より北側に。
​北側のエリアでは、イチョウの原木や古木、倒木から新たに植わっているイチョウの木など
​個人の敷地内や畑にあり、地域のかたもイチョウについて教えてくださいます。
祖父江のイチョウ

​旧尾張サイクリングロードは、この日はまだまだ黄緑色の木々ばかりでした。
​祐専寺からは少し離れているので、訪れるかたは少ない場所ですが、道の両側にイチョウの木が並んでいます。
​見頃のときはとてもきれいで、いつも写真を多く撮る場所です。
祖父江のイチョウ

名鉄​山崎駅に戻りながらも、黄色い木々を探しながら行ったり来たり。
祖父江のイチョウ

​場所によっては黄色いじゅたんになっている場所もありますが、まだ訪れるには早かったかもしれませんね。
祖父江のイチョウ

​アクセントにもなる赤い名鉄の電車もいまいち。
祖父江のイチョウ

​北側のエリアでは田んぼが多く、稲刈り後にまとめられた藁(わら)も画になるのがいいですね。
祖父江のイチョウ

祖父江のイチョウ

​北側をぐるぐる走ってから南側へ。
​日光川の堤防沿いは比較的黄色く色付いたイチョウが多かったですが、既に散っているイチョウも多かったです。
​地区全体が黄色く染まっているならいいですが、部分的だと訪れるタイミングが難しいですね。
祖父江のイチョウ

​イチョウの実のギンナンもあちこちで見られ、特有のにおいもまだ広がっていました。
​祖父江町の特産でもあり、イチョウ祭りの時期には軒先で売っています。
祖父江のイチョウ

​南側のエリアもあちこちに走って見てまわりましたが、あまり写真を撮る気にならず写真は少なめです。
​11月末に再訪予定でしたが、ほかの予定があり見に行けませんでした。
来年はまた見に行きたいですね。
祖父江のイチョウ

​祖父江町で紅葉を見たあとは、名古屋市市街地のイチョウ並木に寄って帰りました。

Aichi 18:14 comments(2)
桜と紅葉の共演、小原の四季桜!

紅葉の季節真っ只中ですが、この時季に咲く四季桜を見に、豊田市小原地区の川見四季桜の里へ行ってきました。
​小原地区では住民のかたがたが地区内に四季桜を植え、徐々に数を増やし、今では1万本植わっているようです。
​地区内でも奥にある「川見(せんみ)四季桜の里」では、この時季に四季桜1200本と紅葉の共演を楽しむことが出来ます。

今回は車で行き、朝7時くらいに川見四季桜の里裏手の生活改善センターの駐車場から歩いていきます。
​朝方は霜がおりていてとても寒かったのですが、朝7時でも訪れるかたが多くいらっしゃいました。

​裏手から四季桜の植わる山を歩いていくときは見頃には早いかなと思うくらいで、
​訪れた19日では四季桜は6〜7分咲き、紅葉は見頃とのことでした。
小原の四季桜

​川見四季桜の里のある山の中の散策路は急勾配のところもあり、山の斜面側は柵もないので歩く時は注意です。
​山全体に日が当たるのは8時くらいからですが、逆光での四季桜もきれいですね。
小原の四季桜

​散ったサクラの花びらとモミジの葉が一緒にある景色は不思議な感覚です。
小原の四季桜

川見四季桜の里のある​山の表側にまわり、まずはその隣にある川見薬師寺へ。
​下の写真の右上に写る場所ですが、155段の急傾斜の階段を上がっていきます。
小原の四季桜

​階段脇のモミジもきれいに色付いていました。
小原の四季桜

小原の四季桜

山門まわりのイチョウは少し早く色付いたのか、ほとんど散って黄色い絨毯になっていました。
小原の四季桜

山門をくぐった本堂あたりも紅葉がありましたが、参拝だけして写真は撮らずに次の場所に行きました。
急階段の参道をおりてからは、日の入った川見四季桜の里へ。
朝8時半頃には川見四季桜の里前の駐車場は満車で人も増えてきました。

​約1200本の四季桜がとてもきれいです。
この日は午前中が晴れ予報で、時折雲で太陽が隠れていましたが青空のもと四季桜を楽しむことが出来ました。
​四季桜自体は平年より1週間ほど早く見頃を迎えたものの、まだ6〜7分咲きですが、桜の木が白っぽいので満開にも見えますね。
小原の四季桜

​こちらはドウダンツツジでしょうか、モミジ以外にも赤く色付いた木がアクセントになりさらにきれいな景色です。
小原の四季桜

​春と秋に花をつける四季桜ですが、秋のほうが花が小さいものの可愛いらしいです。
小原の四季桜

四季桜の​見頃は天気次第ですが、今月いっぱいは楽しめそうですね。。
小原の四季桜

​紅葉と四季桜の共演は珍しく、外国人観光客のかたもを載せたバスも来ていました。
​香嵐渓からも北に直線で10Kmほどなので、山道を走れば時間はかかるものの併せて見に行けますね。
小原の四季桜

小原の四季桜

​川見四季桜の里は民家に隣接していますが、誤って民家に入らないようにしたいですね。
小原の四季桜

​四季桜の里からは歩いてすぐの柿ヶ入沢散歩道へ。

こちらは愛知県のPRのCMで使われた場所で、写真スポットにもなっています。
​全体に陽が入るのは11時くらいでしょうか。
小原の四季桜

上の写真で、​川の右側は川見四季桜の里前を走る道路ですが、左側は散策路になっています。
​あまり奥まで行かれるかたはいませんが、川沿いに500mほど四季桜とモミジが植わっていてきれいな場所です。
小原の四季桜

​下流から上流を見ます。
四季桜はまだ満開まで時間がありそうですが、ここも穴場かもしれませんね。
小原の四季桜

​小原地区では、川見四季桜の里以外にも小原ふれあい公園や「和紙のふるさと」などあちこちで四季桜を楽しめます。
​紅葉シーズン、色んなところへ出かけて楽しみたいですね。

 

Aichi 19:19 comments(2)
昼間も圧巻、岩屋堂へ紅葉ライド!

11月ももう半分以上が過ぎ、紅葉も山から平地へと移ってます。
今回は名古屋からも近い瀬戸市岩屋堂の紅葉を見に行ってきました。
写真がとても多いので記事が長いですが、見ていただけたら幸いです。

岩屋堂には数年前に紅葉のライトアップを見に出かけたことはありますが、
​昼間の紅葉を見に行ったことがなかったので、見に行くことにしました。
瀬戸市へも久しぶりに出かけますが、いくつか坂を徐々に上って行きます。

​1時間ちょっとで着き、さっそく紅葉を見てまわります。
​下の写真はiPhoneで撮ったもみじ橋付近です。
​この付近で撮った写真がこの写真のみで、ほぼ撮らずに帰ってきてしまいました。
岩屋堂の紅葉

​この左のほうから「岩屋堂」への散策路があり、そちらに向かいます。
​岩屋堂公園は瀬戸市でも低い山の中にありますが、紅葉は日の当たる場所は真っ赤に色付き、全体で見頃を迎えていました。
​名古屋近辺の中では1番で、毎年11月中旬には見頃を迎えます。
岩屋堂の紅葉

​岩屋堂と暁明ヶ滝(ぎょうみょうがたき)は歩いてすぐです。
​「岩屋堂」は巨石が屋根になって小さな洞窟のようになっており、中にお地蔵さんがあります。
​岩屋の中から見る紅葉もきれいです。
岩屋堂の紅葉

岩屋堂の上にある小さな神社。
岩屋堂の紅葉

​手水舎に映る紅葉もきれいでしたが、微風が吹いていて上手く撮れませんでした。
岩屋堂の紅葉

​暁明ヶ滝の写真も撮り忘れましたが、滝の上にあるモミジが一部のみ色付いているのみでした。
​下の写真は、滝から流れる川にも紅葉の色が映っていたのでパチリ。
岩屋堂の紅葉

団子など売っているお店の窓にもモミジが映っていました。
​映り込みばかり撮っていましたね。
岩屋堂の紅葉

​すりガラスに映るモミジはレトロな雰囲気です。
岩屋堂の紅葉

​再度、もみじ橋から川沿いに瀬戸大滝まで歩きます。
こちらは紅橋で、赤い橋とモミジが合いますね。
岩屋堂の紅葉

岩屋堂の紅葉

​紅橋から先に行かれる方は少なく、今回、自分もはじめて行きました。
​瀬戸大滝までは所々モミジが植わってますが、ほかの木々の紅葉も見ながら歩きます。
​紅橋からは10分ほど歩いて瀬戸大滝へ。
滝は10mほどの滝ですが、小さな虹も見ることが出来ました。
岩屋堂の紅葉

​滝のすぐそばまで行くことができますが、岩場は足元が滑りやすいので注意を。
岩屋堂の紅葉

​滝の1段上にある東屋に向かおうとすると、ちょうど日差しが射しモミジがライトアップされたかのように輝いていました。
​あまり広い場所ではないものの、タイミングもよく圧巻の景色でした。
岩屋堂の紅葉

岩屋堂の紅葉

​川に光芒(こうぼう)が射すように撮ってみましたが、いまいちですね。
岩屋堂の紅葉

​岩屋堂公園のモミジも葉っぱに黒い斑点のあるものが多かったですが、色付きが良くないんでしょうか。
岩屋堂の紅葉

​瀬戸大滝より先にもコンクリートの幅の広い滝がありましたが、道は行き止まりでした。
​写真はないですが、四季桜も1本だけ咲き始めの木がありました。

​また来た道を戻りながら、紅橋まで来ました。
岩屋堂の紅葉

​紅橋ともみじ橋の間には川辺にベンチがありますが、そこからまったりと眺められるのがいいですね。
岩屋堂の紅葉

岩屋堂の紅葉

​もみじ橋のあたりはライトアップされとてもきれいになります。
​今年のライトアップの期間は11月19日で終わってしまいました。
この日もライトアップまで待とうかとも思いましたが、夕方から出勤だったので帰りました。
岩屋堂の紅葉

ちなみに紅葉のライトアップはこんな感じになります、また行きたくなりますね。
岩屋堂の紅葉㉑

​5年ほど前に訪れたときはライトアップのときも訪れるかたが少なかったですが
​近年は紅葉の名所にもピックアップされているので、徐々に知名度が上がっているように感じます。
今回もお昼は訪れるかたも少なめで、​まだまだゆっくりと楽しめる穴場だと思います。
また来年も行きたいですね。

​走行距離:48.8km

Aichi 21:33 comments(2)
モリコロパークのコスモス畑!

コスモスも見頃を迎える場所が増えてきましたね。
​10月10日に、モリコロパークのコスモスを見に行ってきました。
モリコロパークは愛知万博の跡地に整備された愛・地球博記念公園です。

夜勤明けで東山通のアップダウンを走り、職場から45分ほどで到着。
​公園の北西、リニモの「公園西駅」前から入りましたが、園内は自転車乗り入れ禁止のため、
コスモスがメインで咲く場所まで自転車をひいて歩きました。
訪れるなら北口にあるリニモ「愛・地球博記念公園駅」側からが1番近いです。


北西入口から歩くとコスモス畑までは1kmほどで起伏もあり、いい運動です。
大観覧車下の小さなコスモス畑やイベントスペースなど、訪れるのは万博以来初めてなので見てまわりました。
写真はまわった順番とは逆になります。

まずはコスモス畑からです。
​訪れた日にモリコロパークのHPでコスモスの開花状況がUPされていましたが、
​前日まではあまり情報がなかったので、下調べの気持ちで見に来ましたが、コスモスは満開でした。
モリコロパークのコスモス

​咲いている本数などは分かりませんが、品種はセンセーションをはじめ5種類植わっているそうです。
​家に帰ってから気付いたのですが、あとで出てくるシーシェルやサイケの写真ばかり撮っていて、
センセーションの写真はほとんどありませんでした。
モリコロパークのコスモス

​ススキのようなパンパスグラスや、紫色のアメジストセージと一緒にコスモスが咲いていますが、
​組み合わせなのか、また違う雰囲気のなか楽しめました。
モリコロパークのコスモス

こちらはシーシェル。
​貝殻のような花びらのコスモスで、丸まった花びらがかわいらしいです。
モリコロパークのコスモス

サイケ。
​コスモス畑の中では、パッと見ただけでは分かりにくいですが、大きな花びらの中心に小さな花びらがあります。
モリコロパークのコスモス

​手前の黄色いコスモスはイエローキャンパス、奥の黒っぽい花はチョコレートコスモス。
どちらも少しだけですがプランターに植わっていました。
​チョコレートコスモスは花の匂いがチョコレートの匂いがするようですが、嗅いでもあまり分かりませんでした。
モリコロパークのコスモス

​つづいてキバナコスモスです。
​キバナコスモスは見頃で場所によってはピーク過ぎでした。
モリコロパークのコスモス

黄色やオレンジのコスモスが多く植わっています。
​キバナコスモスはよく見ますが、これほど多く植わっている場所はあまりないですね。
モリコロパークのコスモス

ミツバチも飛び回っていました。
モリコロパークのコスモス

​コスモスを見に訪れるかたは少なく、ゆっくり見て楽しめました。
モリコロパークのコスモス

この日は気温30℃近くまであがり暑い1日で、​きれいな秋晴れでした。
モリコロパークのコスモス

​最初に訪れた、大観覧車の下にも小さなコスモス畑があります。
​ここにはモリゾーとキッコロのパネルやフォトパネルもありました。
モリコロパークのコスモス

​メインのコスモス畑を見たあとは、「サツキとメイの家」まで園内を歩いてから
​大観覧車の場所まで戻ってきたので、時間は15時半くらいでしたが、日もだいぶ傾いていました。
​逆光でコスモス畑と大観覧車をパチリ。
モリコロパークのコスモス

​帰りは向かい風ですが、時間を気にせずゆるゆると走って帰りました。
コスモスが見頃になってほかの場所も行きたいですが、雨予報が続くので、どうにか下旬までもってほしいですね。

​走行距離:34.1km
Aichi 18:05 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS