BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
モリコロパークのコスモス畑!

コスモスも見頃を迎える場所が増えてきましたね。
​10月10日に、モリコロパークのコスモスを見に行ってきました。
モリコロパークは愛知万博の跡地に整備された愛・地球博記念公園です。

夜勤明けで東山通のアップダウンを走り、職場から45分ほどで到着。
​公園の北西、リニモの「公園西駅」前から入りましたが、園内は自転車乗り入れ禁止のため、
コスモスがメインで咲く場所まで自転車をひいて歩きました。
訪れるなら北口にあるリニモ「愛・地球博記念公園駅」側からが1番近いです。


北西入口から歩くとコスモス畑までは1kmほどで起伏もあり、いい運動です。
大観覧車下の小さなコスモス畑やイベントスペースなど、訪れるのは万博以来初めてなので見てまわりました。
写真はまわった順番とは逆になります。

まずはコスモス畑からです。
​訪れた日にモリコロパークのHPでコスモスの開花状況がUPされていましたが、
​前日まではあまり情報がなかったので、下調べの気持ちで見に来ましたが、コスモスは満開でした。
モリコロパークのコスモス

​咲いている本数などは分かりませんが、品種はセンセーションをはじめ5種類植わっているそうです。
​家に帰ってから気付いたのですが、あとで出てくるシーシェルやサイケの写真ばかり撮っていて、
センセーションの写真はほとんどありませんでした。
モリコロパークのコスモス

​ススキのようなパンパスグラスや、紫色のアメジストセージと一緒にコスモスが咲いていますが、
​組み合わせなのか、また違う雰囲気のなか楽しめました。
モリコロパークのコスモス

こちらはシーシェル。
​貝殻のような花びらのコスモスで、丸まった花びらがかわいらしいです。
モリコロパークのコスモス

サイケ。
​コスモス畑の中では、パッと見ただけでは分かりにくいですが、大きな花びらの中心に小さな花びらがあります。
モリコロパークのコスモス

​手前の黄色いコスモスはイエローキャンパス、奥の黒っぽい花はチョコレートコスモス。
どちらも少しだけですがプランターに植わっていました。
​チョコレートコスモスは花の匂いがチョコレートの匂いがするようですが、嗅いでもあまり分かりませんでした。
モリコロパークのコスモス

​つづいてキバナコスモスです。
​キバナコスモスは見頃で場所によってはピーク過ぎでした。
モリコロパークのコスモス

黄色やオレンジのコスモスが多く植わっています。
​キバナコスモスはよく見ますが、これほど多く植わっている場所はあまりないですね。
モリコロパークのコスモス

ミツバチも飛び回っていました。
モリコロパークのコスモス

​コスモスを見に訪れるかたは少なく、ゆっくり見て楽しめました。
モリコロパークのコスモス

この日は気温30℃近くまであがり暑い1日で、​きれいな秋晴れでした。
モリコロパークのコスモス

​最初に訪れた、大観覧車の下にも小さなコスモス畑があります。
​ここにはモリゾーとキッコロのパネルやフォトパネルもありました。
モリコロパークのコスモス

​メインのコスモス畑を見たあとは、「サツキとメイの家」まで園内を歩いてから
​大観覧車の場所まで戻ってきたので、時間は15時半くらいでしたが、日もだいぶ傾いていました。
​逆光でコスモス畑と大観覧車をパチリ。
モリコロパークのコスモス

​帰りは向かい風ですが、時間を気にせずゆるゆると走って帰りました。
コスモスが見頃になってほかの場所も行きたいですが、雨予報が続くので、どうにか下旬までもってほしいですね。

​走行距離:34.1km
Aichi 18:05 comments(1)
来年に期待、希少なカラフルな彼岸花!

彼岸花の見ごろがピークになりましたが、ちょっと変わった場所が気になっていたので
​矢勝川の彼岸花を見てから、少し足を延ばして高浜市へ寄ってみました。

訪れたのは高浜市稗田川の彼岸花です。
彼岸花の群生があるのは高浜高校南にある稗田川(ひえだがわ)の中学橋から法響橋間の800mです。
彼岸花の有名な場所は愛知県では半田市や豊田市、岡崎市といくつかありますが、高浜市にもあるのは初めて知りました。

見ごろが過ぎているのは知っていましたが、赤と黄色の彼岸花が稗田川の堤防にたくさん咲いていました。
高浜市稗田川の彼岸花

​黄色い花は、ショウキズイセンという彼岸花の仲間です。
​赤い彼岸花より一回り大きいく、しべが「鍾馗」の髭のように長く伸びています。
高浜市稗田川の彼岸花

ショウキズイセンは、彼岸花のあるところに植えられていることがありますが、
​これだけ多く植わっている場所は珍しいですね。
​下の写真で枯れているのは、薄いピンク色の品種の彼岸花が咲いていたようです。
高浜市稗田川の彼岸花

​赤い彼岸花は色褪せていました。
​堤防の木の下の日陰部分に植わっているので、見頃は9月中旬ごろでしょうか。
今回はきれいな景色とは言えませんが、来年に再訪したいですね。
高浜市稗田川の彼岸花

高浜市稗田川の彼岸花

白い彼岸花も見頃はピークですが、数輪咲いていました。
高浜市稗田川の彼岸花

​ピーク過ぎで、訪れるかたはほとんどいらっしゃいませんでした。
見頃のときにはどれくらいのかたが訪れたか分かりませんが、これから知名度が上がっていくかもしれませんね。高浜市稗田川の彼岸花

​対岸にも少ないですが、彼岸花もショウキズイセンが植わっています。
​曇り空だったのであまり色は映えませんが、稗田川の水面に彼岸花が写っていました。
高浜市稗田川の彼岸花

今回は下見がてらの彼岸花、ショウキズイセンの観賞でしたが、来年は見頃のときに訪れたいですね。
10月に入ったらコスモスが咲き始めるので、いい場所を探しながら訪れたいと思います。

Aichi 17:24 comments(2)
半田市矢勝川の300万本のレッドカーペット!

すでに10月に入っていますが、先日、半田市にある矢勝川の彼岸花を見に行ってきました。
​この日も夕方から出勤だったのと、このあとにショウキズイセンを見にほかの場所にも行ったので早足でまわりました。

まずは矢勝川の堤防を見てまわります。
矢勝川は半田市と阿久比町(あぐいちょう)の境目にある川ですが、​その堤防の両岸に彼岸花がびっしりと咲いています。
矢勝川の彼岸花

半田市では1990年から新見南吉の生家から近い矢勝川に彼岸花を植え始めたそうで、
徐々に増えて行った彼岸花は、今年は約1.5kmの区間に300万本近く咲いたそうです。

​10月4日の時点では、彼岸花はぼ見頃を終えてしまったようです。
​9月27日に訪れたときも色褪せたものも目立っていて、一部は萎えたものがありましたが、
これだけ多く植わっている景色は圧巻です。
矢勝川の彼岸花

​白い彼岸花もちらほらと植わっていますした。
矢勝川の彼岸花

彼岸花に似た花のショウキズイセンは阿久比町側でまとまって植わっていましたが、萎えているもののほうが目立っていました。
矢勝川の彼岸花

​この日は先にも書いた通り、この後に見に行きたい場所があったので、
​矢勝川の彼岸花が咲く1.5kmのうち半分くらいの両岸を見てまわりました。

途中、川の踏み石地点で折り返し、半田市側の堤防に移って彼岸花を見てまわります。

田んぼアートは「半田 山車まつり」のものです。
​10月7・8日には、半田市で5年に1度行われる山車祭りがあり、50万人以上のかたが訪れるそうです。
​その頃には彼岸花はもうないと思いますが、矢勝川沿いに小さなコスモス畑があるので寄ってみてもいいかもしれませんね。
矢勝川の彼岸花

​途中、堤防下の畦道に下りる場所があるので、下から眺めてみました。
​この日は夜から雨の予報でしたが、日中も雲が広がっていて陽射しがあまり届かなかったので
彼岸花の赤色が萎えているものはさらにくすんで見えますね。
​ここまできれいなレッドカーペットになるまでの手入れは大変そうですが、きれいな景色です。
矢勝川の彼岸花

​上流のほうへも以前行ったことがありますが、このあたりが1番好きな景色です。
​矢勝川の前に訪れた、岐阜県海津市の津屋川堤防とはまた違う景観です。
矢勝川の彼岸花

​畦道から見ると白い彼岸花が群生している場所がありますが、
​ここは白い彼岸花で新見南吉の代表作『ごんぎつね』のキツネをかたどっているものの、言われても気付きにくいですね。
​以前来た時も、はじめはキツネには見えませんでした。
矢勝川の彼岸花

矢勝川の彼岸花

用水路にも彼岸花の赤色が映っていました。
矢勝川の彼岸花

矢勝川で県道264号線を超えたところにも彼岸花が多く植わっていました。
​距離は短いですが赤と白の彼岸花がきれいです。
矢勝川の彼岸花

​あまりいい位置が見つからず上手く撮れませんでしたが、振り返って見ると名鉄の赤い電車とも。
矢勝川の彼岸花

​矢勝川の彼岸花は久しぶりの訪問でしたが、次回はゆっくり見てまわりたいです。
​このあとは高浜市で彼岸花の仲間のショウキズイセンを見に行きました。
 

Aichi 08:47 comments(2)
12月までひまわり咲く半島ツーリング その2!

花ひろばでひまわりを見てからは知多半島先端の師崎へ。
​花ひろばからは少しアップダウンのある道を走りました。
​知多半島の中央に伸びる広域農道でも、このあたりはいい景色。
知多一ツーリング

​坂を少し進むと再び247号線に突き当たる海の見える景色が広がっていました。
知多一ツーリング

247号線に出てからは海沿いに漁港を眺めながら走り、知多半島先端の羽豆岬へ。
羽豆神社には「羽豆岬」の歌をうたうSKE48のメンバー本人やファンの絵馬があります。
​羽豆岬の展望台からは180度に景色が開けており、日間賀島や渥美半島が見えます。

知多一ツーリング

羽豆岬から内海まではほとんど風除けのない海沿いを走ります。
​この日はそれほど風もなかったのでよかったので、のんびりと走ることができました。

​次に寄ったのは、豊浜地区にある「魚ひろば」。
今回はここでお昼ご飯を食べようと思いましたが、1か所は臨時休業、もう1か所はお昼にはほぼ売り切れだったので
ぶらっと市場の中を見てあとにしました。

知多一ツーリング

​魚ひろばのあとは「つぶて浦」へ。
つぶて浦は大昔に伊勢神宮の神様が石の遠投をして、石がたどり着いたのがこの場所との言い伝えがあり、

設置されている鳥居は伊勢神宮に対面しているそうです

​ここは道路沿いにありますが道路からは見えず看板もないため、「マリンリゾート内海」を目印にするといいと思います。
知多一ツーリン㉑

少し走って、千鳥ヶ浜へ。
​夏は海水浴客でごった返しますが、9月中旬のこの日は静かなビーチでした。
​ここは大学の頃にビーチバレーサークルに入っていたので毎週来ていた好きな場所です。
知多一ツーリング㉒

​そしてデートや知多イチの定番スポットの野間崎灯台。
​白亜の灯台がきれいですね。
知多一ツーリング㉓

​少しハンガーノックになりながらもコンビニで食べ物を買って
​南知多ビーチランドの横で休憩。
知多一ツーリング㉔

​ここからは海から離れて美浜町を抜け常滑市を縦断しますが、少々アップダウンがあります。
​247号線の道は走りやすいですが、いつも坂でヘロヘロになっています。

休憩に寄った大きな招き猫。
​このあたりは窯業の町なので、またゆっくりと見てまわりたいですね。
知多一ツーリング㉕

最後に世界最古の海水浴場といわれる大野海岸と、新舞子のサンセットビーチへ寄りました。
​サンセットビーチでは夕日を待とうと思いましたが、まだ時間があったので写真だけ撮って帰りました。
知多一ツーリング㉖

東海市の名和交差点あたりからは車が多く家に着くまでは注意しながら走りました。
​自宅からの知多半島一周でしたが、また見たい景色もあるので計画したいです。

​走行距離:137.1km

Aichi 16:03 comments(2)
12月までひまわり咲く半島ツーリング その1!

9月に入り、過ごしやすい日になりました。
8月からは仕事でなかなかしっかりとした休みがなく自転車で出かけることが出来ていないですが、
先日、秋晴れのもと知多半島一周ツーリングに行ってきました。
​前回の知多一ツーリングは3月に花見に出かけましたが、今回は夏の風景を楽しみに出かけてきました。

朝7時過ぎに家を出発し、ロングライドのためまったりと半島を時計回りに工業地帯や田園地帯を走ります。
​家から半田市に入るまでは、いつも走るルートで写真を撮る場所もなく走り抜けています。
​30kmほど走って半田市のミツカン前でちょっとだけ休憩。
知多一ツーリング

​そして半田からまた一気に半島の先端に向けて走ります。
​河和口駅前の河童のはなちゃん。
知多一ツーリング

この「はなちゃん」前にある激坂スポット、通称「はなちゃん坂」。
自転車乗りには人気のスポットで、踏切の向こうから頂上までの200mほどで平均勾配が18%あります。
​今回は上らず写真だけです。
知多一ツーリング

​河童のはなちゃんを超えたあたりからは、太平洋とつながる三河湾があるので視界が開け走っていても気持ちいいです。
半島の海沿いの247号線は道が狭く交通量も多いので自転車でも脇見運転には注意です。
知多一ツーリング

半島の東側は半分くらいが工場地帯なので、海の見える景色はいいですね。
​路地の向こうにちょっとだけ見える風景も好きです。
知多一ツーリング

247号線から豊丘I.C.方面に少し上って行くと田んぼもあります。
​稲か麦か、既に刈り取った田んぼもちらほら。
知多一ツーリング

開けた景色を眺めながら少し走ると、今回のメインである「観光農園花ひろば」へ到着。
​「花ひろば」には四季を通して色々な花が植えられています。
何回か友だちと遊びに来たことがありますが、今回は数年ぶりに来ました。


入ってすぐのところにはマツバボタン畑が広がっていました。
あまり馴染みのない花ですが、青空のもと一面ピンク色に染めている景色は圧巻です。
知多一ツーリング

濃いピンクや薄いピンクの花が芝桜のように地面に這うように植わっていました。
マツバボタンの見ごろは10月下旬ぐらいまでということです。
知多一ツーリング

知多一ツーリング

そして、見たかったひまわり畑へ。
ひまわりは6月から12月はじめにかけ、毎週約8万本が見頃となるように植わっているそうです。
​今回は、訪れる前日に雨が降ったので、見頃だったひまわりの大半が頭を垂らしてちょっと残念でした。
知多一ツーリング

知多一ツーリング

​今年の夏は晴天に恵まれなかったので他の場所でも曇り空のもとでひまわり観賞ばかりでしたが
花ひろばでは頭を垂らしていても、青空のもとで咲くひまわりはきれいでした。
知多一ツーリング

花粉をいっぱい付けたクマンバチも。
知多一ツーリング

​背景が秋の空だと少し涼し気に感じますね。
知多一ツーリング

​マツバボタンのピンク色も一緒に。
知多一ツーリング

​丘の上にあるので、畑の場所や見る角度によっては北海道のような絶景です。

次回はぜひとも満開のときに再訪したいです。

知多一ツーリング

​花ひろばでひまわり観賞をしてからは、知多半島先端の師崎へ抜けて、半島西岸を走ります。

​その2へつづく。

Aichi 09:47 comments(2)
安城市榎前町のひまわり畑情報 2017!

9月に入り、朝晩は涼しく自転車で出かけても気持ちのいい日がつづきます。

昨日、秋に見ごろを迎える安城市榎前町のひまわり畑の様子を見てきました。

 

毎年9月中旬に見ごろを迎えるように時期をずらして播種されていますが、

インターネットで開花情報を探しても過去のものばかりなので、現地に行って様子を見てきたので

気になっていた方は参考にしていただければ幸いです。

ちなみにこの記事は10月には削除予定です。

 

今年はひまわり畑の場所が、下の画像のように北隣に移っていました。

昨年までの場所と比べるとひまわりの本数も少し減りそうですね。

毎年40万本ほどと言われていますが、ほかの場所と比べても小さいため10万本ほどだと思います。

安城市榎前町のひまわり畑

 

長田川のほうからひまわり畑を眺めます。

畑の道路をはさんで東側は生育がよく、畑一面のひまわりが背丈が約50cm〜1mの大きさに育っていました。

ひまわり自体が小さい品種なので、これ以上は育ちませんが見ごろになったらきれいでしょうね。

安城市榎前町のひまわり畑

 

花についてはまだ硬いつぼみでした。

見頃となるのは10日〜2週間後の9月20日前後でしょうか。

安城市榎前町のひまわり畑

 

1つだけポツンと咲いていました。

安城市榎前町のひまわり畑

 

道路を挟んで西側のひまわり畑は一部は1mほど伸びていましたが、

ほとんどが30〜50cmほどと小さいかったです。

榎前町のひまわり畑は毎年一度に咲かせるので、播種の時期を前後半に分けたというよりは

生育が遅いだけのように感じます。

安城市榎前町のひまわり畑

 

9月17日にはバザーや産直市などイベントもあるようです。

今月の後半の見頃のときに再訪する予定なので、満開の時季が楽しみです。

Aichi 19:08 comments(2)
岡崎市でハスとひまわりツーリング!

梅雨も明けましたが夏の花を見に岡崎市の伊賀八幡宮と奥殿陣屋へ花見ツーリングに行ってきました。

伊賀八幡宮にはハスの花、奥殿陣屋にはひまわりを観に行ってきました。

 

5月に少しだけ岡崎市街地へ行きましたが、今回は以前から気になっていたハスの名所の伊賀八幡宮へ。

今回は国道1号線ではなく東郷町や豊田市西部を走って岡崎市へ向かいましたが、緩いアップダウンの多いルートでも走りやすい道でした。

1時間ほどで乙川を渡り岡崎市に入り、伊賀八幡宮まであと15分ほどのところで通り雨に遭いました。

伊賀八幡宮までは雨の中走り、雨が止むまで境内で休憩、10分ほどで雨は止んだのでそこからハス見物です。

写真を撮っているうちに晴れ、ところどころ青空になってきたのでいい観賞日和でした。

 

伊賀八幡宮のハス

 

伊賀八幡宮のハスは今月の16日、21日に新聞に載っていましたが、訪れた26日は見頃終盤で花数が少なかったです。

全体の本数もそれほど多くはないですが、赤い大きな門「随神門」との景色が見どころです。

もちろんハスはハスできれいなので、カメラを向けながら観賞しました。

伊賀八幡宮のハス

 

雨上がりでの訪問だったので、雨に濡れたハスの花がきれいでした。

伊賀八幡宮のハス

 

やや逆光気味ですが、ハス池両端のこの角度からの観賞が1番の景色に感じます。

伊賀八幡宮のハス

 

ハスの花は少なく花托を残したものもありますが、つぼみもあったので8月はじめぐらいまでは花を楽しめるかと思います。

伊賀八幡宮のハス

 

伊賀八幡宮のハス

 

ハスを楽しんでからは伊賀八幡宮を参拝しました。

伊賀八幡宮は徳川家(松平家)の氏神・守護神として祀られている場所です。

大きなお宮ではないですが、国の重要文化財にもなる随神門や神橋があり厳かな雰囲気です。

伊賀八幡宮のハス

 

サルスベリでしょうか、大きな木に咲く白い花と随神門。

伊賀八幡宮のハス

 

伊賀八幡宮のハス

 

伊賀八幡宮でハスを楽しんでからは市内北部にある奥殿陣屋へ。
奥殿陣屋は奥殿藩の役所などが置かれていた建物が残る場所です。

ここではひまわりが咲いているとのことで向かいました。

敷地の一角に植わっているひまわり畑は、今月19日ごろに見頃を迎えたようです。

奥殿陣屋のひまわり

 

訪れるかたはほとんどいませんでしたが、今年初めてのひまわり畑にカメラを向けながら見てまわりました。

奥殿陣屋のひまわり

 

背の高いものでは3mほどありますが、見てまわっていると何種類か植わっているのを確認できました。

奥殿陣屋のひまわり

 

見頃を迎えてから1週間経つので、頭を垂らしたものが多かったですが、ほぼ貸し切りで楽しめました。

奥殿陣屋のひまわり

 

奥殿陣屋のひまわり

 

三河方面のひまわり畑については詳しくないですが、安城市榎前町のひまわり畑は9月中旬ごろに見頃を迎えるので

今年もタイミングが合えば見に行きたいですね。

奥殿陣屋のひまわり

 

ひまわり畑の横にはコスモスも少しだけ咲いていました。

今年植えたものではなく、昨年植えたものが種を落として咲いたもののようです。

奥殿陣屋のコスモス

 

炎天下でもコスモスを見ると少しだけ涼しく感じますね。

奥殿陣屋のコスモス

 

11時半ぐらいまでは休憩しながら奥殿陣屋内をぶらぶら歩いていました。

ここはバラの花も植えられているようで以前から来たかった場所ですが、思いがけずわずかに咲くバラも見ることが出来ました。

奥殿陣屋のバラ

 

帰り道は曲がる道を通り越してきつい坂を登る遠回りをしながらも無事に帰宅。

途中の電光掲示板には38℃との掲示もありましたが、帰りは坂にバテぎみでした。

今回の道はアップダウンが多いものの三河方面へは走りやすい道だったので、またこのルートからどこか行きたいです。

 

走行距離:72.2km

Aichi 11:36 comments(0)
大府市のハス巡りライド!

先日、大府市の星名池とあいち健康の森のハスを見に出かけてきました。

日中は猛暑日になるほどの気温でしたが、朝方は蒸し暑いもののまだ自転車でも走りやすかったです。

 

朝5時半に家を出て、1時間もないうちに、まずはハスの花の名所である星名池へ。

星名池はそれほど広くはありませんが、池いっぱいにハスが植わっています。

星名池のハス

 

普段は上の写真のように八つ橋があるのでそこを歩きながら見てまわるのですが、

今年はハスの花が見頃の時に老朽化によって通行禁止になっていたのでコの字型になった周りからの見学です。

事前の情報で知ってはいたものの、八つ橋あたりに咲くハスの花が見れなかったのはやっぱり残念ですね。

星名池のハス

 

着いたときはまだ大半が木々の中に隠れていましたが、

日が当たるにつれて、ハスの花もきれいなピンク色になっていきました。

星名池のハス

 

星名池のハスは見頃を過ぎ、花托(かたく)が目立っていました。

まだつぼみのものもあったので、花数は少なくなりますが今月末までは楽しそうです。

星名池のハス

 

星名池にはアマガエルは見つけることが出来ずませんでしたが、ミツバチがせっせと働いていました。

逆光気味で撮ったハスもきれいですね。

星名池のハス

 

昨年よりも見に行くタイミングが遅く花数は少なかったのと、八つ橋が渡れなかったのは残念でしたが

次に訪れるときに期待したいです。

星名池のハス

 

星名池でハスを見てからは10分ほど市街地へ向けて走り、あいち健康の森へ向かいます。

昨年にあいち健康の森にもハス池があるのを知り、今年行くことが出来ました。

道は通りに出てからは真っすぐですが、道が狭かったり、飛ばす車も多かったのでゆっくり10分ほど移動。

ハスの花が咲いている場所を確認せずに出かけたので自転車乗り入れ禁止の園内をかなり歩きましたが、

訪れるなら公園西側から回り第一駐車場側から入ると1番近いようです。

 

園内では遠目に見てもハスの花がきれいに咲いているのが分かりました。

ハスの咲く「いのちの池」上池では、薄いピンクのハスが多く植わっていました。

あいち健康の森のハス

 

あとから池の上に架かるフォレストブリッジから撮った写真でも、いのちの池のハスの広さが分かります。

星名池のように八つ橋はないものの池の周囲から多くのハスの花を眺めます。

あいち健康の森のハス

 

あいち健康の森でも花托が多くみられましたが、ハスの花がまだ多く7月いっぱいは楽しめそうです。

着くまではちょっと心配でしたが、どこを撮ってもきれいです。

あいち健康の森のハス

 

品種や植わっている本数は分かりませんが、太陽に照らされきれいに咲いていました。

あいち健康の森のハス

 

あいち健康の森のハス

 

iPhoneでズームして撮ったら粗い画像になってしまいましたが、ピンクのハスの奥には白いハスが植わっています。

あいち健康の森のハス

 

こちらは早咲きでしょうか、見頃のピークを過ぎているようで、花が少なめでした。

あいち健康の森のハス

 

近くから見ようとしても太陽のほうを向いていたので、背中を向けてますね。

反対側からは少し距離があり、コンデジのズームでは上手く撮れませんでした。

あいち健康の森のハス

 

あいち健康の森のハス池は、池の周りにジョギングコースがあったり、産直市場もあるので一緒に楽しめそうですね。

思った以上に広い場所できれいだったので次回からもまた見に行こうと思います。

 

帰り道には豊明市のあたりで小さなひまわり畑も見つけました。

先日、岐阜県養老町のひまわり畑も満開になったようですが、羽島市や大垣市のひまわり畑ももうすぐなので

今年も楽しみに見に行こうと思います。

ひまわり

 

走行距離:46.6km

Aichi 11:35 comments(2)
森川花はす田へ花見ポタ!

今日も猛暑日となりましたが、愛西市にある森川花はす田のハスを見に行ってきました。

朝6時前に出発し、いつも津島や海津市方面には国道1号線を走りますが、

交通量が多く自転車で走りにくい場所も多いので八熊通りを西に走って行き1時間ちょっとで到着。

 

7時ごろに着きましたが、既に訪れているかたが多くいました。

ハスの花は早朝に咲き、昼には閉じ始めるため朝早く訪れるかたが多いです。

森川花はす田のハス

 

濃いピンク色の花がきれいですね。

森川花はす田には6種類ほどがあるようですが、咲いているものは見頃を迎え、遅咲きの品種はまだ蕾の田んぼもありました。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

もうすぐ咲くような大きな蕾の形も可愛らしいですね。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

ハスの花や葉は2m以上になるものも多くあり、下から見上げても透き通った葉がきれいです。

森川花はす田のハス

 

大きな葉の間から見える水面にもきれいにハスの花が映っていました。

森川花はす田のハス

 

見てまわっていると、水滴のついた花も。

朝露に濡れたというよりは、誰かが写真をきれいにとるために霧吹きで水をかけたあとですね。

いくつか不自然に濡れている花がありましたが、アジサイと同じく水の似合う花に掛かっているのを見かけます。

自分も便乗して撮らせてもらいました。

 

昨年訪れたときは雨上がりのあとで、どの花にも水滴がありましたが、

今年は前日も晴れていて、花や葉には水滴がほとんどなかったので、いいシャッターチャンスです。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

この日はイベントがあり、休息用のテントも用意してありましたが、

花ハスの植わっている田んぼは日陰がないので、朝方でもこの時季は熱中症対策も必須です。

森川花はす田のハス

 

濃いピンクのハスの花だけでなく、薄いピンクや白っぽい花も。

白の花はまだ数えるほどしかなかったので、これから咲いてくると思います。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

アジサイを見に行くときはカタツムリを探しますが、ハスのときはカエル。

前述のように、晴れた日が続いていたためか、カエルもあまり顔を出してくれておらずあまりいませんでした。

いざ探し始めると、カエルの写真がいっぱいになってしまいます。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

森川花はす田のハス

 

ぐるぐると田んぼ内を1時間ほど見て帰路につきました。

森川花はす田のハス

 

森川花はす田横の道の駅「立田ふれあいの里」には愛西市特産のレンコンを使った食べ物が多くあるので食べて楽しむこともできそうです。

また、愛西市内には32品種のハスが植わる立田赤蓮保存田や船頭平河川公園にもハスの花が見頃を迎えています。

ほかにもハスの花を見に走りに行こうと思います。

 

走行距離:56.1km

Aichi 06:34 comments(2)
三河のあじさい寺、本光寺へ!

また時間は経ちますが、大雨の中、三河のあじさい寺、本光寺のアジサイを見てきました。

本当は現地まで自転車で往復100kmほどのロングライドの予定でしたが、

予定が合わず、今回は雨中のドライブと散策となりました。

 

朝着いたときは大雨の真っ只中。

傘をさしていても台風並みの横殴りの風雨がある中での散策で、写真もブレブレです。

まずは本光寺の見どころでもある山門前のアジサイの小径。

本光寺のアジサイ

 

本光寺には15種1万本と種類は少ないものの三河のあじさい寺として人気の場所です。

写真では強風でアジサイが揺れてぶれていますが、この日はほぼ満開でした。

ずっと気温の高い日が続いていた中での恵みの雨で、咲いたアジサイも活気が戻ったかもしれませんね。

本光寺のアジサイ

 

この参道は写真をたくさん撮りたくなる場所です。

風雨の中でしたが、景色を独り占めにして楽しめました。

本光寺のアジサイ

 

雨の中出かけるのは好きではないですが、雨に似合うアジサイは特別ですね。

本光寺のアジサイ

 

1番いいのは雨上がりですが、見に来れただけでよかったです。

本光寺のアジサイ

 

山門をくぐってからは梅園の下に咲くアジサイ。

本光寺はアジサイも本堂前に所狭しと植わっていますが、梅の木もたくさんあります。

本光寺のアジサイ

 

てまりアジサイが多いように感じましたが、がくアジサイに比べるとボリュームがあるので華やかな境内になっていました。

装飾花の色が染まりきる前のこの水色がきれいで好きです。

雨が付いているのでさらにきれいに見えますね。

本光寺のアジサイ

 

ブレブレですが、濃い緑の苔とも。

本光寺のアジサイ

 

カシワバアジサイ。

本光寺のアジサイ

 

本光寺境内には東西に松平家の廟所があります。

下の写真奥のものが廟所です。

本光寺のアジサイ

 

あまりの風雨だったので早足で見てまわりました。

今年の本光寺のアジサイは現在は終盤を迎えていると思います。

来年はツーリングにして西尾市内のポタリングもしてみたいです。

本光寺のアジサイ

 

最後にモミジの葉も。

本光寺のアジサイ

 

予定では隣の西尾市の三ヶ根山ドライブウェイのアジサイも見に行くつもりでしたが、

夕方にほかの予定があったの帰路につきました。

蒲郡市にある「形原温泉あじさいの里」もアジサイの名所ですが、まだ行ったことがないので来年は行きたいですね。

 

Aichi 22:45 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • モリコロパークのコスモス畑!
    いわし (10/19)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その3!
    まさ (10/16)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その3!
    いわし (10/15)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その2!
    まさ (10/12)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その2!
    いわし (10/10)
  • 半田市矢勝川の300万本のレッドカーペット!
    まさ (10/07)
  • 来年に期待、希少なカラフルな彼岸花!
    まさ (10/07)
  • 半田市矢勝川の300万本のレッドカーペット!
    いわし (10/05)
  • 来年に期待、希少なカラフルな彼岸花!
    いわし (10/05)
  • 満開のコスモス畑といなべ市花めぐりポタ その1!
    まさ (10/03)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS