絶景と穴場の奥三河ツーリング!

  • 2019.10.12 Saturday
  • 20:34

6月末に出かけたときの記事です。
季節は変わりましたが、お出かけの参考になればと遅れながらも記事をUPします...

名古屋も梅雨入りをして、雨予報でもきれいに晴れるなど天気が読めない日が続いていますね。
今回は山あいの絶景を見に奥三河ツーリングに行ってきました。
いつものように車に自転車を積んで、JR飯田線の本長篠(ほんながしの)駅からスタートです。
奥三河ツーリング

駅前から少し走れば山間部を走る道になりますが、走り始めてすぐなので息が上がります。
ひと山越えてまずは田口線跡のトンネルへ。
旧田口線のスポットの中では立ち寄りやすい場所です。
奥三河ツーリング

トンネルを抜けたところには三河大草駅のプラットホームがあります。
木々に囲まれていて鳥のさえずりが聞こえる静かな場所ですが、時間が止まった雰囲気です。
トンネルからプラットフォームまでは小石がゴロゴロと転がっているので、自転車の持ち込みには注意です。
奥三河ツーリング

廃線跡を見てからは県道に戻って坂を上り、また寄り道をして鳳来寺山へ。
鳳来寺山は入り口から1,425段の階段を上がって本堂まで行きますが、
今回は時間がなかったので、入って200段ほどあがったところにある山門で折り返します。
山門も大きな赤い門で見応えがあります。
奥三河ツーリング

山門をくぐったところにある橋と、その先の参道は神秘的な雰囲気です。
鳳来寺山は紅葉も人気の場所なので、また機会を見つけて訪れてみたいです。
奥三河ツーリング

天気も曇りから晴れに変わり、蒸し暑さのなかさらに山手に向かって走ります。
そして着いたのが「四谷の千枚田」です。
以前、9月中旬に訪れたときには稲刈りが始まっていて、秋の棚田の風景を楽しみましたが、
今回は青々とした田んぼにを快晴のもとで見ることが出来、見る景色は絶景です。
奥三河ツーリング

四谷の千枚田には大小約1,296枚の田んぼがあり、今でも400枚ほどの田んぼで稲作が行われているようです。
棚田は田んぼに機械が入りにくいので、手植えが多いようですが、小さな田んぼでも大変そうですね。
奥三河ツーリング

ほぼ貸し切りでこの景色を眺められるのは贅沢ですね。
時間が限られたライドで、まだ走りはじめのほうですが、のどかな雰囲気にゆっくりしたくなります。
奥三河ツーリング

棚田の中にある道は急斜面なので自転車を押しながら棚田の上へ。
見下ろす景色もきれいですね。
奥三河ツーリング

棚田から先は隣の東栄町のほうへ向かいます。
勾配もほどほどにありますが、林道は走っていて気持ちいい好きな道です。
奥三河ツーリング

奥三河ツーリング

仏坂トンネルからは下りですが、小さな滝やいい風景を見つけては止まり写真で撮って、また走ります。
奥三河ツーリング

奥三河ツーリング

坂を下り東栄町にある「月」地区。
何でもないですが、変わった地名なので撮ってみました。
奥三河ツーリング

暑い日差しの中、手持ちのボトルの飲み物も少なくなった東栄町中心部前に入ったところで、コンビニを見つけたので休憩。
そして中心地に向かって今回楽しみにしていた「奥三河のナイアガラ」に向かいます。

東栄町役場から東に行ったところにある「とうえい温泉」に自転車をとめ、
展望台まで少し歩いて奥三河のナイアガラ、「蔦の淵(つたのふち)」を眺めます。
蔦の淵は大千瀬川にかかる幅約70m、落差10mの滝です。
写真で見ていたときは大きさを感じませんでしたが、実際に見ると迫力がありました。
奥三河ツーリング

調べているときは正面からも見られる場所があるとのことで、あちこちまわっていたら、
川の反対側に小さな駐車場があり、そこに自転車をとめて不安定な足場を通り抜けていくと川辺に行けました。
下から眺めるとさらに迫力もあり水しぶきも飛んできて気持ちよかったです。
奥三河ツーリング

蔦の淵を見てからは国道151号線を走り、車をとめた本長篠駅方面に走ります。
途中で見る景色もきれいでしたが、写真だけ撮って走ります。
奥三河ツーリング

奥三河ツーリング

湯谷(ゆや)温泉のある温泉街に足湯があるので、寄ってみることに。
足湯の温度は44℃とちょっと熱いぐらいですが、気持ちよかったです。
奥三河ツーリング

そしてもう少し走って本長篠駅を一旦通り越してから新城総合公園北にある長篠堰堤(ながしのえんてい)へ。
こちらは近くのホテル「花の木公園」前にあり、そこの釣り堀場を抜けたところにあります。
長篠堰堤は豊川をせき止めた場所で、自然の岩とコンクリートでできている人工物ですが、
幅140m、高さ8mほどで日本三大美堰堤の1つとのことです。
奥三河ツーリング

長篠堰堤も「奥三河のナイアガラ」「新城のナイアガラ」と呼ばれ、轟音とともに迫力のある景色です。
見物する足場は断崖なので注意です。
奥三河ツーリング㉑

今回はこのあとに予定があり、車で帰る時間も考えて「鳴沢の滝」や「阿寺の七滝」には行けず、
各所での見学時間も短めでしたが、寄ったところはどこも楽しむことができました。

はじめに立ち寄った旧田口線跡の一部は今後ダム建設のために立ち入り禁止になり
2度と見ることができなくなる場所もあるのは残念ですが、ほかの場所もまた見に行ってみたいです。

走行距離:71.2km

愛知牧場へひまわりライド!

  • 2019.08.12 Monday
  • 12:15

快晴がつづくものの、梅雨明けまではもう少しですね。
今回は愛知牧場のひまわりを見に行ってきました。
愛知牧場はいま住んでいる場所からも近いので、30分ほどで到着です。

愛知牧場は入園無料ですが、ひまわり畑は協力金として100円を払って入場します。
今回のひまわり畑は9つ開催される畑の中の3つ目のひまわり畑です。

愛知牧場のひまわり畑

前日の雨で足元がぬかるんでいる場所がありましたが、ひまわりは傷むことなく見頃を迎えていました。
愛知牧場全体の本数や各畑の本数は不明ですが、今回のひまわり畑だけでも1.5〜2万本はあると思います。
背丈は2m弱ありますが、緩い斜面に植わっているのでそれほど見上げなくても見て楽しめます。
愛知牧場のひまわり畑

ひまわり1つ1つもとてもきれいですね。
この日は35℃近くあり、炎天下でのひまわり観賞で熱中症には注意です。
愛知牧場のひまわり畑

愛知牧場のひまわり畑

ひまわりは青空もいいですが、夏の雲の積乱雲も似合います。
この日は雲で太陽が見え隠れする時間もありましたが、ほとんど青空のもと楽しめました。
愛知牧場のひまわり畑

ミツバチもあちこちで飛び回っていました。
愛知牧場のひまわり畑

愛知牧場のひまわり畑

あまりに厚く、水分補給のため一旦ひまわり畑を出て、園内をぶらぶらとしましたが、
次のひまわり畑も少しずつ開花し始めていたり、場所によって景色も違うので違う場所も訪れてみたいですね。
愛知牧場のひまわり畑

再度、協力金を払ってまたひまわりを撮ってまわりました。
ほかの花も好きですが、ひまわり畑はいつまでも飽きないですね。
愛知牧場のひまわり畑

愛知牧場は牛舎や厩舎、小動物と触れ合える場所もあるので、小さな子も楽しめると思います。
残りのひまわ畑も9月中旬ごろまで、同じ園内でも違う景色で楽しめます。
愛知牧場のひまわり畑

愛知牧場には春に菜の花を見にきましたが、今回のひまわりにつづいて秋にはコスモスも咲くので
また機会を見つけて訪れたいと思います。

走行距離:21.6km

ハスとひまわりの夏の花ポタ!

  • 2019.07.26 Friday
  • 13:42

梅雨の中休み、雨マークがあっても晴れの日が続いていますね。
7月に入り、ハスの花の開花があちこちで聞かれ、ハスの名所愛西市森川花はす田のハスを見に行ってきました。

「森川花はす田」のある愛西市はレンコンの生産が盛んな場所で、その咲く花はきれいでハスの花の観賞も人気です。
花はす田には8時ごろに着きましたが、朝一番に咲くハスの花に多くのかたで賑わっていました。
写真の左側には写っていませんが、イベントの開会式を行っていました。
森川花はす田のハス

森川花はす田には5種のハスの花が1.5haに咲いています。
今年は天候がいまいちな日が続いたということで、開花が1週間ほど遅れたとのことです。
上の写真を見るとたくさん咲いているように感じましたが、ハス田に近づくと既に萎えたものや、まだ咲いていないものなどあり
昨年に比べると少し寂しい開花状況でした。

きれいなハスを探しながらカメラを向けます。
森川花はす田のハス

今回1番咲いていた陽山紅蓮という品種。
濃いピンク色のハスは華やかです。
森川花はす田のハス

ミセススローカムでしょうか、薄いピンクもきれいです。
森川花はす田のハス

あまりきれいな状態の花がなく、いつものようにカエルを探しながら見てまわりました。
葉っぱを頭に乗せたカエルが可愛かったです。
森川花はす田のハス

森川花はす田から100mほど東に移った場所にもハスが咲いています。
こちらは昨年までは看板もありませんでしたが、今年は咲いている品種の看板があったので、同じイベント会場でしょうか。
北側には白いハスの舞姫蓮(まいひれん)、南側にはミセススローカムでしょうか。
こちらのほうが花数が多くきれいに咲いていました。
森川花はす田のハス

白にうっすらとピンク色の入った舞姫蓮はきれいですね。
訪れたこの日は雨がパラパラと降っていたので帰ろうかとも考えましたが、すぐに止みました。
青空と一緒に撮れなかったのは残念ですが、雨も似合うハスはほんときれいです。
森川花はす田のハス

森川花はす田のハス

南側のハス田は畦道を歩いていたらどっぷりとぬかるんだ場所にはまってしまいました。
訪れるときは汚れてもいい靴で見に行くか、替えの靴を持っていくのがおすすめです。
森川花はす田のハス

森川花はす田の隣には道の駅「立田ふれあいの里」がありレンコンを使った食べ物があるので寄ってみるのもいいですね。
森川花はす田のあとは、3kmほど北に走って同じ愛西市にある立田赤蓮保存田に向かいます。
赤蓮保存田まではすぐですが、広がる田んぼには多くのハスが植わっていました。

赤蓮保存田にも何名かのかたが訪れていました。
こちらは森川花はす田に比べるとかなり小さいですが、31種類のハスの花が植わっています。
立田赤蓮保存田のハス

ハスの花には早咲きや中咲き、遅咲きとあるので開花具合はまちまちですが、
白や薄いピンク、濃いピンク、八重咲きのものと様々です。

きれいに咲いているものをいくつかピックアップして撮りながら見てまわります。
立田赤蓮保存田のハス

立田赤蓮保存田のハス

立田赤蓮保存田でも少ないものの色々な品種の花を楽しむことが出来ました。
このあとはさらに足を延ばして北に走り稲沢市へ。
稲沢市にひまわり畑があると知り、少し早いひまわり畑が気になり訪れて見ることにしました。
今年からひまわり畑がつくられたということで情報も少ない中、迷いながらもたどり着きました。

場所は稲沢市井堀町の井堀バラ園横です。
井堀バラ園は寺尾園芸さんが公開しているバラ園で、今年はその隣で休閑緑地としてひまわりを植えたそうです。
広さはそこまで広いわけではないですが、畑や住宅のある場所に咲いたひまわりはきれいですね。
訪れたのが大雨のあとだったので、既に見頃のピークを迎えていたひまわりのほとんどが頭が垂れていました。
稲沢のひまわり畑

ミツバチも思わぬひまわり畑にせっせと蜜を集めてまわっていました。
稲沢のひまわり畑

ハスが終わる前に、あちこちでひまわりの開花情報があるので、また今年もたくさんひまわりを見に行きたいですね。
稲沢のひまわり畑

今回はぶらぶらと走りながらもハスの花にひまわりと両方楽しむことができました。
ハスの花は花期が長くまだちらほらと咲いているものもあるので、7月いっぱいは見ることができると思います。

梅雨明けまであと少しありますが、晴れ間を狙って出かけたいと思います。

走行距離:76.1km

小さな蓮田へ蓮見ポタ!

  • 2019.07.01 Monday
  • 23:46

アジサイの見ごろが終わり、次はハスの花ですね。
梅雨の晴れ間、どこに行こうか迷っていたら早咲きのハスが見頃との情報に、豊田市竹村のハスを見に行って来ました。

 

竹村のハス田は名鉄豊田線竹村駅の北側にあります。

以前、ここにハス田があるのを知ってから一度行ってみたと思っていました。

普段、岡崎方面に走るときに走る道の途中から道をそれたところにあり、思ったよりも近くにありました。

 

着いたときは朝10時過ぎでしたが、常に10名ほどのかたが見に来ていました。

一帯は田んぼが広がる場所で、その中にハス田がポツンとありますが看板がなくても人気の場所ですね。

豊田市竹村のハス田

 

竹村のハス田は近くに住む方が休耕田の活用などから2000年に始めたそうです。

個人の田んぼですが、ハス田いっぱいに花が咲いていてとてもきれいです。

豊田市竹村のハス田

 

ハス田には薄いピンクと白の八重咲きの品種ミセススローカムが咲いています。

ミセススローカムは早咲きですが、竹村のハス田はさらに半月ほど早く咲くそうです。

豊田市竹村のハス田

 

訪れた日は30℃近い気温。

日陰のない炎天下の中見てまわりましたが、花は涼し気ですね。

豊田市竹村のハス田

 

豊田市掛村のハス田

 

2輪並んで咲く花も可愛らしいです。

豊田市竹村のハス田

 

ハス田ではカエルを探しながら見てまわりましたが、見つけたのは小さなカメでした。

ハス田のあちこちでカメが甲羅干しをしていました。

豊田市竹村のハス田

 

竹村のハス田は沿線にあるため、名鉄の赤い列車とのコラボも人気だそうです。

線路とハス田との高低差があり撮るのは思ったより難しかったです。

豊田市竹村のハス田

 

いつまでも見ていられそうなハス田ですが竹村のハス田を管理しているかたが90歳になられ、

今年でハス田の手入れをやめてしまうかもしれないとのことです。

見るのは簡単ですが、やはり維持管理は大変でしょうね。

豊田市竹村のハス田

 

豊田市竹村のハス田

 

小さなハス田でもとてもきれいなハスの花を楽しむことが出来ました。

また来年も見ることができるといいですね。

 

こらからの季節、まだ梅雨あけまでは長いですがハスを見に行きたいと思います。

 

走行距離:39.1km

三河のあじさい寺とあじさい園ツーリング その2!

  • 2019.06.27 Thursday
  • 17:55

「三河のあじさい寺」本光寺を訪れたあとは形原温泉あじさいの里のアジサイを見に行きました。
本光寺からは2kmほど、小さな山を越えたところにあります。

形原温泉あじさいの里には120種、約5万株あり、愛知県でも大きなあじさい園です。
訪れたのは朝10時半過ぎだったので、平日だったこともあり訪れるかたは少なかったです。
スマホとコンデジの両方で撮りながら見てまわります。
形原温泉あじさいの里

アジサイの開花具合は見頃で一部ピークを過ぎたものもありました。
斜面に咲くアジサイはどこを見渡してもカラフルできれいですね。
形原温泉あじさいの里

天気予報に反して暑い日が続いたので少し傷んでますね。
形原温泉あじさいの里

形原温泉あじさいの里

園内を大きく分けると入ってすぐの花壇と、池を越えてからの花壇とあります。
手前の花壇は角度があるので見上げたり見下ろしたりと見て楽しめます。
形原温泉のあじさいの里

形原温泉あじさいの里

池を挟んでさらに進んでいくと出店やアジサイの花壇があります。
車だと上の駐車場からすぐですが、階段や坂を上がっていくので体力のいるアジサイ園です。
形原温泉あじさいの里

形原温泉あじさいの里

一番上まであがると蒲郡方面と三河湾が見えるいい景色です。
訪れた日は気温が30℃まで上がっていましたが、薄曇りでアジサイ越しの三河湾を撮ることはできませんでした。
形原温泉あじさいの里

庇(ひさし)の下には珍しいアジサイが並んでいました。
一部のものは売店でも並んでいたので買うこともできるのはいいですね。
形原温泉あじさいの里

色も咲き方もまちまちです。
好みなのは1色のもののほうが好きですが、カラフルなのは不思議な色合いですね。
形原温泉あじさいの里

形原温泉あじさいの里

ぐるっと見て終わった12時前には訪れるかたも増えてきました。
ここは人気の場所なので、土日は駐車場待ちの車の列ができるので、訪れるなら開園する8時から9時ごろまでがおすすめです。
形原温泉あじさいの里

帰りも暑さと向かい風にやられながら走りました。
日焼け止めを塗っていたものの、走り終えると少し灼けていました。
夕方から出勤だったので間に合いましたが、次回はアジサイのライトアップも見に行きたいです。

今年も三河まで走ることができてよかったです。
アジサイは場所によってはまだ見頃が続いているので、時間があれば見に行きたいと思います。

走行距離:96.2km

三河のあじさい寺とあじさい園ツーリング その1!

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 14:10
梅雨の中休み、アジサイを見にツーリングに出かけてきました。
今回も昨年同様、三河のアジサイの名所、本光寺と「形原温泉あじさいの里」の2か所を訪れました。
まずは幸田町の本光寺のアジサイを見に行きました。


朝7時前に家を出て、岡崎まではいつもの道を走り、248号線をまっすぐ2時間半弱で到着です。
着いた9時過ぎにはまだ数名のかたしかおらず、開花具合が気になりながら参道へ。
本光寺の1番の見所でもある参道は多くのアジサイが咲いていたので、安心し早速見てまわります。
本光寺のアジサイ

訪れるかたがまだ少なかったお陰で、いつもは混みあう参道ではゆっくりと写真を撮ることが出来ました。
ただ、同じようなアングルの写真ばかり撮っていたので、上手く撮れるようにしたいですね。
本光寺のアジサイ

本光寺のアジサイ

山門をくぐると右手側には廟所(びょうじょ)があります。
本光寺には境内の東西に深溝松平家の廟所があり、東側のこちらは修復費として100円を納めて入ります。
廟所までの階段にも多くのアジサイがあります。
本光寺のアジサイ

廟所にはアジサイはほとんどないですが、以前の大雨で塀が崩れているので注意です。

本堂に戻って参拝しますが、いまは本堂の修復中で本尊はなかったです。
本堂前にはアジサイがあるので、再度見てまわります。
本光寺のアジサイ

本光寺では15種、約1万株が植わっているそうです。
15種類なので見て比べられそうですが、違いがわかるものは7〜8種類ぐらいでした。
本光寺のアジサイ

本光寺のアジサイ

アジサイの上には梅の木が広がり梅も転がっています。
本光寺は梅も椿も有名なので、また機会があれば見に行ってみたいですね。
本光寺のアジサイ

ウズアジサイの花(ガク)が大きくなっているものも。
本光寺のアジサイ

今年はアジサイにカタツムリ、を見ることができなかったのでカマキリを。
本光寺のアジサイ

10時を過ぎたくらいから訪れるかたが増え、参道も多くのかたで賑わっていました。
本光寺では今年もちょうど見頃のアジサイを楽しむことが出来ました。
このあとは少し走って「形原温泉あじさいの里」に向かいます。

その2へつづく。

尾張のあじさい寺と新名所ポタ その2!

  • 2019.06.24 Monday
  • 20:52

「尾張のあじさい寺」の性海寺でアジサイを楽しんでからは、北に走り一宮市中心部に向かいます。
次に訪れたのは一宮市役所の北東すぐにある常念寺のアジサイです。
ここは同じ一宮市の御裳神社の手水舎に倣って手水舎にアジサイを浮かべています。

今年は御裳神社の手水舎のアジサイは、掃除などの管理が大変で、アジサイ祭りのあった6月8・9日だけとのことですが、
アジサイの開花が遅かったのもあり翌週の15・16日もやっていたそうです。
手水舎にアジサイを浮かべるのは御裳神社がはじまりで、今ではSNS映えにと早朝から列を成しています。

御裳神社には仕事で見に行けなかったので、今回は常念寺を訪れることにしました。
常念寺のアジサイ

入ってみると多くの鉢植えのハスがありました。
まだ咲いているのは数輪だけでしたが、境内のあちこちに並べてありました。
常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

こちらは唐門と呼ばれる門だそうですが、山門の中に門があるのは珍しいですね。
常念寺のアジサイ

手水舎で手を洗って浄めてから本堂で参拝をして再度、手水舎へ。
訪れた日は、常時カメラを向ける人が数人いましたが譲り合いながら写真を撮りました。
色とりどりのアジサイが水に浸かっているのは涼し気です。
常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

常念寺のアジサイ

色んな撮りかたをしてみましたが、どれも同じような写真ばかりになってしまったので定番構図のみです。
スマホで撮って、コンデジで撮っての繰り返しです。

アジサイは水に濡れると形が崩れやすく、また花殻の掃除が大変とのことです。
常念寺では柄杓にアジサイを入れたり閉門時間過ぎでも写真を撮っているなど、マナーが守れないかたが多いため
今後は場合によっては期間限定になってしまうかもしれませんね。
せっかく見せていただけるなら、マナーを守って見てほしいです。
常念寺のアジサイ

手水舎にアジサイを浮かべるのは写真としても映えるので、今後も行う場所が増えそうですね。
全国の寺社で行っている場所があるようですが、御裳神社や常念寺以外にも
名古屋近郊では中区大須の三輪神社、北区の別小江(わけおえ)神社、岐阜市の若江神社があります。
それぞれ大小ありますが、また他のところも見てみたいですね。

梅雨に入ってまだ短いですが、梅雨の晴れ間にまたアジサイを見に出かけたいと思います。

走行距離:59.9km

 

尾張のあじさい寺と新名所ポタ その1!

  • 2019.06.23 Sunday
  • 18:47

梅雨の季節、天気予報では雨マークが多いですが、日々変わる予報に一喜一憂しています。
朝起きてみれば晴れの日もあり、この日も晴れ間が出るとのことで出かけてきました。
今回は実家近くの稲沢市の性海寺と一宮市の常念寺に行ってきました。
まずは稲沢市の大塚性海寺歴史公園のアジサイです。

性海寺(しょうかいじ)の山門をくぐったところにある愛染堂前には、毎年高校生の育てたアジサイの鉢がありますが
今年はアジサイ祭り後に訪れたためすでに撤去され寂しくなっていました。
性海寺のアジサイ

参拝して境内に隣接する歴史公園のアジサイを見てまわります。
大塚山性海寺歴史公園には90種、約1万本のアジサイが植わっています。
今年はアジサイの見ごろが少し遅いということでしたが訪れた6月18日はピーク過ぎぐらいでした。
性海寺のアジサイ

それでも訪れるかたは多かったので、「尾張のあじさい寺」として親しまれている性海寺は人気の場所ですね。
性海寺のアジサイ

下から覗き込むアジサイも面白いです。
アジサイは「花」と言われるのが装飾花で、「花びら」と言われるのがガクです。
下の写真では薄い水色の部分が装飾花で、その水色の部分1つ1つがガク、
隠れるようにある丸いのがアジサイの本当の花の両性花です、難しいですね。
性海寺のアジサイ

そして今年はたくさん咲いていた「ピンクのアナベル」。
白いアナベルという品種は最近多くのところで目にしますが、ピンク色はあまり見かけない品種です。
性海寺のアジサイ

ハートの形のアナベルも。
ほかのアジサイに比べて小さな装飾花が集まって咲く姿は可愛いですね。
性海寺のアジサイ

こちらが白のアナベル。
かなりマクロで撮ったので装飾花が大きく見てしまいますが、どれも2cmほどの小さな装飾花です。
性海寺のアジサイ

てまりアジサイが好きですが、ガクアジサイもきれいです。
性海寺のアジサイ

歴史公園内には古墳時代の豪族ものと言われる古墳があります。
古墳のまわりもアジサイがたくさん咲いていて、少し高台になっているので古墳とは気づきにくいです。
性海寺のアジサイ

性海寺のアジサイ

古墳の上からは性海寺境内の多宝塔と、遠くには名古屋中心部のビル群が見えます。
性海寺のアジサイ

最後に境内の外周にも植わっているアジサイを見てまわります。
今年はまだカタツムリとアジサイを見れていないのですが、赤ちゃんカマキリがいました。
性海寺のアジサイ

アジサイの名所は名古屋近郊にいくつかあるのでまた見に行きたいです。
このあとはSNS映えの手水舎のアジサイを見に走ります。

その2へつづく。

大池公園の花しょうぶポタ!

  • 2019.06.15 Saturday
  • 16:09

今回は6月のはじめのことですが、大池公園の花しょうぶを見に行ってきました。
この日は午前だけ休日出勤だったので、昼過ぎから自転車を走らせてきました。

大池公園は自転車の乗り入れが禁止されているので、北側から南側まで10分ほど自転車を押して歩いていきました。
訪れるかたは市役所側からがおすすめです。

花しょうぶ池には130種、約8,000株が植わっているそうですが、
今年は暑さのせいか池側の花しょうぶ池はほとんど花がありませんでした。
大池公園の花しょうぶ

咲いているのは数種類、つぼみもまばらなので今年は生育不良でしょうか。
大池公園の花しょうぶ

奥に進むにつれて花しょうぶも多く咲いていたので安心。
訪れるかたは終始5人ほどだったのでゆっくり見てまわれました。
大池公園の花しょうぶ

一番奥のしょうぶ池が1番見頃でした。
大池公園の花しょうぶ

前回のバラもですが、花しょうぶも見ているにはきれいでも撮るのが難しいですね。
マクロにしたり青空を背景に見上げるようにしてみたり、色々撮ってましたが風でぶれたものばかりでした。
それでも花しょうぶを見ていると初夏の陽気を感じるとともに、梅雨が来るのを考えてしまいますね。
大池公園の花しょうぶ

大池公園の花しょうぶ

大池公園の花しょうぶ

この日も暑かったので日陰で休みながら見てまわりました。
大池公園の花しょうぶ

今年は花しょうぶを見に遠出しようと計画していましたが、仕事や他の予定で行けませんでした。
来年はいろいろなところに行きたいです。

走行距離:36.5km

色とりどり、鶴舞公園のバラ園ポタ!

  • 2019.05.29 Wednesday
  • 20:55

5月に入ってから休日が少なく、仕事もあり更新が遅くなってしまいました。
今回は5月中旬に行ってきた鶴舞公園のバラ園の様子です。

この日は30℃近い天気の中、自転車でぶらぶらと走って鶴舞公園へ。
鶴舞公園には約120種、1,400株が植わっているそうです。

鶴舞公園のバラ


バラは春と秋に咲きますが、春のバラは色鮮やかに咲くのが特徴です。

秋のバラは香りが強いですが、たくさん植わっているので春でもバラの香りが漂っていました。
色んなバラがあるので好きな花や香りのものを探しながら見るのも面白いと思います。
鶴舞公園のバラ

バラは見ている分にはきれいですが、思ったより陽射しに反射して思うように撮れないですね。
ベルベッドの布地ような花びらのこちらの品種は思うように撮れず苦戦しました。
昨年訪れたときは植わっていたか覚えていませんが、赤いバラは惹かれますね。
鶴舞公園のバラ

バラ園の横には木陰にベンチが設置されているので休めますが、見てまわっているときは30℃の炎天下、とても暑かったです。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園は駅や大学、大きな病院のすぐそばなので訪れるかたも多く、バラ園も賑やかでした。
訪れたときはお昼過ぎだったので、木陰で休まれているかたも多かったです。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園のバラ

写真には撮っていませんが、バラに因んで「ベルサイユのバラ」の主人公の名前が付けられたバラを集めた花壇や
品種は以前と同じものの、新たに植え替えられている花壇もありました。

マクロで撮るバラの写真も好きなので色んな種類で撮ってました。
鶴舞公園のバラ

1時間ほど撮ってまわっていましたが、どれも単調な写真ばかりになってしまうので、
またバラの写真もボケさせたりして撮りたいですね。
鶴舞公園のバラ

あとから知りましたが、ツルのバラの品種は秋にはほとんど咲かないそうです。
太陽と青空のもと咲くバラがきれいですね。
鶴舞公園のバラ

鶴舞公園のバラ園はライトアップもやっているとのことで、日を改めて仕事後に寄ってみました。
ライトアップは21時までやっていたようで、風もあり涼しいなか見てまわれるのでいいですね。
訪れるかたもほとんどいなかったです。
鶴舞公園のバラ

奏楽堂(そうがくどう)との写真もいい雰囲気です。
鶴舞公園のバラ

ライトアップされたバラを撮っていましたが、風もあり、コンデジでの手持ちでの撮影は難しかったです。
行かれる方は三脚があるといいかもしれませんね。
下の写真は何枚も撮ったうちの1枚ですが、少しぶれてますね。
鶴舞公園のバラ

お昼とは違うライトアップされたバラ園もきれいでした。
お昼もですが、次回からライトアップされたバラ園も見に行きたいです。
鶴舞公園のバラ

名古屋市内には西区にある庄内緑地公園にも大きなバラ園があるので、秋にも行きたいと思います。
また岐阜県の神戸町(ごうどちょう)と大野町にはバラの苗木の生産が盛んでバラ園があるので久しぶりに行きたいですね。

鶴舞公園には花しょうぶ園もありますが、訪れた時点ではまだ2〜3分咲きでした。
これからは花しょうぶにアジサイとつづくので、また訪れたいと思います。

走行距離:13.3km

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM