紫のカーテン、東洋一の藤棚!

  • 2019.05.13 Monday
  • 14:58

今年のG.W.は10連休と言いつつも、休みはなか1日だけでしたが、
5月4日に津島市天王川公園の藤を見に行ってきました。

家を7時ごろに出て8時半前に天王川公園に到着しました。
ここは朝早くから藤棚を見に来られる方が多く、8時半の時点で何名ものかたがいらっしゃいました。
天王川公園の藤

8時半ごろだと藤棚全体にはまだ光が入っていませんが、陽の当るところとのグラデーションはきれいです。
天王川公園の藤

天王川公園の藤棚は長さ275m、広さが5,000岼幣紊△蠹賤琉譴瞭Cとも言われています。
訪れたのは5月4日でしたが、5月1・2日に雨が降り、5月3日の開花状況は津島市のHPでは「見納め」とあり
花の様子が心配でしたが、全体を見るとまだきれいに感じました。
メインで植わっている九尺藤は見頃はピーク過ぎでしたが、ほのかに匂いも漂っていました。
天王川公園の藤

9時を過ぎたころから藤棚全体に陽があたります。
それとともに訪れるかたも一気に増えます。
天王川に架かる橋からの写真は定番ですが、藤棚からぶら下がる藤の花と、川面に映る紫色が絶景です。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

藤棚の中はクマバチが飛び回って羽音も賑やかですが、構わずに写真を見てまわります。
クマバチやミツバチは、他のハチと違ってちょっかいを出さなければ刺すことはめったにないそうです。
天王川公園の藤

天王川公園には12種類の藤が植わっているそうです。
こちらは愛知県では江南市の曼陀羅寺(まんだらじ)公園と天王川公園にしかないという八重黒龍藤。
ブドウの房のような八重咲きの藤です。
天王川公園の藤

紫藤は写真奥の九尺藤よりも色が濃く、訪れたときが見頃でした。
天王川公園の藤

小さな藤棚にあったピンク色の藤。
藤の木はまだ小さいので数は多くないですが、可愛らしいピンク色の藤に多くのかたがカメラを向けていました。
天王川公園の藤

隣の「天翔の藤」も九尺藤の大きな1本の藤棚です。
こちらのほうがメインの藤棚よりも長く伸びているように思います。
見頃のピークは過ぎていましたが、咲いている藤はきれいでした。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

天王川公園の藤

またメインの藤棚で写真を撮りながらぶらぶら。
この日は気温も25度まであがっていたので歩くだけでも暑かったですが、
紫の藤のカーテンがきれいで、見ていて飽きませんね。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

中之島にも小さいですが藤棚があります。
今年は中之島の藤の花は長く伸びているもののが房の数が少なく感じました。
天王川公園の藤

天王川公園の藤

10時過ぎには多くのかたで混みあってきました。
このあとは名古屋市中村区にある中村公園の藤棚を見に寄りました。
こちらは小さな藤棚がありますが、園内の常泉寺の藤棚とも見頃を過ぎていました。

また、江南市の曼陀羅寺にも行こうと思いましたが、九尺藤は既に見頃過ぎとのことで今回は断念。
次回行けるのを楽しみにしたいです。

走行距離:61.3km

お城と桜の花見ツーリング その2!

  • 2019.04.21 Sunday
  • 12:19

名古屋城と小牧城で桜を観賞してからさらに北に走り、犬山城に向かいます。
この半年で、何回か自転車で訪れていますが、桜の季節に来るのは初めてです。
お城と桜も合いますね。
お城花見ツーリング

犬山城前にある城下町は訪れた日は平日ですが、春休みというのもあってか多くのかたで賑わっていました。
いつもは自転車をひいて歩きますが、人の多さに城下町散策は避け、駐車場前の犬山神社あたりの桜を見てまわります。
神社のあたりは桜は数本だけしか咲いていませんが、犬山城も桜ときれいに撮れました。
お城花見ツーリング

名古屋城や小牧城(歴史館)は工事のため登れなかったり、のんびりしすぎて時間を気にして入館しませんでしたが、
犬山城は久しぶりに天守閣に登ってみようと思い入城料を払い入城します。
平日でそこまで混んでいないだろうと思っていましたが、天守閣へは長蛇の列、
また、訪れた日は強風で天守閣の一部が通行禁止になっていたので諦めて下から見上げるだけになりました。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

犬山城天守閣天気がいい日は小牧城や名古屋城、名古屋中心地のビル群も見ることができるのでおすすめです。
また機会があれば天守閣にも上りたいと思います。

犬山城には人気のSNS映えスポットの三光稲荷神社があります。
ハートの絵馬が人気の理由で女性の多い場所ですが、恥ずかしいながらも写真を撮って参拝をしました。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

犬山城では山車の出る犬山祭りもあり桜の季節は華やかです。
また機会があれば、大勢のかたで賑わう犬山祭りにも出かけたいと思います。

木曽川の堤防下で少し休憩をしてからは最後の目的地、清州城に向かいます。
清州城は五条川沿いにあり、川沿いに走ろうと出かける前に地図を見ていたら、
今回のルートの途中の羽黒地区から五条川が始まっていたので、そこから走っていきます。

五条川は桜並木でも有名な場所で、羽黒地区辺りから川の両岸に桜が植わり、きれいな並木になっていました。
桜も場所によっては1分咲きから8分咲きまでとまちまちでした。
お城花見ツーリング㉑

お城花見ツーリング㉒

ほとんど川沿いに走り、犬山市から大口町、岩倉市、清須市と抜けます。
以前、夜桜を見に岩倉市へ行きましたが、まだ見ていない場所も多かったので、再訪して見てまわりたいです。
お城花見ツーリング㉓

お城花見ツーリング㉔

北名古屋市あたりからは住宅街や国道を走り、15時ごろに清州城に到着です。
五条川の桜並木はきれいで、陽の当る川沿いはほぼ見頃を迎えていました。
ここは川面に映る桜の色もきれいで、散り始めたときは五条川上流の桜の花びらが溜まり花筏も集まる穴場スポットです。
お城花見ツーリング㉕

こちらが清州城で、徳川家康が今の名古屋城の場所に移転される前にあったとされるお城です。
天守閣は模擬天守で、創建当時の絵画がないため想像して再現された天守閣だそうです。
お城花見ツーリング㉖

お城の周辺には若い桜の木々が数本あるだけで、五条川を挟んだ対岸や公園に桜並木があります。
陽が傾き始めていたので写真を数枚撮って、あとは見てまわりました。
お城花見ツーリング㉗

お城花見ツーリング㉘

今回は、前から行きたいと思っていたお城と桜巡りができてよかったです。
健脚な自転車乗りや車でのドライブなら岐阜城や大垣の墨俣城もまわれるかもしれませんね。
尾張地方だけでなく、ほかのお城と桜も見に行ってみたいです。

走行距離:97.4km

お城と桜の花見ツーリング その1!

  • 2019.04.20 Saturday
  • 08:56

4月に入り、名古屋もソメイヨシノが見頃になりました。
今回は、名古屋近郊のお城と桜の花見ツーリングに行ってきました。
自転車に乗り始めてからずっと計画していましたが、
毎年いろんなところに桜を見に行きたかったり予定が合わずに行けないままでした。

まずは名古屋城に向かって走ります。
名古屋城の外堀は昔、市電が通っていて、電車の線路跡がきれいに下草に覆われていました。
お城花見ツーリング

すぐ北側の護国神社前の花桃は1本だけですが毎年きれいに咲いています。
お城花見ツーリング

そこからすぐ、名古屋城に到着ですが、その手前の横断歩道に上がります。
能楽堂前の加藤清正像越しの名古屋城はお気に入りの場所です。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

名古屋城に着いた10時ごろは、城内入口は多くのかたで賑わっていて、外国人のかたも多かったです。
今回も時間に限りがあるため、城内には入らずにお堀の桜を見てまわります。

名古屋城は10種、約1,000本の桜があるそうです。
お堀に流れ込むような桜の木はどれも古木で迫力があります。
お城花見ツーリング

昨年できた金シャチ横丁の義直ゾーン横は桜並木になっていて、城郭内外でも1番桜が密集している場所です。
通る方はそれほど多くないので、ゆっくりと見てまわることができます。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

お堀に桜は合いますね。
能楽堂前のしだれ桜は既に見頃を過ぎていましたが、お堀の桜はどこもほぼ満開でした。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

昨年から天守閣には工事のために上がることはできません。
2022年には木造で復元されるため、それまでは天守閣も工事のネットに覆われると思うのでしばらくはお預けですね。
復元されたときにはまた天守閣にも上ってみたいと思います。

記事の更新が遅れましたが、いまでは薄緑色の花をつける御衣黄が咲いているので、
金シャチ横丁での名古屋グルメと一緒に珍しい桜を見に出かけるのもおすすめです。

名古屋城からは北西に黒川の桜並木に寄ります。
こちらは訪れたときは5分咲きから満開の木まで様々でした。
住宅街の中にあるので、静かななか遊歩道の散策も気持ちよく、おすすめの場所です。
お城花見ツーリング

名古屋を北に走り、小牧市に入ります。
小牧市にある小牧山は標高86mの山頂に天守閣風の歴史館があります。
山の麓には多くの桜が咲き、広場でお花見を楽しんでいるかたが多くいらっしゃいました。
お城花見ツーリング

小牧山は桜の名所にも挙げられ、1,000本を超える桜が咲いているそうです。
南側から山道を登っていき、すぐに山頂に到着です。
お城花見ツーリング

お城花見ツーリング

桜は山全体で見頃でしたが、山頂付近は思ったより桜の木が少なかったので、写真だけ撮って下山します。
今回登った散策道の山頂付近は昨年に古木が伐採され、新たに桜やモミジの苗が植栽されているのでやや寂しい景色でした。

このあとはさらに北に走り犬山城に向かいます。

その2へつづく。

古木の桜のトンネル、木曽川堤!

  • 2019.04.15 Monday
  • 13:04

桜の開花宣言が出ましたが、寒の戻りでつぼみもなかなか開きませんね。
今回は実家のある一宮市の木曽川堤の桜を見に行ってきました。

木曽川堤には大野極楽寺公園から138タワーパークをメインに東西に約4kmに渡って桜が植えられています。
いつものようにメインの場所を見てまわります。
木曽川堤の桜

木曽川堤にはヒガンザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなどが植わっていますが、
早咲きの品種、エドヒガンザクラやコヒガンザクラが見頃を迎えていました。
木曽川堤の桜

ソメイヨシノに比べるとやや小ぶりで白っぽい花です。
木曽川堤の桜は明治時代に植えられており、樹齢100年以上の古木が多いので見応えもあります。
雲は多いものの晴れた日に見る桜はいいですね。
木曽川堤の桜

大野極楽寺公園あたりは路上駐車が多いのがネックです。
大野極楽寺公園前から西の堤防は一方通行ですが、桜の季節はたくさん車が通るので写真を撮るときも注意です。
この時期だけは通行禁止にしてほしいぐらいです。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

木曽川堤は堤防下に下りる道があったり、138タワーパーク側はサイクリングロードや芝生の場所があるので
堤防下から見上げるように観賞できるのがいいですね。
木曽川堤の桜

ツインアーチ138も画になります。
タワーにはずっと上っていませんが、タワーから見る桜並木もきれいだと思います。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

訪れるといつも撮る大きなエドヒガンザクラ。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

倉庫の影でシックな感じに。
木曽川堤の桜

木曽川堤の桜

138タワーパークまで行ってから折り返して堤防下のサイクリングロードへ。
堤防下ではお花見をしているかたが多かったです。
木曽川堤の桜

しだれ桜は地面に着きそうなくらい伸びています。
木曽川堤の桜

木曽川堤防にはソメイヨシノも植わっていますが、見頃になるころには早咲きの桜は散っているので
早咲きの桜を見に訪れるなら3月下旬までがおすすめです。
木曽川堤の桜

写真はないですが、大野極楽寺公園のグラウンドにもコヒガンザクラが数十本植わっていました。
この日は予定があったので、メインの場所だけ見て帰路につきましたが、
138タワーパーク内やその西、光明寺公園のほうにも桜並木が続いているので来年は訪れたいと思います。

4月になればソメイヨシノが咲き、今年はどこに行こうか迷いますがいろいろ出かけたいと思います。

走行距離:35.2km

しだれ桜とカタクリ巡りツーリング その2!

  • 2019.04.14 Sunday
  • 13:50

奥山田のしだれ桜を見てからは、巴川(ともえがわ)沿いに足助街道を走り香嵐渓に向かいます。
久しぶりに足助街道を走りましたが、川と山に囲まれ、山肌に咲くヤマザクラを見ながら走りました。

香嵐渓には12時半ぐらいに到着し、さっそくカタクリの群生を見てまわります。
香嵐渓のカタクリ

香嵐渓は紅葉で有名ですが、紅葉のある飯盛山の北斜面にカタクリが群生しています。
山の北西側にあたる入口の太子堂(六角堂)裏にもびっしりと咲いていました。
香嵐渓のカタクリ

香嵐渓のカタクリ

開花状況をHPで調べているときに、ここ数日の寒の戻りで霜がおり、萎えている花が多いとのことで心配していましたが、
訪れたときは萎えたものがあるもののまだまだきれいに咲いていました。
前回の記事のしだれ桜だけを見て帰ろうと思っていましたが、見に来てよかったです。
香嵐渓のカタクリ

前回、岐阜県可児市の鳩吹山のカタクリ群生地を見に行きましたが、鳩吹山はなだらかな斜面にカタクリが広がっていましたが、
飯盛山はほとんどが急斜面に植わっているので、目線や見上げるように観賞したり写真が撮れるのがいいですね。
香嵐渓のカタクリ

香嵐渓のカタクリ

散策道は一方通行となっていますが、残り半分の飯盛山斜面北側は下りながら見てまわります。
こちらは陽が当たらないので、開花が遅いようですが、こちらも萎えているものはあるものの見頃でした。
香嵐渓のカタクリ

時折団体で訪れたかたで賑わっていましたが、紅葉の季節に比べれば静かな飯盛山です。
香嵐渓のカタクリ

群生もきれいですが、「春の妖精」とも言われるカタクリ1つ1つもかわいらしいですね。
香嵐渓のカタクリ

群生の中には目を凝らすと白い花もありました。
香嵐渓のカタクリ

今回はカメラの電池を充電せずに来てしまったので、スマホでも写真を撮りながら残りを見てまわりました。
香嵐渓のカタクリ

香嵐渓のある足助地区は古い町並みもあるので、そちらも一緒にまわるのもいいかもしれません。
また、これからは新緑がきれいなので、飯盛山の香積寺の青モミジもいいですね。

名古屋も桜の開花宣言が出たので、今年はどこに行こうか迷います。
情報を集めながらまた出かけたいと思います。

走行距離:87.6km

しだれ桜とカタクリ巡りツーリング その1!

  • 2019.04.13 Saturday
  • 10:08

3月下旬、ソメイヨシノはまだつぼみのままで咲くまでに時間があったので、
三河方面にしだれ桜とカタクリ巡りツーリングに行ってきました。
しだれ桜は豊田市の行福寺(ぎょうふくじ)と岡崎市の奥山田のしだれ桜、カタクリは香嵐渓です。

まずはいつものように東郷町のほうから抜けて岡崎方面に走ります。
途中、豊田市南西部を走り、岡崎市に入る前に曲がって行福寺に向かいます。
行福寺のしだれ桜

着いたときは参道のソメイヨシノがまだ咲いておらず、大きな駐車場にも車が1台しかいなかったので、
しだれ桜の開花具合が心配でしたが、山門をくぐると樹齢250〜300年になるしだれ桜がきれいに咲いていました。
行福寺のしだれ桜

境内には訪れている間、代わるがわる5人ほどで静かな時間が流れていました。
本堂前には2本のしだれ桜が植わっているので、たくさん咲いているようにみえますが、
訪れたときは少し早い7分咲きほどでした。
小さな子どもでも手が届くぐらいに枝が垂れています。
行福寺のしだれ桜

行福寺のしだれ桜

この日は風もあったので、マクロで撮った写真はほとんどがぶれていましが、どうにか撮れました。
青空に淡いピンクの桜がきれいです。
行福寺のしだれ桜

早くもハチが蜜を集めに飛び回っていました。
行福寺のしだれ桜

根の辺りは木を守るために立ち入り禁止になっているので注意です。
行福寺のしだれ桜

昨年初めて訪れた行福寺ですが、三河地方の桜とお寺のスポットも調べて訪れたいですね。
行福寺でしだれ桜を楽しんでからは、少し走って岡崎市の奥山田のしだれ桜を見に行きます。

行福寺から奥山田のしだれ桜までは約7km、20分ほどで到着です。
住宅地から少し離れたところに、樹齢1300年とも言われるしだれ桜が咲いています。
奥山田のしだれ桜

奥山田のしだれ桜は、持統天皇がお手植えされたと伝えられている桜です。
高さは17m、四方に20m以上の枝張りがあり、愛知県内でも1番大きなしだれ桜です。
下から見上げると改めて木の大きさに圧倒されますね。
奥山田のしだれ桜

今回訪れたときは岡崎市のHPには「満開」となっていましたが、見た目は6分咲きほどでした。
今年は枝先のつぼみも少なく、生育が悪いとの声が多くあり、
昨年もやや花が少ないと聞いたので、来年は花がいっぱい咲く姿を見たいですね。

奥山田のしだれ桜の周りには遊歩道が整備されているので、様々な角度から楽しむことができます。
しだれ桜の咲く南側は山になっていて木を高いところからも見下ろせます。
奥山田のしだれ桜

古木の木ですが、今年も変わらず花が咲くのはすごいことですね。
奥山田のしだれ桜

奥山田のしだれ桜

山をバックに、シックな感じの桜も好きです。
奥山田のしだれ桜

奥山田のしだれ桜は期間中はライトアップがあるので、ライトアップもおすすめです。
またゆっくりと見に来たい場所です。

昨年はソメイヨシノの開花が早く、行福寺境内が桜に囲まれて見どころが多く、
この足で岡崎城にも行きましたが、今年は暖冬で開花が早まると思われていた予想が寒の戻りで遅れているので
このあとは紅葉の名所である香嵐渓にカタクリの群生を見に行ってきました。

その2へつづく。

樹齢120年越え、境内に咲き誇るしだれ桜!

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 20:17

今年の冬は寒いながらも暖冬で、早咲きの桜の開花情報もちらほらと聞くようになりました。
名古屋でも見頃の情報に、夜勤明けで香積院のしだれ桜を見に行ってきました。

職場からは自転車でも10分かからない距離なので、あっという間に到着です。

龍門とも言われる円い山門と、そこから見えるしだれ桜は画になります。
香積院のしだれ桜

 

山門をくぐると、境内に樹齢120年を超えるしだれ桜の大木があります。

当日は曇り空で時折太陽が顔を出すぐらいだったので、あまり色が映えなかったです。

昨年の記事と比べると分かりますが、昨年は地面すれすれまで枝垂れていた枝が、今年は切られてすっきりとしていました。

香積院のしだれ桜


しだれ桜は丸くまとまって咲く姿が可愛いですね。
香積院のしだれ桜


香積院のしだれ桜


下から見上げると境内いっぱいに広がっているように見え迫力があります。

香積院のしだれ桜


香積院は住宅街にあり、静かななかで楽しめます。

この日は天気がよくないのもあってか、土曜日のお昼前でも訪れるかたは少なかったです。

昨年はテレビでも香積院が紹介されていたので、今後、徐々に人気が出るかもしれませんね。

境内にある「ふれあい観音」にある平等院鳳凰堂の鳳凰のレプリカ。

香積院のしだれ桜

ふれあい観音堂上部としだれ桜。
そこにかかる銅鐸もハートもしだれ桜でピンクに染まっています。
香積院のしだれ桜

香積院のしだれ桜

ソメイヨシノよりやや薄い色ですが、春の本格的な訪れを感じる桜はいいですね。
小さな境内をあちこちから見てまわりました。
香積院のしだれ桜

香積院のしだれ桜

青空はないもののほとんど雲が覆った日でしたが、晴れ間のうちに何枚か撮って回ることもできました。
今年の見頃は終わってしまいましたが、これからは春本番、いろんな花を見てまわりたいと思います。

走行距離:7.8km

 

 

 

 

梅の花降り注ぐ農業センターへ梅見ポタ!

  • 2019.03.31 Sunday
  • 21:36

梅が咲いたと思えば、この暖かさでしだれ梅が見頃になっていました。
今回は夜勤前に名古屋市農業センターのしだれ梅を見に行ってきました。

家から近いので、自転車でも15分ほどで到着です。
農業センターに着いた12時半ごろは既に多くのかたで賑わい、
車も農業センターを先頭に、その先の交差点からさらに南北に500mほど渋滞していました。
ここ数年、開園前から多くのかたが開園待ちをする賑わう場所になっています。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

農業センターには約700本ものしだれ梅がある、全国でも珍しい場所とのことです。
この日は風はありましたが、きれいな青空に見頃の梅の花が映えていました。
目線より少し高い場所に植わっていますが、少しか屈んで梅のシャワーを浴びるように下から見る画が好きです。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

いろんな場所に行っても見ているぶんにはとてもきれいですが、枝垂れた感じがカメラでは上手く撮れないですね。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

名古屋市農業センターの枝垂れ梅

メインの場所からは一旦離れて、竹林のほうへ。
こちらは農業指導館裏手で園のはじのほうで訪れるかたが少ない場所です。
しだれ梅はきれいに咲いているので園内では穴場のような場所です。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

竹としだれ梅の共演も定番の場所ですが、カメラを構えたかたが多くいらっしゃいました。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

名古屋市農業センターの枝垂れ梅

また梅園のメインの場所に戻り見てまわります。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

梅の花の色と下草の緑色が合いますね。
梅の木の下にはスイセンや小さな花が植えられていたり、時々土筆も生えています。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

同じような写真ばかりになってしまいますが、メインの場所をあちこちまわってはカメラを向けて歩き回りました。
名古屋市農業センターの枝垂れ梅

名古屋市農業センターの枝垂れ梅

今回は夜勤前で早足でまわりましたが、園内にはほかにも春の花が植わっていたり、
小動物やヒツジに牛などいるので、家族でも楽しめる場所です。

梅の開花情報も次々に出てきたので、また新しいスポットに行きたいと思います。

走行距離:8.1km

大高緑地へ梅見ライド!

  • 2019.03.30 Saturday
  • 09:48

2月末ごろ、梅の開花情報に今回も夜勤明けで出かけてきました。
訪れたのは毎年名古屋でも少し早く見頃を迎える大高緑地の梅園です。
下見がてら訪れたので記事にしようか迷いましたが、せっかくなのでUPします。

この日はどんよりとした雲が広がり、時折陽射しが出るような天気でした。
大高緑地に着いて、まずは梅園入り口から。
遠目では満開のように見え、雪吊りや池の水面にも梅の花の色が映っていました。
大高緑地の梅園

自転車を駐車場にとめ、梅園内を見て歩きます。
大高緑地には梅の種類は不明ですが、約300本の梅の木があります。
遠目では全体的に見ごろのように見えましたが、早咲きが見頃、中咲が5分咲きほどでした。
大高緑地の梅園

梅が咲くともう春が近いと感じますね。
園内にはピクニックをしているかたや散歩をしているかたで賑わっていました。
大高緑地の梅園

大高緑地の梅園

メインの東屋あたりの梅の木はまだ咲き始めのものから見頃のものまで様々です。
大高緑地の梅園

下から見上げる梅の木もいいですが、もう少し晴れてほしかったですね。
大高緑地の梅園

こちらは「思いのまま」という品種で、白と薄いピンク色の2色の梅です。
大高緑地の梅園

薄い黄緑色をした緑咢梅(りょくがくばい)も。
大高緑地の梅園

3月の中旬には全体の見ごろが終わりますが近くで楽しめるのはいいですね。
大高緑地の梅園

園内はとても広く、これから色々な花が咲くのでまた訪れたいです。

走行距離:23.2km

愛知牧場へまったり菜の花ポタ!

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 21:40

仕事の夜勤明け、家にカメラを撮りに寄ってから菜の花を見に走ってきました。
今回は名古屋市の隣、日進市にある愛知牧場の菜の花畑に行ってきました。

訪れたのは2月はじめですが、最初の菜の花畑が見頃になっていました。
自転車をとめた場所からは一番奥で、入り口からは厩舎や牛舎を見ながら菜の花畑へ。
入場料は大人が100円です。

広さは約2,000屐⊃△錣辰討い詼椰瑤鷲毀世任垢、前回の滋賀県の第一なぎさ公園と比べると5,000本ほどだと思います。
菜の花畑の中は「迷路」となっていましたが、見てまわる通路なので、小さな子も迷わずゴールしそうです。
愛知牧場の菜の花畑

日は傾き始めていましたが、青空のもと黄色い花々が眩しかったです。
畑は緩い斜面に植わっているので、青空を背景にきれいに撮れるのがいいですね。
愛知牧場の菜の花畑

今年は園内では3つの菜の花畑が開園予定とのことですが、今回訪れたところは花がやや傷んでいる場所もありました。
愛知牧場の菜の花畑

平日ということもあり、同じ時間に訪れるかたは数名でした。
愛知牧場の菜の花畑

愛知牧場の菜の花畑

菜の花の植わっているところには入れませんが、遠近感を上手く使って通路に立てば、菜の花に囲まれたように撮れそうです。
愛知牧場の菜の花畑

愛知牧場の菜の花畑

菜の花畑に着いて最初に目に入った展望台は、隣の巨大迷路の一部でした。
ここから菜の花が見れたらまた面白いと思います。
愛知牧場の菜の花畑

隣の畑には、時期をずらして植えられた菜の花が間もなく見頃を迎えていました。
4月中旬には3つめの畑にも菜の花が満開になるので、菜の花は花期が長いので一面黄色い景色が広がるかもしれませんね。
愛知牧場の菜の花畑

今回初めて訪れた愛知牧場ですが、夏にはひまわり、秋にはコスモスも咲いているので、
また機会があれば訪れたいと思います。

走行距離:23.2km

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM