BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その3!

乗鞍岳の山頂にある畳平で食事をしたあとは畳平周辺をぶらぶら。
​乗鞍本宮という神社があり参拝したり、お土産売り場で乗鞍グッズを買ったり。

​畳平駐車場にはバスターミナルがあり、バスやタクシーで上がってきたかたが、
剣ヶ峰などへ登山や、エコーラインを歩いてくだって紅葉を見に行かれていました。

畳平駐車場から花畑へ降りると、山の間に雲海が見えました。
​花畑は7〜8月に高山植物が植わり満開になっているそうです。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉙

​このあたりには以前クマが出て、ケガ人も出た場所なので注意ですね。
この日はクマは見ませんでしたが、観光案内所にもクマの目撃情報が出ていました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉚

​前回エコーラインを上ったときは、剣ヶ峰方面に登山もしたいと思いましたが、
この日は岐阜県側のスカイラインを少し走ることにしました。

​スカイライン側を下るとハイマツが一面に広がっていました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉛

乗鞍ヒルクライムと紅葉㉜

​ちょこっと移動したここ一帯もハイマツが多かったです。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉝

​と、見つけた紅葉と、きれいな稜線にできた登山道でしょうか。
登山も好きなので、こんなところを歩いたら気持ちがいいでしょうね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉞

そして畳平から2kmほど下ったところには九十九折のカーブが。
​風景がツールドフランスで出てきそうですね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉟

​これ以上下ると戻れそうになかったので、折り返して、山の反対側を眺めたり、振り返っては写真を撮りました。
​スカイライン側の紅葉についてはあまり情報がありませんでしたが、やっぱりもっと走ってみたくなりますね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㊱

山のくぼんだ所にはハート形の池が見えました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㊲

​スカイラインからエコーラインまで走り、県境からは紅葉の絶景に後ろ髪をひかれつつ帰路につきます。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㊳

下りはブレーキを握りながらも​、上りで息を切らしていたところもあっという間に過ぎ去ってしまいました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㊴

乗鞍ヒルクライムと紅葉㊵

​今回もエコーラインから乗鞍岳を上り、絶景の紅葉を楽しむことが出来ました。
​10月のはじめには周りの上高地や駒ケ岳などの紅葉も見頃の情報がありますが、
​整備された道で自転車で上って見ることのできる山は少ないので、きついながらも楽しかったです。
​スカイライン側の勾配には尻込みしてますが、スカイライン側からも上ってみたいです。

走行距離:30.4km

Other 17:06 comments(2)
絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その2!

乗鞍エコーラインをのぼり、森林限界に入ると、道中は多くのかたで賑わっていました。
​みなさんバスで頂上まで行き、エコーラインを歩いて下りながら、
途中のバス停でバスに乗って帰るかたが多いようです。
​折り畳み自転車を荷物にしてバスで頂上に行かれ、下りのみ自転車のかたもいました。

​このあたりは高木がないので、空と山と紅葉の開けた景色が圧巻です。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​遠くの山々の稜線もきれいです。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​沢の奥に見える白い部分は晩年雪の大雪渓。
この時季でも、大雪渓でスキーを楽しまれるかたもいました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​少し上がって沢の上側から。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

自転車の​ヒルクライマーもぞくぞくとのぼってきます。
​僕自身もここまで来ましたが、上っていても紅葉のきれいさに圧倒され、
​シングルスピードで上ってきた辛さも忘れるくらいでした。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

乗鞍ヒルクライムと紅葉

紅葉だけの景色も素敵ですが、ハイマツの緑に、赤いナナカマドや黄色のダケカンバの木々が
アクセントになっていて、カラフルなのがいいですね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉑

​頂上の畳平手前ですが、絶景に見惚れて自転車も進みません。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉒

​残り500mほどで県境ですが、その手前は山肌に沿った紅葉が見えます。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉓

乗鞍ヒルクライムと紅葉㉔

​写真中央やや左に写るのが、前の記事にある位ヶ原山荘です。
​下から見上げる景色も素敵ですが、上から見下ろす景色はもっときれいですね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉕

​位ヶ原山荘から紅葉を見てきましたが、ようやく山頂に到着。

写真を撮って何度も止まってましたが、3時間弱で上って来れました。
​岐阜県と長野県の県境はヒルクライマーには定番の写真スポットです。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉖

鶴ヶ池前でもパチリ。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉗

​畳平のバスターミナルに着いたら、散策前に腹ごしらえで「自転車定食」をいただきました。
​牛ステーキがおいしかったです。
乗鞍ヒルクライムと紅葉㉘

​食事の後は畳平を散策しスカイラインを少しだけ下ります。

その3へつづく。

Other 13:30 comments(2)
絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その1!

10月に入り、山の紅葉情報を調べていると、乗鞍岳の紅葉が見頃とのことで
乗鞍ヒルクライムと紅葉を楽しんできました。
​今回は紅葉の写真が多くなり、記事を3つに分けます。
 

乗鞍岳には、2つのルートで山頂の畳平まで行けます。
岐阜県高山市の乗鞍スカイライン側は平均勾配7.4%の約14kmのコース、

乗鞍エコーライン側は平均勾配6.7%の約18kmのコースでやや緩いですが、今回もエコーラインを走ります。

国道19号線を5時間ほど車で走り、乗鞍の三本滝のロッジに車をとめて車中泊。
​外気は0度で車内もかなり寒かったですが、写真はないものの夜空はたくさんの星でした。


朝7時前に用意を始めて、朝7時のゲート開門と同時に霜がおりているなか自転車に乗り換えてヒルクライム開始。
​山頂まではずっと登りなので、歩くくらいのスピードでゆるゆると登って行きます。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​目指すは下の写真で白っぽく見える山の山頂あたり。
​三本滝ゲートからは標高900m上がっていきますが、このあたりから木々の紅葉が始まっていました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

三本滝ゲートより先は自家用車の乗り入れが禁止されており、バスかタクシー、自転車のみ通行できます。
​この日は紅葉シーズンで日曜日ということで、ヒルクライマーや登山者がいっぱい。
​挨拶を交わしながら、ゆっくりと上って行きます。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​この日は帰路につくまで快晴で、ガスもなかったので走っていても気持ちよかったです。
​昨年は夏に来ましたが、新緑とはまた違う色とりどりの木々に囲まれた景色は素敵ですね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​ナナカマドの木も。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​上って行くとS字カーブが連続しています。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

S字カーブをいくつか抜けると、位ヶ原山荘に到着。
ここでおでんを食べてちょこっと休憩しました。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​位ヶ原山荘から先は紅葉情報では「見頃」と出ていて、この先には絶景の連続です。
​山荘前からは頂上付近が見える道が多く、残り5kmですが、楽しみに走ります。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​位ヶ原山荘から走ってすぐの場所では、位ヶ原山荘が小さく見え、山頂と大黒岳もくっきり。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

この場所から見下ろす九十九折のエコーラインはとてもきれいです。
​息を切らしながら上ってきた道も、大変さを忘れるくらい。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

また少し走ると森林限界に入ります。
​森林限界は高木の育たない高度ですが、ここからは錦秋の絶景。
走っては撮っての繰り返しで、なかなか終点の畳平に着きません。​
乗鞍ヒルクライムと紅葉

写真中央辺りには雪の残るところも。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

このあたりはポスターにも写真が使われる場所で、三脚を構えたカメラマンでいっぱいでした。

乗鞍ヒルクライムと紅葉

​燃えるように真っ赤なナナカマドがアクセントですね。
乗鞍ヒルクライムと紅葉

​コンデジとiPhoneで写真を撮っていたらかなりの写真の量になってしまい
記事がかなり長くなってしまいますが、最後まで写真だけでも見ていただけたらと思います。

その2へつづく。

Other 22:45 comments(0)
浜名湖1周ツーリング その2!

奥浜名オレンジロードを走っていくと、道沿いに赤砂利稲荷(広玉稲荷)神社があります。

参道に3つある赤い鳥居は珍しいですね。

浜名湖1周ツーリング

 

稲荷神社の前も景色が開けているので浜名湖が見渡せます。

参拝して次の場所に向かいます。

 

オレンジロードから少し道をそれたところへ入ったら、またいい景色。

見下ろしたところは天竜浜名湖鉄道の西気賀駅付近です。

浜名湖1周ツーリング

 

カメラを向けているときに線路が見えたので、電車を待ってズーム。

浜名湖1周ツーリング㉑

 

そしてまたアップダウンのあるオレンジロードを走り、1番見たかった景色を求め

少し下っては折り返し、緑に囲まれたグラベルの道を自転車を押して歩きます。

浜名湖1周ツーリング㉒

 

そして到着したのは奥浜名湖展望公園。

着いたきはどんより雲でかなり真っ暗になり、期待していた絶景も残念なものに。

浜名湖1周ツーリング㉓

 

展望台に登ると同時に雨粒がポツポツ、そして土砂降りになってしまいました。

展望台では雨宿りできるスペースが狭かったので、オレンジロードまで土砂降りの中戻りました。

するとロードに乗った方も東屋で雨宿りをされていたので一緒に雨がやむのを待ちました。

浜名湖1周ツーリング㉔

 

最近はゲリラ豪雨のようなものが多いですが、この時も30分ほどしたら雨がやんだので再出発。

奥浜名湖展望公園から三ケ日方面にはほぼ下り坂ですが、路面が滑りやすくなっているのでブレーキを握りっぱなしでした。

浜名湖1周ツーリング㉕

 

オレンジロードからは三ケ日方面に下り、そのまま奥浜名湖方面の猪鼻湖沿いを走り、瀬戸橋で浜名湖に合流します。

浜名湖1周ツーリング㉖

 

瀬戸橋を越えるとようやく天気も回復してき、予報通り午後は晴れ。

瀬戸橋から湖西に入ったところに自転車乗りの女性オーナーさんの営む「はまなこ みんなのカフェ」がありますが、

お昼時ということもあって混んでいたので今回はそのまま通り過ぎ、湖西を走ります。

浜名湖1周ツーリング㉗

 

湖西はサイクリングロードもありますが、道が入り組んでいるので県道301号線で街中を走ります。

浜名湖1周ツーリング㉘

 

街中では見どころはないものの信号はあまり多くないのでスムーズに走ることができます。

ちょっとだけアップダウンもありますが、ふと見たところに緑の景色も。

浜名湖1周ツーリング㉙

 

湖南まで走り、新居関所跡も写真だけ撮ってきました。

浜名湖1周ツーリング㉚

 

最後の見どころとなるのは弁天島駅前にある弁天島海浜公園へ。

ここからは弁天島のシンボルタワーの鳥居と、浜名バイパスの浜名大橋が見えるいい場所。

前回、浜名湖に来たときは場所がいまいち分からず来ることが出来ませんでしたが、今回は行って眺めることが出来ました。

浜名湖1周ツーリング㉚

 

弁天島海浜公園で休憩をして、最後は車を止めた駐車場に戻り、浜名湖1周ツーリングは終了です。

浜名湖1周ツーリング㉛

 

急な天気の変化で一時はどうなるかと思いましたが、雨を含めて楽しむことが出来ました。

家の帰ってから、また寄りたい場所も新たに見つけたので、次回訪れるのが楽しみです。

 

走行距離:68.1km

 

 

Other 20:00 comments(2)
浜名湖1周ツーリング その1!

いまいちパッとしない天気の続く今年の8月ですが、ようやく自転車で出かけることができました。

今回は静岡県西部にある浜名湖の浜名湖1周ツーリングをしてきました。

前回は2年前に後輩と走りましたが、今回はソロでの「はまいち」こと浜名湖1周です。

 

朝5時半に車に自転車を積んで浜名湖へ向かい、下道で走って8時半に到着。

前回と同じ中之島大橋にある駐車場に車を止めて自転車を下ろしてさっそく湖沿いに走ります。

浜名湖1周ツーリング

 

走り始めてすぐ、浜名湖フラワーパークを過ぎると遠くに黄色いひまわり畑が見えてきたのでさっそく寄り道。

こちらは「ふじのくに美農里プロジェクト」が開催するひまわり畑だそうです。

本数は1万本ほどだと思いますが、満開のひまわりがきれいでした。

浜名湖1周ツーリング

 

もとは浜名湖フラワーパークにひまわり畑が8月上旬に設けられていたので見に来ようと思っていましたが、

今回のツーリングの計画の中にひまわり観賞は予定していなかったので思いがけないひまわり畑は嬉しかったです。

ここのひまわり畑にはハナムグリがたくさんいました、下の写真の右下に写る虫です。

浜名湖1周ツーリング

 

ミツバチと一緒に。

浜名湖1周ツーリング

 

アゲハ蝶も飛んでいました。

短い時間でしたが、同じタイミングで来られた方と少し話しながらひまわり観賞をしました。

浜名湖1周ツーリング


ひまわり畑から少し走ると浜名湖周遊自転車道へ入ります。

浜名湖1周では湖沿いに走ってもほとんど平坦で約65kmほどの道のりですが、

湖東は湖沿いに走れる場所が多いのでまったりと景色を楽しみながら走ります。

サイクリングロードでも歩行者がいたり、道が狭かったり直角に曲がる場所もあるのでスピードには注意です。

浜名湖1周ツーリング

 

サイクリングロードでは時々サワガニが横切るので、ひかないかヒヤッとします。

浜名湖1周ツーリング

 

浜名湖1周ツーリング

 

走って10kmほどで舘山寺エリアへ。

このあたりは温泉街で、旅館やホテルがあります。

浜名湖1周ツーリング

 

ホテル九重(ここのえ)の裏手には小さな足湯場「水神の松」があります。

まだ走って間もないので全然疲れてないですが、ささっと足だけ温めました。

浜名湖1周ツーリング

 

「水神の松」前の浮御堂と大草山。

浜名湖1周ツーリング

 

ここからは少しだけ湖を離れますが、気賀エリアに向かって走ります。

浜名湖1周ツーリング

 

気賀エリアに入ってから細江神社横の坂道を上がっていきます。

前回は湖沿いの平坦なコースでしたが、今回はこの先にある奥浜名オレンジロードを走り、

山の上からの景色を眺めようと、アップダウンのあるコースを選び、いざ坂へ。

浜名湖1周ツーリング

 

走ってすぐに勾配8%前後の坂道になりますが、1kmを徐々に上がっていくのでピストでもどうにか坂を上り切りました。

上った先にある「国民宿舎 奥浜名湖」駐車場奥にある展望デッキからはこの眺め。

浜名湖1周ツーリング

 

国民宿舎前の交差点で直進すれば尉ヶ峰(じょうがみね)に行きます。

最初は尉ヶ峰に行く予定でしたが、道があまりよくないとのことで、今回はオレンジロードを選びました。

オレンジロードは長いアップダウンがあるものの道路もきれいで走りやすい道です。

浜名湖1周ツーリング

 

オレンジロードの脇には名前の通りみかんが植わっています。

まだみかんは青いですが、オレンジロードの先にある三ケ日エリアはみかんが有名です。

浜名湖1周ツーリング

 

走っているときに山の斜面に見えるみかん畑と、浜名湖の景色は絶景です。

みかんの色づく秋にはオレンジ色の景色が見えるかもしれませんね。

浜名湖1周ツーリング

 

オレンジロードの坂は、足を付きたくなるほどの急勾配ではない、ピストでもちょういいくらいの坂です。

緑に囲まれ、時折開けた場所から見下ろす浜名湖が走っていて楽しかったです。

浜名湖1周ツーリング

 

この先も楽しく走ってきました。

写真が多くなるので、次の記事に続きます。

 

その2へつづく。

 

Other 19:59 comments(0)
秋の鎌倉ポタリング その2!

鎌倉市中心部の寺社を巡ったあとは、海岸に向かいながら郊外の寺社めぐりへ。

 

まずは坂の上にある錢洗辯財天 宇賀福神社へ。

鎌倉駅からでも徒歩で20分くらいで到着します。

秋の鎌倉ポタ

 

ここは金運上昇を祈願する神社で、岩穴を抜けたところにある境内は多くの人で賑わっていました。

宇賀神と弁財天の祀られている洞窟では、ざるにお金を置き、霊水の錢洗水でお金を清めることで金運上昇のご利益があります。

秋の鎌倉ポタ

 

ちょっと欲張りすぎたでしょうか。

ここで清めたお金は出来るだけ早めに使ったほうがご利益があるようです。

乾かしてから使うので少しシワになりますが、夕食時に支払ったときにレジのかたに機械に通るか苦笑いされました。

秋の鎌倉ポタ

 

坂を1km弱下ったところにあるのは鎌倉大仏で有名な高徳院。

サルスベリのピンクの花がきれいでした。

秋の鎌倉ポタ

 

写真には写っていませんが、高徳院も境内は参拝されるかたでいっぱいでした。

秋の鎌倉ポタ

 

以前、大仏殿のあったときは金箔塗りだったとも言われ、今でも右頬のあたりにうっすらと金箔が残っています。

最近はイケメン大仏とも言われるようですね。

秋の鎌倉ポタ

 

逆光で分かりにくいですが、後ろ側は小さな扉のようになっています。

大仏の胎内には20円で入ることが出来、胎内も見てきました。

秋の鎌倉ポタ㉑

 

大きなわらじ。

秋の鎌倉ポタ㉒

 

鎌倉大仏を見たあとは鎌倉から藤沢までを走る「江ノ電」沿線を走ります。

場所によっては沿線に柵もないところを走っているので、路肩を自転車で走っていても注意です。

電車の写真はあとに少しだけ出てきますが、レトロでかわいらしい電車です。

 

父が行きたいと言っていたテレビドラマに出てきていた極楽寺駅。

ちらっと見えますが、駅舎にはドラマ出演者のサインもありました。

秋の鎌倉ポタ㉓

 

駅裏手にある極楽寺はアジサイ寺としても有名で、近くの長谷寺とも一緒にまわってみたいですね。

極楽寺駅からは住宅街を抜けて、江ノ電も海沿いに出て走ります。

自転車でも海沿いを走ることが出来ますが、路肩が狭いので飛ばし過ぎには注意です。

 

江ノ電沿線の撮影スポットへ。

まずはミュージックビデオの撮影地の七里ガ浜高校横の坂。

勾配10%の坂が200mほどつづき、一気に駆け上がり振り返って1枚。

下りは思わず歌いたくなりますが、あっという間に下ってしまいました。

 

秋の鎌倉ポタ㉔

 

つづいて、アニメ『スラムダンク』のオープニングのシーンに出てきた場所でいわゆる「聖地」です。

父のように、『スラムダンク』を知らないかたには何を撮っているかわからないと思いますが、

今は踏切は観光地にもなっていて、江ノ電が通るときは日本人だけでなく中国や韓国のかたで賑わっていました。

一般的な踏切なので、車や歩行者も通るので写真に夢中にならないよう注意ですね。

秋の鎌倉ポタ㉕

 

ここから次の目的地、江の島までは数kmでしたが、弟のレンタル自転車の返却時間が近くなってきたので

踏切反対側の海岸に降りて、少しだけ海で波に戯れたり写真を撮って帰路につきました。

秋の鎌倉ポタ㉖

 

秋の鎌倉ポタ㉗

 

帰りは海沿いに鎌倉駅に向けて真っすぐ走りました。

海にはサーフィンやSUPを楽しんでいるひとでいっぱい、

海沿いにはおしゃれなお店があったり、フリマをしていたりと異国のような雰囲気でした。

 

16時半に鎌倉をあとにしてましたが、帰りの高速で雲の間から富士山を見ることが出来ました。

ちなみに前日が初冠雪だったようです。

秋の鎌倉ポタ㉘

 

最後は箱根にある箱根湯僚にて温泉に浸かってから帰りました。

箱根湯僚は疲れも飛ぶくらい、いい温泉でした。

 

今回のポタリングは速度も距離もまったりでしたが、雨続きの中の晴れ間、初めての鎌倉散策を楽しむことが出来ました。

食事も自転車も温泉も良く、次回はアジサイの季節に行きたいですね。

遠出して走りたいところはまだまだあるので、家族でもまた行けたらと思います。

 

走行距離:22.5km

Other 19:50 comments(0)
秋の鎌倉ポタリング その1!

9月後半のことですが、家族3人で自転車をもって鎌倉・湘南ポタリングをしてきました。

父とは以前、渥美半島を走りましたが「またどっか走りたいね」と話していたことがきっかけで、

今回は、遠い昔に名古屋から京都舞鶴までママチャリで自転車で走った父と、自転車には全く乗らない弟と3人で出かけました。

 

1泊で行きましたが、前日はあいにくの雨だったものの、

神奈川方面に向かいながら、静岡県焼津市で海の幸を食べたり大覚寺、三島スカイウォーク、三島大社に寄っていきました。

2日目は朝からしっかりと晴れ、暑いくらいの1日となりました。

ホテルから鎌倉駅前に移動し、自転車を組み立て、弟はレンタサイクルにて自転車を借りて寺社巡りスタート。

自転車のペースは父に合わせてまったり走りました。

 

まずは鎌倉の中心で、鎌倉駅からすぐの鶴岡八幡宮へ。

言わずと知れた、鎌倉幕府を開いた源頼朝のゆかりの神社です。

あじさいや紅葉の時季はもっと人が多いだろうということで9月にしましたが、やはりこの時期でも参拝客が多いです。

秋の鎌倉ポタ

 

鶴岡八幡宮は1度は訪れて見たかった場所。

秋の鎌倉ポタ

 

鶴岡八幡宮のシンボルだった樹齢1000年とも言われる大きなイチョウは、

残念ながら6年前に強風で倒れてしまったので見れませんが、近くに移植され若芽が出て育っているようです。

秋の鎌倉ポタ

 

参拝後には境内にリスを発見、かわいいですね。

秋の鎌倉ポタ

 

予定が詰まっているので、やや急ぎ足で進みます。

自転車は境内には止める場所がないので私営の駐輪場に止めましたが、

鶴岡八幡宮周辺には大きな寺社が集まっていて、徒歩でも移動できるので、次は向かって左隣にある建長寺へ。

建長寺は鶴岡八幡宮から徒歩10分ほど坂道を進んだところにあります。

 

開山が北条時頼、初代住職が蘭渓道隆など、歴史の授業で習ったものが説明文にあり、目の前で観賞できました。

秋の鎌倉ポタ

 

荘厳な造りで圧倒されます。

秋の鎌倉ポタ

 

国宝となっている茅葺きの梵鐘も。

秋の鎌倉ポタ

 

ほかの廟(びょう)から移築された唐門。

秋の鎌倉ポタ

 

建長寺庭園と得月楼、京都とはまた違う雰囲気の庭園でした。

秋の鎌倉ポタ

 

ちなみに建長寺は一説では「けんちん汁」発祥の地と言われ、周りにはけんちん汁を提供するお店があります。

食べたかったのですが、予定いっぱいの今回のポタリングでは食べれず、また行きたいですね。

 

建長寺参拝後は鶴岡八幡宮前から再び自転車に乗って、反対側の報国寺へ向かいます。

道路も路肩が狭いので走るときは注意ですね。

途中、父が見たいと言って寄った鎌倉幕府(大蔵幕府)が開かれたと言われる場所には、石碑のみありました。

秋の鎌倉ポタ

 

それから少し走ると報国寺があります。

ここは「竹の寺」として竹林を歩くことが出来、京都府の嵯峨野にある「竹林の道」のように鎌倉でも有名です。

秋の鎌倉ポタ

 

竹林の緑色が素敵な場所ですが、参拝客が多く、足早に写真を撮って回りました。

ここで初めて「魚眼モード」での撮影。

秋の鎌倉ポタ

 

秋の鎌倉ポタ

 

小さな竹林ながらもとても癒される風景でした。

報国寺を見てからはまた鎌倉駅まで戻ります。

途中の鶴岡八幡宮の参道にて。

この参道、一見真っすぐに伸びた参道ですが、手前は幅4mほどあるものの奥に進むにつれ狭くなっていて幅3mまで狭まっています。

目の錯覚でより長く見えることで、奥の拝殿を厳かに見せるとも言われているそうです。

秋の鎌倉ポタ

 

歩いて散策なら、この参道を通ってから鶴岡八幡宮に参拝し、

帰りは1本左の小町通りで鎌倉土産を買ったり食べ歩きしてもいいかもしれませんね。

このあとは鎌倉大仏などを見て、海岸沿いを走ります。

 

その2へつづく。

Other 13:23 comments(2)
念願の乗鞍ヒルクライム その2!

休暇村乗鞍高原から13kmほど走ってきて位ヶ原山荘で休憩しました。

ここまでで標高を1000mほど上がってきていたようです。

 

位ヶ原山荘からは山頂まで残り5km、標高350mを山頂を眺めながら進みます。

乗鞍ヒルクライム

 

九十九折になった走ってきた道が見えるのもいいですね。

乗鞍ヒルクライム

 

残り3kmほどで森林限界に入ります。

高木の育たない高度に入りましたが、思い返せば山頂まで酸素の薄さは感じず、高山病にもならず進んでいました。

山頂に向けてテンションがあがっていたので気付かなかったかもしれないですが、最後まで不調はありませんでした。

乗鞍ヒルクライム

 

紅葉の始まっている木々もちらほら。

もう2か月もしたらきれいな紅葉で染まっているかもしれません。

はじめは紅葉の時季にエコーラインを走ろうと思っていましたが、紅葉の時季にも来たいですね。

乗鞍ヒルクライム

 

森林限界に入ってからは乗鞍の山々の頂上を見ながら走れます。

写真中央ぐらいの白いところが万年雪の大雪渓ですが、見ることが出来ました。

乗鞍ヒルクライム㉑

 

乗鞍ヒルクライム㉒

 

この辺りで、三河ナンバーの車(特別許可車)のかたがいたので少し話していましたが、

とあるHPを運営されているかたで、シングルスピードギアで登ってきたということで恥ずかしながらも写真を撮っていただきました。

かっこいい顔ではないので見るに堪えないですが、載せていただいて感謝です。

乗鞍ヒルクライム㉓

 

下の写真のカーブを抜けると間もなくゴール。

追い越していくロード乗りのかたにシングルスピードで登っていることをビックリされながら挨拶を交わしました。

乗鞍ヒルクライム㉔

 

そしてスタート地点から3時間ちょっとで最高地点に到着。

道の両側の県境の看板と記念撮影をしました。

到着したときは少し霧に包まれていましたが、すぐに予報通りに晴れたので1人写真撮影大会。

乗鞍ヒルクライム㉕

 

乗鞍ヒルクライム㉖

 

写真を撮っていると何名かのロード、電動マウンテンバイク乗りのかたが同じようにヒルクライムされていました。

早い人では1時間くらいで登ってきてしまうのですごいですね。

多い日では自転車乗りが150名近くいるようで、ヒルクライマーには人気の場所ですね。

 

自転車では上の写真の場所までが最終ゴール地点ですが、バスやタクシーの止まる畳平に向かいます。

バスやタクシーで来る方はここから山頂までのハイキングを楽しむかたが多くいます。

自分も写真左側につづく摩利支天岳(まりしてんだけ)山頂まで登ろうと思いましたが、時間を気にして登らずに帰ってしまいました。

体力もまだ残っていたので、ここまで来たら登っておくべきでした。

乗鞍ヒルクライム㉗

 

気温は18度ほど、走ってきたときの熱でちょうどいいくらいでした。

鶴ヶ池には青空がうっすら映っていてきれいでした。

乗鞍ヒルクライム㉘

 

ここまでの道中もですが、畳平付近では熊の目撃情報があったようで、以前もケガ人が出ていたようです。

今回は見ませんでしたが、下手すると命に関わるので正しい知識も見つけておいたほうがいいですね。

乗鞍ヒルクライム㉙

 

畳平では飲食店や神社、お土産屋さんがあります。

軽くおにぎりと豚汁を食べたり参拝したり土産を見たりと観光気分で過ごし休憩。

乗鞍ヒルクライム㉚

 

ゴール地点に戻ってまた写真を撮ったり。

乗鞍ヒルクライム㉛

 

シングルスピードで登ってきた喜びもひとしお、景色も天候に恵まれて最高で、下るのがもったいないくらい。

もちろん登ったからには下らないといけないので、ナイロンパーカを着て下りへ。

乗鞍ヒルクライム㉜

 

登山もおなじですが、登りより下りのほうがリスクが高いのでブレーキを半分かけながら下ります。

昼過ぎでも登ってくるバスやヒルクライマーがいるのでスピードには注意です。

S字カーブはブレーキをかけていても怖いくらいでしたが、あっという間にスタート地点の休暇村乗鞍高原へ。

帰りは車窓からソバ畑の満開のソバの花を見て帰りました。

 

エコーラインは5月中旬-10月末頃は夏山や紅葉を楽しめるので是非とも再訪したいです。

岐阜県高山市の乗鞍スカイライン側は勾配がきついのですが1度は登ってみたいですね。

とても満足したヒルクライムでした。

 

走行距離:36.7km

Other 19:49 comments(8)
念願の乗鞍ヒルクライム その1!

8月下旬、念願の乗鞍ヒルクライムに行ってきました。

たまの3連休最終日、乗鞍の山の天気予報を見ていたら登山日和となっていたので、思い立って行ってきました。

もちろん登るのはシングルスピードの自転車です。

 

今回は乗鞍エコーラインのある長野県松本市側からのスタートとしました。

岐阜県高山市の乗鞍スカイライン側は平均勾配7.4%の約14kmのコースですが、

乗鞍エコーライン側は平均勾配6.7%の約18kmのコースでやや緩いですがまずはこちらを走ることにしました。

 

スタート地点に設定した休暇村乗鞍高原までは下道で5時間ほどの道のり。

長野県に入ったくらいで雨がザッと降っていたので天気が心配になりましたが着いた頃には晴れていました。

国道19号線では、片側1車線の曲がりくねった道をトラックがあおってくるので

運転に不慣れな人は高速で松本まで行ったほうがいいかもしれませんね。

 

仮眠をとったあと、スタート地点の休暇村乗鞍高原を朝7時に出発。

出発地点の写真を撮るのを忘れましたが、スタート早々、上り坂が始まりました。

乗鞍ヒルクライム

 

約18kmものヒルクライムは初めてですが、ペースを乱さないようにゆっくり走ります。

緩い勾配のところもありましたが、ギアが1枚しかないので焦らずじっくりと。

乗鞍ヒルクライム

 

30分くらい走ったところでちょっと休憩、この時点で息が切れていました。

このロッジから先は自家用車の乗り入れが禁止されており、バスかタクシー、自転車のみ通行できます。

乗鞍ヒルクライム

 

ここからもペースを崩さずゆるゆると登って行きました。

高山植物や生き物は詳しくないですが、何か見つけては写真を撮りました。

乗鞍ヒルクライム

 

少し走っただけで、先ほどのロッジが眼下に見えます。

この辺りは冬にはスキー場になっているそうです。

乗鞍ヒルクライム

 

写真を撮っているとスイス人カップルのかたが追い抜いていきました。

乗鞍ヒルクライム

 

バスやタクシーが時々通っていくだけでほぼ貸し切り状態。

乗客のかたには窓越しに白い目で見られますが自転車もいいです、根気と体力があればおすすめです。

 

道路沿いの自然もきれいです。

自転車で走ることが出来る道の最高地点ということもあって、自転車のヒルクラマーに人気なのがわかります。

この日の2日後の8月28日には全日本マウンテンヒルクライムin乗鞍のヒルクライムのイベントがあったためか

ロード乗りのヒルクライマーが何名か追い越していきました。

乗鞍ヒルクライム

 

乗鞍ヒルクライム

 

S字カーブも。

乗鞍ヒルクライム

 

今回はミニ三脚も持って行ったので自撮りしてみたり、まったり登って行きました。

登りは軽装ですが、バッグの中にナイロンパーカを持っていってます。

山の天気は変わりやすいので急に霧に包まれたり、下りでは汗をかいた体が冷やされてしまうので必携です。

乗鞍ヒルクライム

 

走れども走れども坂です。

木々や小さな滝にエールをもらいながら漕ぎ進みます。

乗鞍ヒルクライム

 

乗鞍ヒルクライム

 

乗鞍ヒルクライム

 

乗鞍ヒルクライム

 

そして走って行ったところに、ようやく休憩ポイントの位ヶ原山荘があり、ちょっとだけ休憩。

乗鞍ヒルクライム

 

山荘のかたの話ではここから頂上までは残り5kmとのこと。

ここまでの13kmほどはしんどかったですがあっという間、もうひと踏ん張りですね。

 

山荘前からは頂上が見えていました。

頂上は天気がよさそうなので、休憩後も頑張れました。

乗鞍ヒルクライム

 

このあとも坂が続きますが、ロード乗りのヒルクライマーに抜かされつつもゆっくり走ります。

森林限界からの景色も絶景でした。

 

その2へつづく。

Other 19:26 comments(2)
醒ヶ井の梅花藻と緑の峡谷ポタ!

先日、滋賀県米原市へ醒ヶ井の梅花藻と峡谷を見に再訪してきました。

7月末に見ごろになったころに行きましたが、梅花藻に色を添えるようにサルスベリの花が散り

さらに見頃となったので醒ヶ井駅前の地蔵川へ再訪、そして近くの醒井峡谷に行ってきました。

 

醒ヶ井に到着したのは朝6時頃。

前日に地蔵まつりがあったようで、町中には提灯が残っていました。

醒ヶ井の梅花藻?

 

静かな町の中を梅花藻の咲く地蔵川に沿ってぶらぶら。

梅花藻は水中花ですが、地蔵川の水量も多すぎず川面から顔を出した梅花藻を観賞することが出来ました。

前日も雨が降っていたのできれいに見ることが出来るか気になっていましたがよかったです。

醒ヶ井の梅花藻?

 

きれいに咲いているのは醒ヶ井資料館前に多くありました。

川の下流のほうは少し萎えていましたが、前回訪問時に咲き始めていた資料館前が見ごろでした。

醒ヶ井の梅花藻?

 

醒ヶ井の梅花藻?

 

梅花藻を観に訪れるかたは平日のためか数名のかたのみでした。

地蔵川は民家の前を流れているので、早朝は挨拶をしながらまったり観賞してきました。

醒ヶ井の梅花藻?

 

梅花藻は小さな花なので水面ギリギリにカメラを構えていたのですが、

カメラを落とさないかひやひやしながら撮ってました。

醒ヶ井の梅花藻?

 

梅花藻は水温14℃ほどのところでしか咲かないそうです。

冷たい川にはスイカも冷やされていました。

醒ヶ井の梅花藻?

 

ハグロトンボもまた見かけました。

醒ヶ井の梅花藻?

 

梅花藻を観ながら歩いていくと、地蔵川の水源となる「居醒の清水」があります。

湧き出る水は冷たく透き通るきれいな清水です。

醒ヶ井の梅花藻?

 

モミジもあったので、秋にはきれいな紅葉のミニスポットかもしれませんね。

醒ヶ井の梅花藻?

 

醒ヶ井の梅花藻?

 

梅花藻を観たあとは少しだけ自転車を走らせて、醒ヶ井養鱒場(ようそんじょう)のほうへ。

その手前には小さな醒井峡谷があるとのことで気になったので行ってみました。

緩い坂を走っていくと峡谷が見えてきました。

醒井渓谷?

 

川面から霧が出ていて幻想的な風景。

醒ヶ井の町中から2kmもないですが素敵な景色が広がっていました。

醒井渓谷?

 

峡谷は短いながらも養鱒場に向かう人以外は通らないのでゆっくり楽しめました。

ここも紅葉の時季はひっそりと絶景になっているかもしれませんね。

醒井渓谷

 

醒井渓谷

 

醒ヶ井の梅花藻はサルスベリの花とともに楽しむことができました。
梅花藻を楽しむことができる場所は少ないので、また見に行きたいです。

このあとは大垣のひまわり畑を再訪してきました。

また記事にUPします。


走行距離:3.2km

 

Other 16:09 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • モリコロパークのコスモス畑!
    いわし (10/19)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その3!
    まさ (10/16)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その3!
    いわし (10/15)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その2!
    まさ (10/12)
  • 絶景の紅葉、乗鞍ヒルクライム その2!
    いわし (10/10)
  • 半田市矢勝川の300万本のレッドカーペット!
    まさ (10/07)
  • 来年に期待、希少なカラフルな彼岸花!
    まさ (10/07)
  • 半田市矢勝川の300万本のレッドカーペット!
    いわし (10/05)
  • 来年に期待、希少なカラフルな彼岸花!
    いわし (10/05)
  • 満開のコスモス畑といなべ市花めぐりポタ その1!
    まさ (10/03)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS