津屋川の彼岸花レッドカーペット!

  • 2019.10.18 Friday
  • 21:15

10月に入って、急に肌寒くなる日もありますね。
仕事も徐々に落ち着いてきたので、今回は津屋川の彼岸花を見に出かけてきました。
朝は通勤ラッシュの中を走り、東海大橋を渡って岐阜県に入ります。

揖斐川を渡ってから少し走って津屋川堤防に抜けます。
津屋川堤防は道が荒れているところもありますが、堤防法面に咲く彼岸花を見ながら走ります。
このあと訪れる南濃梅園あたりのメインのところもきれいですが、南北もきれいです。
津屋川の彼岸花

メインの場所に移動すると、堤防に多くの彼岸花が咲いていました。
彼岸花の咲く堤防の川面ぎりぎりに植わっていた木が切られていたので、少しすっきりした印象です。
訪れた日は雲が多いものの、見に来られるかたが少なかったのでのんびり観賞できました。
津屋川の彼岸花

今年の津屋川の彼岸花は9月下旬に川面に近いところだけが咲いていたので、
天候による生育不良があちこちの彼岸花群生地であったようなので津屋川も期待していませんでしたが、
例年より1週間ほど遅れながらも今年も堤防一面にきれいに咲いてくれました。
ちなみに9月下旬には投網のパフォーマンスがあったようで、以前行われていたものの見たことがないので
また来年おこなって見に行ってみたいです。
津屋川の彼岸花

津屋川の彼岸花

堤防のお地蔵さんも、いつものように彼岸花が供えられていました。
津屋川の彼岸花

例年に比べるとやや少なく感じますが、ずっと続く彼岸花と、まわりの景色が津屋川の魅力ですね。
津屋川の彼岸花

堤防沿いに北に歩いたところには数本の白い彼岸花も。
津屋川の彼岸花

北に行くにつれ、色褪せているものも目立ってきますが、まだ数日は楽しめそうですね。
津屋川の彼岸花

「ハリヨ生息地」の看板より北にも1.5kmほど彼岸花のレッドカーペットは続きますが、
メインの場所からここまで見に来られるかたは少ないので、ゆっくりと見て楽しむことができます。
北側の彼岸花は少し見ごろが早かったのか、北に向かうほど色褪せているものが多かったです。
津屋川の彼岸花

津屋川の彼岸花

メインの場所からまた南に離れ、津屋川堤防を走りながら帰ります。
南側の堤防はこの記事の写真1枚目のようにきれいに咲いていますが、津屋川と並行して走る養老鉄道が見える場所も。
最近は車両が赤紫色のものからシルバーに変わりつつあるようで、ちょっと寂しさもありますね。
津屋川の彼岸花

昨年見つけた排水機場前にある畦道(あぜみち)の彼岸花の群生は既に萎えていたので写真は撮らず
さらに下った堤防下にいるヤギと彼岸花を見て帰路につきました。
津屋川の彼岸花

津屋川の彼岸花は10月はじめあたりまで楽しめると思うので、出かけられるかたはお早めにでかけるのをおすすめします。
彼岸花は各地で一気に咲き始めましたが、ほかの予定もあるのでまた次回の楽しみとなりそうです。

走行距離:72.6km

スポンサーサイト

  • 2020.06.19 Friday
  • 21:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM