圧巻の美濃のもみじツーリング!

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 17:44

今年の紅葉は遅いと言いながらも、近場でもどこも見頃になってきました。
今回は岐阜県方面、美濃市大矢田神社の紅葉を見に行ってきました。
当日はほかの用事が入り名古屋から実家の間のみのライドで、実家から大矢田神社は車での移動です。

大矢田神社はいままで行きたかった場所で、昨年は記事にUPしていませんでしたが昨年はじめて訪れました。
着いたのは14時ごろで平日でも駐車場は満車に近いぐらいでした。
まずは神社の鳥居をくぐって進んでいきます。
大矢田神社の紅葉

大矢田神社の紅葉は約3,000本もの自生したモミジがあり、毎年11月下旬ごろに鳥居から本殿にかけて順に色付くようで
今年は全国的に色付きがやや遅く、大矢田神社にもいつ行こうか情報を見ていて、
26日に訪れたときはちょうど楼門あたりが見頃のピークでした。

1723年に再建されたという荘厳な山門の楼門のあたりは大矢田神社の見所の1つです。
色付きは真っ赤ではなく赤から緑までの5色で染まり色とりどりです。
大矢田神社の紅葉

神社にはふつう山門はないのですが、大矢田神社はもとはお寺もあったので、その名残です。
大矢田神社の紅葉

楼門をくぐってから振り返ってパチリ。
大矢田神社の紅葉

楼門からは本殿までは長い階段があります。
このあたり一帯はまだ緑色の樹々がほとんどですが、見上げた枝先のみ色付いていました。
大矢田神社の紅葉

手水舎から参道を挟んだところは真っ赤に色付き、その色が手水舎にも映っています。
個人的には柄杓のわずかな水にも色が映っているのが惹かれます。
大矢田神社の紅葉

さらに階段を上がって拝殿と本殿へ。
拝殿と本殿は楼門よりさらに前の1670年ごろに再建されたようです。
大矢田神社の紅葉

室町時代から伝わると言われる人形劇「ひんここ祭り」の人形も。
大矢田神社の紅葉

拝殿前から振り返った景色も見惚れてしまいます。
隣には伊勢神宮を遥拝する石碑も。
大矢田神社の紅葉

本殿裏の天王山への登山ルートを200mほど進みましたが、山の紅葉もうっすらだったのですぐに引き返しました。
さきほどの手水舎からは坂を下りながら紅葉のトンネルを進みます。
大矢田神社の紅葉

大矢田神社の紅葉

参道には少しだけ屋台も出ています。
楼門まで戻ってきてまたカメラを構えてあちこちから撮ります。
大矢田神社の紅葉

楼門の先に鳥居が入るのはなかなかない風景ですね。
大矢田神社の紅葉

大矢田神社の紅葉

鳥居の前にも紅葉した樹々が並びますが、このあたりも駐車スペースになっているので車がいなくなるまで待ちました。
訪れるかたも途切れず、かなり粘って人がいなくなるまで待ちます。
写真を撮るなら早朝か日が傾く16時ごろがいいかもしれませんね。
大矢田神社の紅葉

大矢田神社の紅葉は楽しむことが出来ました。
来年は美濃市街地の景色も楽しみながら自走で行ってみたいですね。

走行距離:54.8km

スポンサーサイト

  • 2020.06.19 Friday
  • 17:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM