絶景の鈴鹿の森しだれ梅園ツーリング!

  • 2020.02.27 Thursday
  • 18:21

梅の開花もあっという間にあちこちで咲きピークを迎えています。

今回は鈴鹿市の鈴鹿の森庭園のしだれ梅を見に行ってきました。

 

昨年初めて自走で現地まで行き、しだれ梅を楽しみましたが、今回も同様に自走で行ってきました。

前回同様、熱田神宮あたりからひたすら1号線を走り鈴鹿市へ向かいます。

3時間半ほどかけて鈴鹿の森庭園に到着すると駐車場待ちの車はないものの、多くの人で賑わっていました。

入場料は開花具合によって500〜1,700円とまちまちで、この日は見頃の期間で1,700円でした。

 

入ってすぐ、まずは見晴らし台に上がります。

見晴らし台は少し高い位置になっていて、しだれ梅と御在所岳(ございしょだけ)などの山々との共演が見られます。

今年は暖冬の影響か雪もほとんど見られませんでした。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

「鈴鹿の森庭園」は赤塚植物園グループという会社が運営している研究栽培農園で、

日本全国から集められた世界最大級のしだれ梅が何本も植わっているそうです。

 

園内のしだれ桜はどこも満開で、風はややあるものの青空のもとあちこちにカメラを向けました。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

前回の名古屋市農業センターよりも大きな木が多く、下から見上げるしだれ梅は梅のシャワーも上手く撮れました。

しだれ梅の品種の1つ呉服枝垂(くれはしだれ)は、濃いピンクの花が青空に映えますね。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

少し屈んだところから見るしだれ梅も絶景ですね。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

一旦、入口のほうへ戻り、日本最古とも言われている呉服枝垂の2本「天の龍」「地の龍」を。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

園内にはメジロもちらほらですが見ることが出来ました。

他のかたもメジロを狙って、木の周りには多くのかたがカメラを構え集まってきていました。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

こちらは地を這う龍のような姿から「臥龍梅(がりゅうばい)」という名前が付いています。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

ぶらぶらしながらカメラをいじって雰囲気を変えて撮ってみた1枚。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

園内奥にはしだれ梅以外の梅や河津桜もちらほらあります。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

全体としては見頃はピークですが、散り始めもきれいです。

また、夜はライトアップも行っているので、今回は見れませんでしたが、見てみたいです。

鈴鹿の森庭園のしだれ梅

 

今年のしだれ梅の見頃は終わってしまいましたが、来年もまた行きたい場所です。

梅もしだれ梅も見に行きたいところがまだまだ多くありますが、またどこか見に行きたいと思います。

 

走行距離:124.1km

スポンサーサイト

  • 2020.06.01 Monday
  • 18:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM