山の奥に広がる黄金の世界へ!

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 18:17

*3月に訪れたときの記事です。

 遅ればせながらも未公開の記事をUPしていきます。

 新型コロナウイルスの影響で是小國外出自粛が要請されています。

 終息時期は分かりませんが、大切な人を守るために不要不急の外出は避けましょう*

 

今回は以前から気になっていた岡崎市千万町町のミツマタの群生を見に行ってきました。

いつもの岡崎市へ抜ける道を走りながら、岡崎市の大樹寺前から山の方面へ走ります。

 

岡崎市千万町(ぜまんぢょう)町は山奥にありますが、基本的にはアップダウンがほとんどない乙川沿いを走るルートですが、

途中から道を間違え、勾配が10%を超える坂を上っては下ってを繰り返します。

山の中で車もすれ違うことがなかったので少し不安でしたが、ヒルクライムは気持ちいいですね。

千万町町のミツマタ

 

元のルートの乙川沿いからも集落と山の繰り返しで、家から約3時間少々で千万町のミツマタ群生地に到着です。

入口は下の写真の茅葺き屋根の建物で、車ならこの場所か、2km手前にある「千万町楽校」から徒歩になるそうです。

千万町町のミツマタ

 

上の写真の場所からはさらに500mほど歩いてミツマタの群生地へ。

入ってすぐ、あちこちに咲いているミツマタの花に目を奪われます。

ミツマタは名前の通り、枝の先が3つに分かれそこに小さな半球状の黄色い花を咲かせます。

千万町町のミツマタ

 

初めてミツマタを知ったのは、豊田市小原地区の四季桜を見に行ったときに寄った「和紙の里」でした。

そこでは群生はありませんでしたが、出かける場所を調べていたときに春先に咲くミツマタを思い出し、今回訪れました。

ちなみにミツマタは和紙の原料として、一万円札などに使用されるそうです。

 

散策路から中に入っていくと、山の斜面にいっぱい植わっていました。

見上げたり見下ろしたりと、いろんな角度から観賞できます。

千万町町のミツマタ

 

千万町町のミツマタ

 

枝打ちや間伐された杉の木も相まって、いい雰囲気です。

千万町町のミツマタ

 

ただ、逆光になるとコンデジでは上手く撮れなかったので、気付いたらスマホばかりで撮っていました。

トーンを暗くしたほうが、黄色い花が光っているようになり、幻想的に見えます。

千万町町のミツマタ

 

千万町町のミツマタ

 

訪れるかたはまばらで、ゆっくりと見てまわれたのも良かったです。

千万町町のミツマタ

 

上手く撮る方法が分からなかったので、同じような写真ばかりになってしまいました。

訪れたのが13時過ぎだったので、見てまわっていたのも1時間なく帰りました。

 

今回初めて見に行ったミツマタの群生地ですが、ヒルクライムも一緒に楽しむことが出来ました。

春先は早咲きのしだれ桜やカタクリも見に行く時期ですが、

来年はほかの場所のミツマタの群生地も行けたらと思います。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、世界中で事態の収束が望まれています。

ソメイヨシノやチューリップ、芝桜など行きたいところは多くありますが、しばらくは外出自粛になりそうです。

 

走行距離:111.6km

スポンサーサイト

  • 2020.06.01 Monday
  • 18:17
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM