BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
観梅と福よせ雛ツーリング その2!

前回の大高緑地公園での観梅のあとは、豊田市の平芝公園の梅を見に行ってきました。
平芝公園へは国道1号線から走り、途中で曲がって豊田方面に走りました。

迷子になりながらも、1時間半ほどで到着。
​平芝公園は6万屬旅さがあり、37種約530本もの梅の木が植わっているそうです。
平芝公園の梅

当日は梅まつりが行われており、多くのかたで賑わっていました。
​開花情報を出かける前まで探していましたが、なかなか出てこず不安になっていましたが、
​梅の開花具合は木によっては見頃でしたが、全体的にはまだ6分咲きぐらいでした。
平芝公園の梅

今年は寒い日が続いていたので、どこも開花が遅れていますね。
平芝公園の梅

大きな枝垂れ梅はまだ満開には早いもののきれいに咲いていました。
平芝公園の梅

平芝公園の梅

​平芝公園は2段のようになっていて、1枚目の写真を左に坂を上がると、もう1か所梅園があります。
​梅の木の下で宴会をあれているかたもいましたが、上にあがった梅園のほうがのどかな雰囲気でした。
平芝公園の梅

​こちらもまだ満開までは早いですが、梅の香りも漂っていました。
平芝公園の梅

この日も写真はたくさん撮っていましたが、ぶれてたりピンボケなものが多く、いい写真がありませんでした。
平芝公園の梅

平芝公園の梅

​鹿児島紅梅はどこも見ごろで、濃い紅色も人気ですね。
平芝公園の梅

​訪れてみたかった平芝公園は見頃には少し早かったですが、楽しむことが出来ました。
​帰りは豊田スタジアムの菜の花を見に行きましたが見当たらなかったです。
ここ数年行われていないようなので、また再開してほしいですね。

​走行距離:69.8km

Aichi 20:57 comments(2)
観梅と福よせ雛ツーリング その1!

梅の花が咲き始めた3月初め、大高緑地の梅林へ観梅に行ってきました。
毎年、梅の開花が始まると、大高緑地へ初めに見に行く場所です。

​大高緑地の梅林には約350本の梅の木が植わっています。
​訪れた日は3月3日の土曜日で、梅林は7分咲きほどでした。
​当日は梅林の広場でキッチンカーなどが出て小さなイベントも行われていました。
大高緑地の梅

​早咲きでしょうか、白い梅はほぼ見頃でした。
​この日はきれいな青空で、風もそれほど吹いてなかったので観梅日和です。
大高緑地の梅

大高緑地の梅

​紅白の梅は華やかですね。
大高緑地の梅

​梅林ではまとまって木が植わっているので、梅の香りが漂っていました。
​香りを楽しみながら見てまわることができるのも梅のいいところですね。大高緑地の梅

大高緑地の梅

暖かい日だったので、梅の木の下でピクニックをされているかたもいらっしゃいました。
大高緑地の梅

​今年の大高緑地の梅も現在はピークを過ぎていますが、遅咲きの梅がまだどうにか見られるぐらいだと思います。
​もう少しすると、公園内は桜でいっぱいになるので、お花見もいいかもしれませんね。
大高緑地の梅

雪吊りも。
こちらは装飾用の雪吊りですが、小さな雪吊りが可愛らしいですね。
大高緑地の梅

大高緑地の梅を楽しんだ後は、少し寄り道をして近くの有松エリアへ。
有松は東海道の古い町並みがあり、絞り染めの「有松絞り」で有名です。
大高緑地からは歩いても15分から20分ぐらいの距離です。

​ここには訪れた3月3日から福よせ雛が飾ってあるとのことで少し見てまわりました。
​福よせ雛は不要になったおひな様をお祓い後に、地域や団体の活性化のために活用する取り組みです。
有松の福よせ雛

​有松エリアの福よせ雛は他の場所で展示されているものよりも遊び心いっぱいで面白かったです。
有松の福よせ雛

​訪れた翌日には新聞でも紹介されていました。
福よせ雛は3月25日まで行っているので、町の散策がてら楽しまれてもいいかもしれませんね。
有松の福よせ雛

​有松での福よせ雛を見てからは次の梅林まで自転車を走らせました。
有松の町並み

その2へつづく。

Aichi 09:27 comments(2)
県内最大の梅林へ梅見ツーリング!

春の嵐が吹き荒れ、気温も暖かい日が増えて梅の開花も一気に進んできましたね。
​今回は佐布里池梅林へ梅見ツーリングに行ってきました。

この日は風速7mもあり、自転車もなかなか進まないものの1時間ちょっとで到着。
​9時の開園前でも入場でき、さっそく梅を見にまわりました。

​佐布里池(そうりいけ)のHPには開花状況が「見頃」となっていました。
​公園入口にある佐布里梅の標準木は7割咲きほどでしょうか。
佐布里池梅見ツーリング

園内には5,000本以上の梅の木があります。
早咲き・中咲きの梅が​「見頃」となっているものの、木によってはまちまちで全体では7分咲きぐらいでした。

強風の1日でしたが、風が止んだ時には梅の香りも漂っていました。

 

​メインの梅林では斜面に梅の木が植わっていて、高台から見渡す梅林もきれいです。
​佐布里池梅林は、上からも下からも見て楽しめる場所です。
佐布里池梅見ツーリング

 

はじめのうちは風が強く、太陽が雲に隠れていましたが、9時頃からは晴れてきました。

薄いピンクの佐布里梅もですが、強風でも青空のもとで見る花はよりきれいですね。

佐布里池梅見ツーリング

​ピンク色の梅の花もいいですね。

佐布里池梅見ツーリング

​白い花の品種、青軸もほぼ見頃でした。
佐布里池梅見ツーリング

佐布里池梅見ツーリング

​この日は強風のためか午前は訪れるかたはほとんどいらっしゃらず、帰る昼前から人が増えてきました。
​鳥もメジロにヒヨドリ、シジュウカラにジョウビタキでしょうか、たくさんの鳥が蜜を吸いに来ていました。
​カメラを向けたものの、どれもブレブレの写真ばかりだったので写真はないです。
佐布里池梅見ツーリング

​鹿児島紅梅の濃いピンクも白や薄ピンクの梅の中に咲いているとアクセントになっています。
この紅梅は早咲きか、見頃のピークで、萎えているものもありました。
佐布里池梅見ツーリング

見頃前とはいえあちこちまわりながら楽しめました。
佐布里池梅見ツーリング

​訪れてから1週間経ってこの記事をUPしていますが、今ほどの木も見頃だと思います。
​屋台も出ているので、大きな梅林で梅の花を楽しめると思います。
佐布里池梅見ツーリング

​梅林を見てからは、道を挟んだところにある「愛知県 水の生活館」側の梅を見に行きました。
​さきほどまでの場所からは歩くと少しかかりますが、訪れるかたが少なくまったりと梅を観賞できます。
​帰って来てから撮った写真を見ると、水の生活館側の写真をほとんど撮っていなかったので、雰囲気の伝わる写真がないです。

水の生活館側には数は少ないですが、枝垂れ梅も植わっています。
こちら側のほうが全体的には見頃を早く迎えている感じがしました。
佐布里池梅見ツーリング

佐布里池梅見ツーリング

こちらにはメジロが5羽ほど集まっていました。
​メインの梅林では上手く撮れなかったので、かなり粘ってメジロを追いかけてどうにか撮れました。
佐布里池梅見ツーリング

園内の梅を観ながら駐輪場まで戻ります。

佐布里梅の標準木のあたりには菜の花もあります。

佐布里池梅見ツーリング

 

今年は寄りませんでしたが、佐布里池梅林から北西にある名鉄の寺本駅方面には

梅や枝垂れ梅の植わる小道が3kmほど続いているので、散策がてら歩いてみてもいいですね。

昭和レトロな岡田地区の街並みはまだしっかりと見に行ったことがないので、次回は寄りたいです。

 

ここからは実家に向かって強風の中40kmほど走り、気付いたら1日で90km以上走っていました。

3月も中旬であちこちで梅の花見ごろとなり、半月もしたら桜も咲くので、いろいろなところに行きたいです。

 

走行距離:92.4km

Aichi 09:39 comments(2)
町なかお雛さまめぐりポタ!

前回の福よせ雛鑑賞につづいて、今回は瀬戸市お雛めぐりポタに行ってきました。
​瀬戸市では毎年桃の節句が近付くとひな人形が町のいたるところに飾られ
「陶のまち 瀬戸のお雛めぐり」のイベントが開催されています。

まずはメインの会場となっている瀬戸蔵へ。
​瀬戸蔵の玄関ホールには巨大なひな壇のピラミッド、「ひなミッド」があります。
瀬戸のお雛めぐりポタ

​瀬戸のひなミッドは以前から1度は見に行ってみようと思っていたのですが、ようやく来ることができました。
ひなミッドには高さ4mのひな壇の4面に、陶磁器やガラスでできた個人と窯元の作品が約1,000体飾られています。
小さなものは5cmほどと可愛らしいものもありました。
瀬戸のお雛めぐりポタ

瀬戸のお雛めぐりポタ

ぼんぼりがハートの形をして並べられています。
瀬戸のお雛めぐりポタ

​お雛さまにもいろんな種類があり、犬やウサギにアニメのキャラクターにスカルだったり様々です。
​ちなみに下の写真は個人名が載せてあったので伏せてあります。
瀬戸のお雛めぐりポタ

​ひなミッドの上には古布のつるし雛も。
瀬戸のお雛めぐりポタ

階段を上がって上から見ても迫力のあるひな壇です。
瀬戸のお雛めぐりポタ

さらに上の階から。
​訪れた日は土曜日で、日中は強風で雪が舞っていましたが、多くのかたが訪れていました。
瀬戸のお雛めぐりポタ

ひなミッドの前にある陶磁器ショップにあったビリケンさんも衣装を身にまとっていました。
瀬戸のお雛めぐりポタ

​瀬戸蔵からは尾張瀬戸駅の前にあるパルティせとへ。
​歩いても3分くらいの距離です。
​パルティせとには、今年から福よせ雛が飾られているとのことで見に行ってみました。

​ロビーには将棋をしている福よせ雛が飾られていました。
​この日は将棋の羽生竜王と瀬戸市出身の中学生棋士藤井5段(当時)の対局日で、
ロビーを含め町なかの何箇所かで対局のパブリックビューイングと解説が行われていました。​
瀬戸のお雛めぐりポタ

 

「日常」を楽しむおひな様も。

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

瀬戸のお雛めぐりポタ

パルティせとにはほかにもお店の内外にも福よせ雛が飾られていたので見てまわりました。

そのあとは久しぶりに瀬戸の町なか散策を、と「窯垣の小径(かまがきのこみち)」へ。

窯垣の小径は自転車は入れないので500mほど歩いて散策です。

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

小径には古民家を使ったギャラリーや資料館があり、窯垣の小径資料館には30cmほどの江戸時代末期のひな人形がありました。

ちなみにおひな様の立ち位置は、大正天皇の頃から男雛が右(向かって左)になったそうです。

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

 窯垣の小径を進んだところにあるのは瀬戸(洞)本窯業。

陶芸体験や登り窯の見学、隣にはカフェもあります。

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

窯垣の小径での散策を終えて再び自転車にまたがります。

窯垣の小径資料館で「こっちにもっとすごいのがあるから行ってみな」と教わったので、

また市街地へ戻り旧川本桝吉邸へ。

 

こちらには約300年近く前の享保雛などのおひな様が飾られており、

おうちのかたのひな人形に関する説明とともに実際に触れたりと貴重な体験が出来ました。

写真はほとんど撮らずに帰ってきてしまいましたが寄ってよかったです。

瀬戸のお雛めぐりポタ

 

旧川本桝吉邸では30分ほどいましたが、雪も降っては止んでを繰り返していたので、

旧川本桝吉邸のかたがおすすめしてくださった久米邸のおひな様や銀座商店街のおひな様を見てまわりました。

どちらも明治から昭和のおひな様が飾られていました。

 

瀬戸市では市街地の徒歩圏内でおひな様巡りができ、

絵付けやひな人形づくりもあったりカフェもあるので1日楽しめそうですね。

 

久しぶりのひな人形ポタも楽しかったです。

ひな飾りも福よせ雛も各地でイベントが行われているので、また行ってみたいです。

 

走行距離:43.5km

Aichi 17:52 comments(2)
おもしろ可愛いひな祭りポタ!

梅の花もまだまだ硬いつぼみの情報ばかりで、出かけるところはまだ少ないですが
以前から気になっていた文化のみち二葉館の福よせ雛を見に行ってきました。

福よせ雛は、不要になったひな人形を団体や地域の広域的な発展の一助になるよう
「おひな様たちの日常」をテーマにひな人形を活用した取り組みです。

ひな人形を見に行くのも久しぶりですが、二葉館も久しぶりに行きました。
​二葉館は日本の女優第一号の川上貞奴の旧邸で、館内は展示室になっています。
文化のみちの福よせ雛

​福よせ雛を飾ってあるのは2階の和室10畳2間です。
早速見てまわりますが、多くのひな人形が背中を見せていました。
​ちょっと寂しい福よせ雛かと思って見ていましたが、後ろ向きになったおひな様が多いのは、
福よせ雛の記事を見に来たひな人形を表しているようです。

文化のみちの福よせ雛

​また、二葉館では名古屋を中心に今年は23会場ある各会場のダイジェストと発信地として
​2月8日の「ふたばの日」に福よせ雛の展示を開催しているそうです。
​。
文化のみちの福よせ雛

新語・​流行語を書く五人囃子。
文化のみちの福よせ雛

​インフルエンザでマスクをつけるひな人形たち。
文化のみちの福よせ雛

​カートをひいたりスマホを見たりと、ひな壇では見られない様子は面白いですね。
文化のみちの福よせ雛

廊下には窓ふきをする五人囃子。
文化のみちの福よせ雛

​1階の展示スペースの一角には川上貞奴のひな人形がショーケース内に飾られていました。
​明治初期のものでしょうか。
文化のみちの福よせ雛

​二葉館での福よせ雛の展示は訪れた2月12日で終わってしまいましたが、
ひな祭りの3月3日を過ぎても4月はじめまで行っている場所もあるので
街歩きがてら楽しんでみても面白いと思います。

​走行距離:24.1km

Aichi 20:02 comments(0)
ロウバイと十月桜ポタ!

2月に入ってようやく時間が取れるようになりました。
そろそろ梅の話題も、と思いながら庄内緑地公園のロウバイを見に行ってきました。

庄内緑地公園には毎年、梅見ツーリングで1番に出かける場所です。
​場所はゲートボール場の前に10本ほど植わっています。

庄内緑地公園のロウバイ

訪れたのは2月2日で、平年は2月中旬頃に見頃を迎えるのでまだ早いくらいです。
​訪れたときに居合わせていた方も「まだ少し早いね」と話されていました。
全体的には3分咲きぐらいで硬いつぼみが多かったです。

植わっているのはロウバイとソシンロウバイ、マンゲツロウバイの3種類です。
​ロウバイは漢字では「蝋梅」ですが、梅の仲間ではないようです。
​名前の通りロウのような艶のある花はきれいで、匂いもまだ弱いものの近寄れば香りました。
庄内緑地公園のロウバイ

庄内緑地公園のロウバイ

​花の真ん中が暗紫色になっているのがロウバイです。
庄内緑地公園のロウバイ

​色が付いていないものがソシンロウバイです。
庄内緑地公園のロウバイ

青空に透き通るような薄い黄色がきれいですね。
庄内緑地公園のロウバイ

​マンゲツロウバイは毎回見分けがつかないのですが、ソシンロウバイに比べて少し色が濃いものでしょうか。
庄内緑地公園のロウバイ

​この日以降も雪がちらつく日がありましたが、これから少しずつ暖かくなるそうなので、もうすぐ見頃を迎えると思います。
​今回は行きませんでしたが、園内には菖蒲池の近くにも数本植わっているので、
散策しながら見つけるのもいいかもしれませんね。
庄内緑地公園のロウバイ

庄内緑地公園のロウバイ

ロウバイを見てからは第1駐車場上にある十月桜を見に行きました。
​1月に見に来たばかりですが、10月頃から咲き始めた花も見頃は終盤を迎えていました。
庄内緑地公園の十月桜

庄内緑地公園の十月桜

​2月になりまだ雪がちらつく日もありますが、梅の情報を集めて出かけたいですね。

​走行距離:34.7km

Aichi 23:51 comments(2)
初詣と可愛い冬牡丹ポタ!

仕事の忙しさもまずはひと段落し、遅ればせながら初詣と徳川園の冬牡丹の記事をUPします。
出かけたのは1月14日ですが、今住んでいる家の近くの神社と徳川園などを見てまわりました。

まずは家の近くの八事神社と塩釜神社へ参拝です。
​記事が長くなるのと、当日は八事神社ではお正月飾りを焚き上げて1年の無病息災を願う「どんど焼き」が、
​塩釜神社では安産を願う方がたくさん参拝されていたので写真は撮っておらず、割愛します。

それから続いて訪れた熱田神宮。
​熱田神宮は「熱田さん」とも呼ばれ、名古屋近辺でも大きな神社です。
毎年初詣や春に訪れていますが、この日は松の内で日曜日だったためか、参拝する方かたで賑わっていました。
熱田神宮初詣

​本殿裏の「こころの小径(こみち)」や一之御前神社にも参拝。
熱田神宮初詣

参道はこの通り多くのかた。
熱田神宮初詣

​手水舎近くには四季桜が咲いていました。
熱田神宮初詣

​熱田神宮ではあまりの人の多さに尻込みしておみくじは引かず参拝のみ。
​またゆっくりと参拝に伺いたいと思います。
熱田神宮からは北に走って堀川の納屋橋の下流に咲く四季桜を見に立ち寄りました。

昨年は1月初めには満開でしたが、今年はやや遅めで、この日でも咲いている木でまだ3分咲きほどでした。
堀川の四季桜

​春の桜と比べると小ぶりな花びらですが、青空と一緒に撮ると暖かな気分になりますね。
堀川の四季桜

​名古屋城にも外側からですが見に行きました。
名古屋城

そして徳川園に向かいます。
​徳川園はこの日まで門松が飾ってありました。
徳川園の冬牡丹

入場料は300円、さっそく中に入って冬牡丹を見に行きます。
徳川園の冬牡丹

​まずは「大曽根の滝」方面にある東屋前へ。
​園内には18種70鉢の牡丹の花があり、わら囲いに入っている姿は可愛らしいですね。
冬牡丹は人工的に開花時期を早めたものですが、2月18日のイベント期間中は鉢を入れ替えているので
​咲いていればきれいな牡丹の花を楽しめます。

徳川園の冬牡丹

​天気は良かったものの、空気がヒンヤリとしていたのでわら囲いがあっても花は寒そうですね。
徳川園の冬牡丹

そして池のある牡丹園へ。
北門から入ってすぐのところにある1鉢の冬牡丹は画になりますね。
徳川園の冬牡丹

​牡丹園に行ってみると、冬牡丹の数が少なく少し寂しい感じでした。
​昨年は5列にいろんな牡丹の花が飾ってありましたが、今年は鉢数が同じでも園内に散らばっているようです。
徳川園の冬牡丹

​牡丹の花は濃いピンクや白、黄と華やかです。
​牡丹園の花はどれもきれいに咲いていたので、いいタイミングで訪れることが出来ました。
徳川園の冬牡丹

徳川園の冬牡丹

こちらが昨年より少し増えた牡丹園端の一角です。
徳川園の冬牡丹

花びらがギザギザの変わった品種もありました。
徳川園の冬牡丹

観仙楼前には子福桜と牡丹があります。
​ここは日陰になってしまいますが、四季桜と一緒に見ることのできる場所で
わら囲いの牡丹も並んでいて、​園の中でも好きな場所です。
徳川園の冬牡丹

子福桜はまだ満開には早いようですが、小さな花びらが雪のようですね。
徳川園の冬牡丹

​徳川園では春になると1000株ほどの牡丹が見頃を迎えるそうです。
春にもまた時間があれば見に行きたいですね。

寒い時期なのでなかなか自転車で走りまわることが少ない時期ですが、
またどこか出かけたいですね。

​走行距離:37.8km
 

Aichi 09:49 comments(2)
犬年の初詣、伊奴神社と桜ポタ!

年末が近づく12月22日、2018年の初詣に特に賑わう伊奴神社へ初詣に行ってきました。
年が明けてから初詣ポタに出かける予定ですが、年末は自転車に乗る時間が少なかったので年を越す前に行ってきました。

家からは30分ほど走って、​住宅街にある伊奴(いぬ)神社へ到着。
参拝を済ませてからカメラを持ってぶらぶらと境内を見てまわりました。
伊奴神社初詣

​鳥居をくぐって手水舎を過ぎて本堂へ。
​伊奴神社は伊奴姫神(いぬひめのかみ)という神様を祀った神社で1300年以上の歴史のある神社だそうです。
伊奴神社初詣

「伊奴」という地名から犬はお産が軽いということで安産や子授の神社です。
​また名前から犬好きのかたも参拝に訪れるようですが、犬は境内立ち入り禁止なのでご注意を。
伊奴神社初詣

​狛犬は獅子でしたが、本殿前に「犬の王」の像がありました。
伊奴神社初詣

お腹の下には小さな犬の置物です。
​こちらは犬のおみくじで、僕もおみくじをいただいてきました。
伊奴神社初詣

巨大な絵馬も。
伊奴神社初詣

​先ほどのおみくじの紙はカラフル。
伊奴神社初詣

伊奴神社に訪れた日には、ほかにも何名も参拝をされるかたがいらっしゃいました。
​戌年だけでなく、子授りや安産の神様で、参拝者で賑わいそうですね。

伊奴神社での参拝後は少し北に自転車を走らせて庄内緑地公園へ。
​この時季は花を見に行くにも場所も種類もかなり限られていますが、この時季、園内には十月桜が咲いています。
庄内緑地公園の十月

​名前の通り10月頃から3月にかけて咲いています。
​春に咲くときの花びらに比べてやや小ぶりで可愛らしいですが、見ているだけであたたかな気分になります。
庄内緑地公園の十月桜

​見頃過ぎ、という情報もありましたが、まだまだきれいで以前は2月初めに見に来たときも同じくらい咲いていました。
​もう少ししっかりと撮りたかったですが、コンデジのバッテリーが全然ないまま出かけていたので
撮っているうちにすぐにバッテリー切れになってしまいました。
庄内緑地公園の十月桜

​少しだけ残っていた秋の桜、コスモスも。
庄内緑地公園の十月桜

早くもスイセンも咲いていました。
​スイセンが咲いているのを見ると早春の感じがしますがまだまだ寒いですね。
庄内緑地公園の十月桜

​2017年は色々なところに出かけましたが、また年々新たに行きたい場所が増えていくので
2018年も東海3県を起点にいろいろと出かけれたらと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

​走行距離:33.6km

Aichi 10:29 comments(2)
安城市丈山苑へ紅葉ポタ!

紅葉の見納めにと、12月5日に安城市丈山苑の紅葉を見に行ってきました。
​今年は例年より色付きが早く、12月に入ってからは見頃の場所が限られてきて岡崎市の東公園と迷いましたが
以前から訪れてみたいと思っていた丈山苑に行くことにしました。

安城市には榎前地区にひまわりを見に訪れていますが、今回は違うルートを走って行ったので迷子になりながらもどうにか到着。
丈山苑は安城市の南西部、榎前町南和泉町にあります。
丈山苑は例年色付きが遅いとの情報もありましたが、色付きはまちまちでも苑内は見頃でした。
安城市丈山苑の紅葉

安城市丈山苑の紅葉

​入場料のいる詩泉閣(しせんかく)のある場所まで20mほどですが、そこまででも十分に紅葉を楽しめます。
​門のあたりは、この日は強風で散っている木々もありましたがとてもきれいでした。
安城市丈山苑の紅葉

門をくぐって階段から。
安城市丈山苑の紅葉

​階段はモミジのじゅうたんでした。
安城市丈山苑の紅葉

​入場料100円を払い詩泉閣に入ります。
丈山苑は江戸時代初期の武士・文人であった石川丈山の生誕地の安城市に、半生を過ごした京都の詩仙堂のイメージを再現した建物です。

苑内には詩泉閣や唐様庭園、回遊式池泉庭園などがあります。


​訪れたときは何名かのかたで賑わっていましたが、間もなく入れ替わり、静かな庭園を楽しむことが出来ました。
安城市丈山苑の紅葉

 

ちょこっとだけ反射して映っていた紅葉の赤色。
安城市丈山苑の紅葉

​唐様庭園の紅葉は散っているものも見頃のものもありました。
​天気がよければ縁側の床面に紅葉の赤みが映る「床モミジ」が見れるようですが、
​この日は強風で薄い雲が広がっていたので残念ですが見れませんでした。
安城市丈山苑の紅葉

​はしごのような階段をあがり上階の嘯月楼(しょうげつろう)へ。
​嘯月楼は3畳半ほどの部屋ですが、丸窓もあり風情ある景色が望めます。
安城市丈山苑の紅葉

上から眺める紅葉もきれいです。
​写真には撮ってませんが、樹齢300年以上のサザンカもきれいに咲いていました。
安城市丈山苑の紅葉

詩泉閣を出てからは、再度、門の前の紅葉を見てまわりました。
安城市丈山苑の紅葉

竹とモミジも合いますね。
安城市丈山苑の紅葉

安城市丈山苑の紅葉

 

当初はサツキやツツジの咲くころに訪れてみようと思っていた丈山苑ですが、紅葉も楽しむことができました。

12月20日まで紅葉まつりを行なっているそうですが、苑内も終盤だと思います。


今年は山の紅葉を中心に多くの場所で楽しむことが出来ました。
​来年は気になっていた名所も訪れてみたいですね。

​走行距離:69.1km

Aichi 09:00 comments(0)
尾張のもみじ寺と公園の紅葉ツーリング その2!

犬山寂光院をあとにしてからは桃太郎公園に向かいます。
​桃太郎公園は行ったことはありますが、紅葉のスポットにも挙がる場所で、
今まで行ったことがなかったので、紅葉の色付き情報など何も調べてませんでしたが行ってみることに。

寂光院からは木曽川沿いに1km程の距離ですが、途中の紅葉もきれいでした。
​桃太郎神社の鳥居前に着くと大きなイチョウの木があり、だいぶ散っていたもののきれいでした。
桃太郎神社の紅葉

​イチョウの木の下に植わったモミジにイチョウが引っ掛かっていました。
モミジの紅葉も見頃で、うっすらと顔を出した太陽に照らされきれいです。
桃太郎神社の紅葉

桃太郎神社の紅葉

足元には散ったイチョウの葉で黄色い絨毯になりフカフカになっていました。
桃太郎神社の紅葉

神社前の栗栖園地にも紅葉した木がちらほら。
​もう少し晴れていたら山の紅葉もきれいに見えたかもしれません。
桃太郎神社の紅葉

​園内には四季桜も数本、まだ満開には早いものの咲き始めていました。
桃太郎神社の紅葉

そして桃太郎神社境内に入り参拝と紅葉を観賞しました。
​桃太郎神社は境内に桃太郎の登場人物の銅像がありシュールな空気感が漂っています。
桃太郎神社の紅葉

​階段を上がると、本殿前には登場人物の銅像と紅葉した木々がありました。
桃太郎神社の紅葉


紅葉はまだ見頃の木が多く、思った以上に銅像とともに紅葉を楽しめました。
桃太郎神社の紅葉

桃型鳥居もあります。
桃太郎神社の紅葉

 

本殿横のモミジが特にきれいに色付いていて、まだ黄緑色のものもありました。
桃太郎神社の紅葉

 


その細い道を奥に行くと小さな祠がありました。

桃太郎神社には何回か来ていましたが、ここを見るのは初めてでした。

桃太郎神社の紅葉

 


桃太郎神社からは木曽川沿いに犬山城方面へ。
寂光院から走ってきたときにも立ち止まりましたが、不老の滝辺りもモミジがきれい。
不老の滝の紅葉

不老の滝は小さな滝です。
滝にはモミジがほとんどありませんでした。
不老の滝の紅葉
 

岐阜県各務原市にある鵜沼城址の岩山は霞んでいましたが、岩肌に見える紅葉がきれいでした。

鵜沼城跡

​木曽川沿いに犬山緑地まで走り休憩をしましたが、写真はないものの対岸の伊木山の紅葉も
​山全体が真っ赤できれいで、次回は晴れた日に見てみたい場所でした。
ほかには見頃のイチョウの木が2本だけある小さな神社に寄ったりぶらぶら。

犬山に来たからには犬山城も、と思い寄りましたが、下から眺めるだけです。
犬山城の紅葉

​城下町にはグルメも多いのですが、写真だけ撮って帰路につきました。
犬山城下町

​寂光院や桃太郎神社、犬山城近辺は久しぶりに行き紅葉を楽しむことが出来ました。
​気になる場所もあるのでまた次回見頃の時に訪れたいと思います。

​走行距離:77.9km

Aichi 07:02 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS