BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
大高緑地へ梅見ポタ!

春の暖かい天気になった先日16日、大高緑地の梅を見に行ってきました。

梅を見に行く場所として、ここ数年、出かけるようになりましたが家から10km、30分ほどで到着です。

 

大高緑地公園には300本の梅の木が植わっているそうです。

事前の情報では見ごろかな、と思って出かけましたが、早咲きの梅がピーク過ぎぐらいで、

メインとなる梅の花はつぼみが多く、2〜3分咲きかなというところでした。

大高緑地の梅

 

メインのところはまだまだですね。

日当たりのいいところだけがちょこっと咲いている感じでした。

満開の梅林時季での再訪も考えましたが、別の予定やほかの場所にも行きたいので今年は今回の訪問だけになりそうです。

大高緑地の梅

 

梅林の中に入ると、ほのかに梅の香りに包まれました。

大高緑地の梅

 

メインの梅林の一角にある紅梅。

梅の花はピンクや白もいいですが、濃いピンクも好きです。

早咲きなのか、見頃としてはピーク過ぎでした。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

歩道側から。

大高緑地の梅の木は新しく植わっている部分もありますが、太い木もあります。

大高緑地の梅

 

歩道側の梅の木は早咲きのものなのか、見頃から見頃過ぎくらいのものが多かったです。

遠目ではきれいですが、アップで撮ると結構傷んだ花が多いのは残念。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

訪れたのは昼過ぎだったので、ピクニックしてるかたや散歩しているかたもいました。

ちなみに自転車はいつも引いて梅見をしましたが、今回は梅園近くの駐車場脇にとめました。

誰かの自転車がいい風景になってます。

大高緑地の梅

 

白い梅も。

近くで鳥が鳴いているのが聞こえましたが、姿ははっきりと見えませんでした。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

菖蒲池には装飾用の雪吊りも。

白鳥庭園にも雪吊りがあり見に行きましたが、大高緑地にもあったんですね。

今年は名古屋でも何回か雪が降りましたが、雪の降った日にはいい画になったかもしれませんね。

大高緑地の梅

 

今年の梅の時季も始まったので予定が合えば何か所か行きたいと思います。

なかなか新しいところには行けていないので、遠出もしたいですね。

 

走行距離:20.2km

Aichi 19:19 comments(2)
絶景と菜の花の渥美半島ツーリング その2!

伊良湖菜の花パークで菜の花を楽しんだ後は、渥美半島先端の絶景を見に走ります。

 

「日出(ひい)の石門」まではサイクリングロードが海沿いにまっすぐ走っていますが、

その手前あたりからは幹線道路に戻り、傾斜13%の激坂を登ります。

さすがにピストでは立ちこぎしてもしんどいですが、振り返った場所の景色は好きな景色です。

渥美半島ツーリング

 

「日出(ひい)の石門」から太平洋ロングビーチを含む静岡県の浜名湖までの十三里(約52km)は、片浜十三里と呼ばれています。
駐車場がないので、車では止まれませんが、この先の日出の石門上には駐車スペースがあるので、
そこから少し歩くか、駐車場から日出の石門や「椰子の実記念碑」までのルートの途中でこの景色が見えるところがあります。

写真左真ん中あたりの黄色い場所が、先ほどの伊良湖菜の花パークです。

渥美半島ツーリング

 

そこからすぐの、伊良湖ビューホテル前からは、恋路ヶ浜の絶景を見渡すことが出来ます。

こちらも駐車場がないので、車なら先ほどの駐車場から歩いたほうがいいと思います。

渥美半島ツーリング
 

坂を下って恋路ヶ浜からの景色。

恋路ヶ浜では休憩がてら、きれいな砂浜と波の写真を何枚も撮りながら、まったりと過ごしました。

渥美半島ツーリング

 

「恋人の聖地」にもなっている恋路ヶ浜には鐘と「願いを叶える鍵」も。

菜の花は少しだけですが、海の目の前で華やかに咲いています。

渥美半島ツーリング

 

渥美半島ツーリング

 

歩いて500mほどで伊良湖岬燈台へ。

白亜の灯台はいつも青空に映えますね。

渥美半島ツーリング

 

恋路ヶ浜の前には焼あさりやカキの、世界で2番目においしいかき氷屋などがありますが、今回は横目に見て過ぎ去りました。

海沿いに三河湾のほうへ進み、火力発電所方面に走ります。

三河湾側も一部はビーチになっていますが、まっすぐに伸びた道と、風力発電装置が海外のような景色。

風が強かったので、装置もビュンビュンまわっていました。

渥美半島ツーリング

 

それからまた恋路ヶ浜に戻ってから激坂を登って下ってサイクリングロードへ。

帰りは追い風で気持ちよかったです。

渥美半島ツーリング

 

スタート地点のあかばねロコステーションに戻ってからは、帰路につきながら、太平洋ロングビーチへ。

あかばねロコステーションからもサイクリングロードで走っても3kmほどのところにあります。

こちらはサーフィンの大会が行われる場所です。

渥美半島ツーリング

 

ビーチバレーのコートもありますが、ほとんど使われていない感じです。

渥美半島ツーリング

 

今年も渥美半島の菜の花を見て、絶景を見てまわることができました。

この時季は、いちご狩りやひな祭り展も行っているので、一緒にまわっても楽しそうです。

伊良湖ビューホテルには恋路ヶ浜を眺めながら入浴できる日帰り入浴もあるので、

次回、夏にはひまわりツーリングとともに行きたいです。

 

走行距離:50.4km

Aichi 19:40 comments(4)
絶景と菜の花の渥美半島ツーリング その1!

最近ずっと名古屋市内ばかり走っていましたが、

今回は久しぶりに名古屋を飛び出し、原市の菜の花ツーリングに行ってきました。

 

夜中に車に自転車を積んで、いつもの赤羽根漁港横のあかばねロコステーションまで行き、

仮眠と朝食をとってから朝7時に出発しました。

あかばねロコステーションは、いつもサーファーで混んでいますが、この日は寒さなのかシーズンオフか、ガラガラでした。

渥美半島ツーリング

 

朝方は雲がところどころ出ていましたが天気は晴れ、風はいつも強いので気にせずまったり走りました。

渥美半島ツーリング

 

陽が射してますが、まだ薄暗いなかの田原豊橋サイクリングロードを走ります。

サーファーもおらず、サイクリングロードを散歩している地元のかたにあいさつしながらぶらぶら。

渥美半島ツーリング

 

渥美半島ツーリング

 

途中、サイクリングロードが途切れますが、その間にも菜の花畑があります。

ここは小さいですが、海と一緒に見ることが出来るのがいいですね。

幹線道路沿いから少し入ったところにあるので、ちょとした穴場です。

市内各地に点々と菜の花畑がありますが、早いところでは昨年末から見ごろを迎えた場所もあったようです。

田原の菜の花畑

 

再びサイクリングロードに戻って走ります。

海を見ながらサイクリングロードを走っていると、日出の石門まで行ってしまうので、

その手前あたりで地図を見てサイクリングロードを出て防風林を越えて幹線道路へ。

朝9時前ならジャジーな音楽がサイクリングロードまで流れてくるので目印になるかもしれませんね。

 

そして菜の花畑のメイン会場となる「伊良湖菜の花ガーデン」へ。

入場時間はなく、入場料も無料ですが、大人100円の菜の花募金をしています。

田原の菜の花畑

 

朝8時に着いたので、ちょっと休憩してから1時間ほど貸し切りの中、菜の花を楽しむことが出来ました。

到着したころには雲もほとんど残っていなかったので、青空のもと菜の花観賞が出来たのがよかったです。

田原の菜の花畑

 

菜の花ガーデンは大きく分けると2エリアになります。

場所によっては萎えかけから7分咲きですが、全体としては見頃だと思います。

田原の菜の花畑

 

田原の菜の花畑

 

すべり台のあるところから見ると黄色い絨毯が広がっています。

田原の菜の花畑

 

その反対側のエリア、こちらも黄色い絨毯で菜の花の迷路があります。

ひまわりの咲く夏はここのエリアは何もないですが、夏にもひまわりを植えてほしいですね。

田原の菜の花畑

 

田原の菜の花畑

 

すべり台のほうを。

こちらのエリアには河津桜の木が数本植わっているので、今月末あたりには河津桜と菜の花の共演が見られると思います。

今回も、河津桜の満開のときに来ようか迷いましたが、菜の花の見頃を優先して来ました。

田原の菜の花畑

 

早いものが数輪咲いていたのでパチリ。

田原の菜の花畑

 

来年は河津桜の満開となったときに来てみたいです。

市内なら3月はじめに免々田川(めめだがわ)沿いに河津桜と菜の花が一緒に見れるところもあるようなので、

そちらも併せて見に行きたいですね。

田原の菜の花畑

 

田原の菜の花畑

 

9時ごろにはちらほらと来訪者が増えてきたので、入れ替わるようにあとにしました。

田原の菜の花畑

 

菜の花畑を楽しんだあとは、絶景を求めて渥美半島先端を走ります。

 

その2につづく。

Aichi 17:15 comments(2)
ピンクと黄色の春の花ライド!

先日、朝から昼過ぎまで休日出勤でしたが、14時前に仕事が終わり久しぶりに自転車で出かけてきました。

今回は庄内緑地公園の冬桜とロウバイを見に行ってきました。

 

当日は風がとても強く、風速7mほどのなか1時間弱自転車をこいで庄内緑地公園に到着。

公園内はガラガラで、冬桜もロウバイも写真を撮っている人はいませんでした。

 

まずは第一駐車場上にある冬桜の場所へ。

この冬桜は十月桜で、見頃が過ぎていましたがきれいな木もありました。

冬も春も、桜は青空がとても似合います。

庄内緑地公園の冬桜

 

見頃は3月までとありましたが、見に行かれるなら2月上旬までだと思います。

庄内緑地公園の冬桜

 

今年は訪れるのが少し遅かったようですね。

春には庄内緑地公園内でサイクリングロードに沿って桜の木が多く咲くので、3月末あたりからの見頃は賑わいそうです。

庄内緑地公園の冬桜

 

庄内緑地公園の冬桜

 

十月桜の木のもとにはスイセンが少しだけ植わっています。

少しだけ香りが伝わってきました。

庄内緑地公園のスイセン

 

少し移動して、ロウバイの咲くところへ。

ロウバイは園内のゲートボール場前と菖蒲池あたりに植わっています。

写真はゲートボール場前で、10本ほど、ロウバイ、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイの3種類のロウバイが植わっています。

庄内緑地公園のロウバイ

 

青空との写真を撮ろうと思っていましたが、十月桜を見ているうちに曇ってしまいました。

公園内は人がまばらな中、ロウバイの木は独り占めして写真を撮りました。

庄内緑地公園のロウバイ

 

ロウバイは全体的には見頃でした。

ソシンロウバイの薄黄色がきれいで、香りも漂っていました。

庄内緑地公園のロウバイ

 

ソシンロウバイとマンゲツロウバイの違いはっきりは分かりませんが、離れてみると僅かに色の違いが分かります。

マンゲツロウバイは少し濃い色で紫褐色の輪があるようですが、見ているときは分かりませんでした。

庄内緑地公園のロウバイ

 

こちらがロウバイ。

紫褐色の花びらがあるので分かりやすいですね。

庄内緑地公園のロウバイ

 

菖蒲池近くのロウバイの木は少し見ごろを過ぎたようでした。

園内にはサザンカやツバキの花がありました、ツバキ園のツバキの見頃はこれからのようです。

庄内緑地公園の椿

 

梅の木は見当たらなかったのですが、桜園内南側のサイクリングロード沿いには菜の花が300mほどの長さに植わっていたので

順に園内が華やかになりますね。

ぼちぼち梅の開花情報を集めて出かけたいと思います。

 

走行距離:35.8km

Aichi 07:37 comments(2)
わら囲いのかわいい冬牡丹と冬桜ポタ!

今回は名古屋市東区にある徳川園の冬牡丹と冬桜を見に行ってきました。

冬牡丹は見たことがなく、ほかのかたのブログで気になっていましたが、予定のない1日だったので見に行くことに。

写真が多くなりましたが、文を含めると長いので雰囲気だけでも伝わればと思います。

 

雪雲と強風のなか自転車をこぎましたが、はじめて行くところなので楽しかったです。

片道10kmほど走って徳川園へ到着、黒門には門松がありました。

シンプルながら黒門に合う大きな門松です。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園入り口には、わら囲いの冬牡丹と花もちがありました。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園は、前回訪れた白鳥庭園と同じ池泉回遊式庭園で、季節ごとにいろんな花が咲くようです。

紅葉の季節に来ようと思いましたが、来れずじまいだったので今年は来たいですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

徳川園には赤、ピンク、白、黄色の18種70株の冬牡丹があるそうです。

冬牡丹は、春に咲く牡丹の花を人工的にこの時期に咲かせわら囲いをして植えてあるものだそうで品種ではないようです。

わら囲いの施された冬牡丹が並んでいる景色は、冬の花が少ない中でも映えて見えますね。

徳川園の冬牡丹

 

寒い時期でもわら囲いがされているだけで暖かそうです。

徳川園の冬牡丹

 

花も光を浴びて輝いていますね。

徳川園の冬牡丹

 

わら囲いの中に咲く冬牡丹は1つの家みたいですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

この日は18種類のうち半分もない種類だけでしたが、ほとんどが見頃でした。

これから植え替えることもあるようで、2月中旬までの展示期間内でも種類もまちまちなようです。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

白鳥庭園では雪吊り、こちらの徳川園ではわら囲いを楽しむことが出来ました。

4月中〜下旬にはわら囲いはないものの、牡丹がいっぱい咲くようです。

徳川園の冬牡丹

 

冬牡丹を見たあとは池のまわりと園内をぶらぶら。

ソテツの木がありますが、南国の木のため寒さから守るためにこも巻きが施されていました。

よく見ないと分からないですが、名古屋式(明治、平成)、東京、京都の4種類だそうです。

徳川園の冬牡丹

 

コブクザクラの木と一緒に冬牡丹がありました。

コブクザクラの花びらが粉雪のようです。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

滝のあるほうはモミジの木が多くあったので、紅葉の時季はこのあたりがメインになりそうです。

結婚式の前撮りをされているかたも。

徳川園の冬牡丹

 

梅や桃の木のある園内奥にも冬牡丹がありますが、こちらは梅の咲くころに賑わいそうですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹は初めての訪問でしたが楽しめました。

週末は名古屋でも降雪、積雪があるようなので越冬する冬牡丹の景色になるかもしれませんね。

今年は紅葉の時季にも再訪したいです。

 

徳川園をあとにしてからは堀川の納屋橋へ。

納屋橋周辺には四季桜が10本ほど植わっているのを思い出し、どんな感じか見に行きました。

見頃ではありますが、少し過ぎたくらいでしょうか、でもきれいな四季桜を見られてよかったです。

堀川の冬桜

 

堀川の冬桜

 

納屋橋方面に。

四季桜は春にも咲くので、春にも同じような景色を楽しめると思います。

堀川の冬桜

 

昨年は豊田市小原地区の四季桜を見に行くことが出来なかったのですが、

名古屋市内で冬桜の子福桜や四季桜を楽しむことができました。

これからは徐々に多くの花が咲く季節なので、どこに行こうか探したいです。

 

走行距離:29.2km

Aichi 20:31 comments(4)
初春の白鳥庭園ポタ!

初詣に熱田神宮に参拝したあと、近くの白鳥庭園のスイセンを見に行ってきました。

昨年の紅葉の時季にも白鳥庭園を訪れていますが、身近に日本庭園を見ることが出来るのがいいですね。

 

熱田神宮から白鳥庭園までは歩いても15分くらいだと思います。

まだ松の内だったので入り口には門松がありました。

白鳥庭園のスイセン

 

この日の白鳥庭園は訪れるかたが少なかったので、写真を見ながらゆっくりと見てまわれました。

園内の花木は冬ということで寂しい景色のものが多かったです。

 

白鳥庭園のスイセンは園内西側の一部のみでしたがきれいに咲いていました。

白鳥庭園に植わっているのはフサザキスイセンという房のように咲く品種だそうです。

白鳥庭園のスイセン

 

一般的なスイセンは真ん中が黄色くなってますが、フサザキスイセンは全体が白いので輝いて見えます。

白鳥庭園のスイセン

 

白鳥庭園のスイセン

 

スイセンの咲く場所の上には枝垂れ桜がありました。

春先にはこの2つの花々の競演が見られるかもしれませんね。

白鳥庭園のスイセン

 

雪吊りも。

12月に見た雪吊りのライトアップは圧巻でした、雪吊り自体は3月上旬まであるようです。

白鳥庭園の雪吊りは装飾的なものだそうですが、よく見ると縄が枝を支えてないので、雪が多く降らない名古屋には装飾用で十分そうですね。

白鳥庭園の雪吊り

 

白鳥庭園の雪吊り

 

1本だけですが、ソシンロウバイの木がありました。

ロウのような艶のある花と、濃い香りがあります。

白鳥庭園

 

池にはユリカモメとコイがいっぱい。

白鳥庭園

 

白鳥庭園

 

今回は白鳥庭園にふらっと寄ってみましたが、徳川園には冬牡丹が植えられているので機会があれば行ってみたいと思っています。

これから梅や桜と順に華やかな季節になるので開花情報を集め始めないといけませんね。

 

走行距離:21.1km

Aichi 07:59 comments(0)
パワースポットへ初詣ライド!

今年最初のライドは毎年恒例となった初詣ライドです。

八事神社、塩釜神社、熱田神宮に参拝し、そのあとは白鳥庭園にてスイセンを見てきました。

白鳥神社の記事はまた別の記事にUPします。

 

まずは今1人暮らしをしている場所の氏神さまへお参りに。

八事エリアには、興正寺や塩釜神社など、名古屋では名の知れた神社がありますが、八事神社は小さな神社です。

まだ松の内だったので、鳥居前には門松がありました。

八事神社

 

神社を訪れるかたは数名いらっしゃいましたが静かな神社です。

社務所は閉まってましたが、伊勢神宮のお守りも売ってました。

八事神社

 

そしてすぐ近くの塩釜神社へ。

塩釜神社は安産祈願で訪れるかたが多くいます。

特に安産祈願に良いとされる戌の日は妊婦さんが多く参拝されています。

激坂を上がったところにありますが、境内からの見晴らしがよく、ちょこっとですが、梅や桜、藤棚があります。

塩釜神社

 

整備されたきれいな神社です。

桜の時季にも来てみたいですね。

塩釜神社

 

つづいて熱田神宮へ。

熱田神宮は東海エリアでは伊勢神宮に次いで2番目に有名な神宮です。

お正月の初詣はもちろん、通年で多くの方が参拝に行かれてます。

熱田神宮

 

お正月の三が日で毎年200万人の人出があるそうですが、この日は金曜日でも思ったより賑わっていました。

熱田神宮

 

おみくじやお守りは購入しませんでしたが、結ばれたおみくじは大量です。

熱田神宮

 

本宮参拝後は、本宮裏手へ。

本宮裏手には有刺鉄線で仕切られた一之御前(いちのみさき)神社と「こころの小径」を抜けて3つの神社があります。

有刺鉄線より先は写真撮影や飲食禁止になっています。

熱田神宮

 

本宮裏手にまで参拝される方は少ないですが、パワースポットとして時々テレビに取り上げられています。

平成25年に熱田神宮の創祀1900年を迎え、いままで非公開のところが公開されています。

1番奥の一之御前神社は熱田大神の「荒魂(あらみたま)」が祀ってありますが、

荒魂とは、神様の御魂の穏やかな姿の「和魂(にぎみたま)」に対して活動的勇猛的な御魂のことを指すそうで、叶えたい強い願いをお願いするといいそうです。
日々の感謝とお願い事をしてきました。

 

こころの小径を抜けて、目と美肌の神様で女性が集まる清水社と御田神社、龍神社を回ります。

本宮裏には樹齢何百年にもなるような樹もあり、静まり返った空気感で身が清められる気持ちになります。
ちなみにこの4社への参拝は9時から16時までですが、いつまでの公開かは分かりません。

 

それから参道沿いに佇む徹社(とおすのやしろ)へ参拝。

さきほどの荒魂に対しての天照大神の和魂(にぎみたま)を御祭神に祀っています。

和魂は慈しみ加護してくれる神だそうです。

本宮の参道沿いにありますが、参拝している方はほとんどおらず、見過ごしてしまっているかもしれませんね。

熱田神宮

 

境内には多くの摂社、末社、歴史的なものがあるので、全部理解して回るのは時間がかかるかもしれませんが、

見てまわるだけでも力がもらえそうですね。

 

初詣の後は、時間があったので近くの白鳥庭園にスイセンを見に行ってきました。

次の記事につづきます。

Aichi 07:02 comments(2)
東別院のデジタルアートとイルミポタ!

12月に入ってからは仕事のことで忙しく、自転車に乗って出かけることが少なくなっていました。

クリスマスイルミネーションはチラホラと名古屋中心部に寄ったときに見ましたが、

記事にUP出来ないまま年末を迎えてしまいました。

 

年末年始もしばらく連勤ですが、31日の仕事終わりに大晦日の名古屋をポタリングしてきました。

今回ははじめての東別院のデジタルアートと名古屋市内イルミポタです。

 

夜7時くらいに名古屋市内を走っていましたが、街中は人が少なく、車も少なかったので自転車は走りやすかったです。

東別院のデジタルアートは開始が20時からで、時間が少しあったので先に名古屋駅や栄をブラブラしていました。

東別院のデジタルアートのあとに、名古屋市内のイルミネーションの様子を書きます。

 

20時過ぎに東別院へ到着し、さっそく本堂に映し出されたデジタルアートを見ます。

3Dマッピングとは違いますが、本堂には色とりどりの模様で彩られていました。

それと同時に、本堂前では能や太鼓のパフォーマンスを見る参拝客で賑わっていました。

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

灯篭もカラフルですね。

東別院のデジタルアート

 

デジタルアートは翌1時半までやっていたそうですが、年始から楽しめたと思います。

山門のところには常滑焼のランプシェードとキャンドルがありました。

キャンドルはアロマキャンドルで、山門あたりは香りに包まれていました。

東別院のランプシェード

 

東別院のランプシェード

 

東別院には今回はじめて行きましたが、マルシェなどもやっているようなので、機会を見つけてまた行きたいですね。

順番は前後しますが、名古屋市内のイルミポタもUPします。

 

名古屋駅周辺や栄周辺はクリスマスの前にブラブラしていましたが、記事にUPしないままでした。

クリスマスを過ぎると、あっという間にサンタクロースの姿が消えていました。

 

まずは名古屋駅前のミッドランドスクエアの壁面に見えるウインドウアート。

ビル北側にあたる写真右側は滑走する雪だるま、東側にあたる写真左側は昨年の干支のサルだそうです。

サルは少しわかりにくいですね、何の絵か何回も見直していました。

ちなみに新年になると「正月」「2017」の文字や今年の干支の酉が映し出されていたようです。

名古屋のイルミネーション

 

栄までの間も広小路通の街路樹にイルミネーションがありました。

テレビ塔のイルミネーションは、クリスマスも年末も同じでした。

展望フロアからでは3Dマッピングを行なっていますが、テレビ塔前の「NAGOYAアカリナイト」も規模は昨年より縮小されてました。

名古屋のイルミネーション

 

オアシス21と一緒に。

名古屋のイルミネーション

 

そして名古屋城。

今年は年越しでイベントをやっていたそうです、ライトアップはしていませんが寄り道。

名古屋城のライトアップ

 

昨年も新しい場所に出かけたり、家族と走ったりしましたが、

今年もいろんなところに出かけられたらと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

走行距離:32.1km

Aichi 19:30 comments(2)
フォトジェニック!白鳥庭園のライトアップと美濃和紙あかりアート!

前回までの記事のように、揚輝荘の紅葉、名古屋市街地の黄葉を見てから白鳥公園の園内ライトアップを見に行ってきました。

白鳥庭園は11月末に昼間に見に行ってますが、本当は今回の園内のライトアップがメインで行きたかった場所です。

 

イチョウの黄葉を見た栄あたりからは6kmほどの距離です。

ライトアップの始まる16時半ごろには間に合いたいと思い少し飛ばし気味に走りましたが、思いのほかすぐに到着。

 

カメラのバッテリーが少なかったので、暗くなるまでは園内のモミジを見ながら写真は数枚だけ撮ってまわりました。

園内の紅葉は場所にもよりますが、全体では見ごろ過ぎくらいでしょうか。

散り始めたものもありましたが、今週いっぱいはライトアップとともに、どうにか見て楽しむことはできると思います。

白鳥公園の紅葉ライトアップ

 

そして17時ごろ、夕日が沈み辺りは真っ暗、ライトアップで松の木に施された雪吊りが浮かび上がります。

白鳥公園のライトアップ

 

カメラでは少し明るくなったものの、池の水面に映る雪吊りがとてもきれい。

和製のクリスマスツリーがもっときらびやかで、昼間とはまた違う雰囲気で見ていて感動しました。

たくさん写真も撮りましたが、ずっと見ていられますね。

 

ちなみに上の写真は池に架かる橋からではなく、その向かい側からの写真です。

橋からだとライトアップされていない小さな松の木が水面に映る雪吊りを上手く撮れませんでした。

 

雲にかかってしまいましたが下の写真には三日月も。

白鳥公園のライトアップ

 

白鳥公園のライトアップ

 

池を少しまわって茶室のほうから。

下の写真はi-Phone5で撮ったのでちょっと粗い画像に見えますね。

白鳥公園のライトアップ

 

雪吊りを見たあとは紅葉のライトアップを見てまわりました。

滝の周りの紅葉はほかの場所に比べて色づきが遅いようですが、少しずつ紅葉していました。

白鳥公園のライトアップ

 

茶室奥のところは散り始めでしょうか、モミジの赤いじゅうたんが出来ていました。

白鳥公園のライトアップ

 

光に照らされた茶室もなんだか厳かな雰囲気が伝わってきます。

白鳥公園のライトアップ

 

12月1日から11日までは園内のライトアップとともに美濃和紙のあかりアートの作品がいくつか通路に並べられています。

美濃和紙あかりアートは岐阜県美濃市で毎年10月に行われるあかりアートの作品で、和紙の提灯に光が灯ってます。

以前は現地に見に行ったことがありますが、また見に行きたいですね。

白鳥庭園で全作品が大型の透明なケースに入っての設置ですが、どれも素敵な作品です。

白鳥公園のライトアップ

 

シンプルなものでも手が込んでますね。

白鳥庭園のライトアップ

 

カラフルなものもあるので見ていても面白いです。

白鳥庭園のライトアップ

 

竹林もライトアップされていました。

白鳥庭園のライトアップ

 

白鳥庭園では11日までライトアップと美濃和紙あかりアートを行なっているそうです。

こんな素敵な場所とは知らなかったのですが、来年もぜひ行きたいですね。

 

今年の紅葉ツーリングは休みが取れず少し強行スケジュールの中での観賞でしたが、

近場でもほとんどが初めての場所だったので紅葉を楽しむことが出来ました。

来年も少し遠出して楽しむことが出来たらと思います。

 

走行距離:36.4km

Aichi 18:55 comments(6)
名古屋の街中イチョウ並木ポタ!

前回の記事、覚王山の揚輝荘の紅葉を見たあとは名古屋市街地のイチョウ並木を見てきました。

名古屋市内ではイチョウの木が多く植わっているのですが、早いところでは11月下旬から見ごろを迎えています。

今回は桜通と若宮大通の2か所に行ってきました。

 

最初に向かったのは桜通、名古屋駅前から日本銀行名古屋支店までの1.2kmにわたりイチョウ並木があります。

日本銀行名古屋支店前の歩道橋から名古屋駅方面に。

桜通りのイチョウ

 

昨年も訪れていますが、ここはビルの影に隠れてしまうので全体に光が入らないのが残念ですね。

ですが街路樹でも大きな木々がきれいなイチョウの黄葉を見せてくれるのでお気に入りの場所です。

桜通は車がひっきりなしに通るのですが、車が見えなくなった瞬間をパチリ。

桜通りのイチョウ

 

歩道橋から道路を見下ろすとイチョウの葉っぱが。

訪れたのは1週間前なので、早い木では既に半分ほど散っているかもしれません。

桜通りのイチョウ

 

名古屋市内のイチョウは10月末ごろから特有のにおいのあるギンナンの実をつけ、熟れた実が落下してかなりにおいます。

においはあれど、名古屋駅から少しのところでここまできれいなイチョウが見られるのがいいですね。

 

 

桜通りのイチョウ

 

カメラのバッテリーが少なくなってきたので、日本銀行から堀川までの300mほどだけを見て若宮大通へ。

以前堀川から名古屋駅にかけて歩いていたときも、イチョウがきれいに色づいていたので見に行っておくべきでした。

桜通りのイチョウ

 

桜通から若宮大通までは1.5kmほど離れていますが、自転車ではすぐです。

若宮大通は「100m道路」とも呼ばれ、歩道から反対側の歩道までの距離が100mほどあります。

イチョウの木は白川公園前から吹上公園まで名古屋高速を挟んだ道路沿いに植わっています。

 

若宮大通のイチョウは通り沿いのビルや名古屋高速の影に入ってしまい色づきの浅いものもありますが、どこもきれいでした。

こちらも見に行ったときはまだ落ち葉が少なかったのですが、今週いっぱいが見頃だと思います。

若宮大通りのイチョウ

 

東西に延びる通りは、この時季は太陽が低いのもあり影に入る部分が多いので、写真を撮るのに訪れるタイミングが難しいですね。

100m道路の高架下のところは人通りが少ないので街中でもゆっくり楽しめます。

桜通もですが、普段は下から眺めることの多いイチョウも歩道橋を上がるとイチョウの木々の高さで見られるので、

意外にも珍しい場所かもしれませんね。

若宮大通りのイチョウ

 

イチョウ並木は高速の高架沿いですが、両車線の歩道沿いには落葉樹が植わっていて紅葉と黄葉が楽しめるのもいいですね。

白川公園あたりから栄方面。

若宮大通りのイチョウ

 

反対車線の名古屋駅方面。

若宮大通りのイチョウ

 

矢場町交差点は人が多いのですが、イチョウを見る人は少ないです。

歩道橋にあがると繁華街の賑わいとは少し違う景色を感じます。

ここで外国人のかたがいたので、片言の中学レベルの英語を駆使しながら写真を数枚撮りました。

若宮大通りのイチョウ

 

桜通も若宮大通も地下鉄でもアクセスしやすいので、買い物がてら見に行ってもいいですね。

どちらも距離は離れていないですが少し歩くもののいい運動にもなりそうです。

ギンナンの実を踏んでしまうと、特有のにおいを引き連れたままお店には入りづらいので注意です。

若宮大通りのイチョウ

 

今年はギンナンの産地でもある稲沢市祖父江町のイチョウを見に行けませんでしたが、

名古屋市内できれいな黄葉を楽しむことが出来ました。

このあとは、カメラのバッテリーと時間を気にしながら、次の白鳥公園に向かいました。

Aichi 18:29 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS