BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
わら囲いのかわいい冬牡丹と冬桜ポタ!

今回は名古屋市東区にある徳川園の冬牡丹と冬桜を見に行ってきました。

冬牡丹は見たことがなく、ほかのかたのブログで気になっていましたが、予定のない1日だったので見に行くことに。

写真が多くなりましたが、文を含めると長いので雰囲気だけでも伝わればと思います。

 

雪雲と強風のなか自転車をこぎましたが、はじめて行くところなので楽しかったです。

片道10kmほど走って徳川園へ到着、黒門には門松がありました。

シンプルながら黒門に合う大きな門松です。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園入り口には、わら囲いの冬牡丹と花もちがありました。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園は、前回訪れた白鳥庭園と同じ池泉回遊式庭園で、季節ごとにいろんな花が咲くようです。

紅葉の季節に来ようと思いましたが、来れずじまいだったので今年は来たいですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

徳川園には赤、ピンク、白、黄色の18種70株の冬牡丹があるそうです。

冬牡丹は、春に咲く牡丹の花を人工的にこの時期に咲かせわら囲いをして植えてあるものだそうで品種ではないようです。

わら囲いの施された冬牡丹が並んでいる景色は、冬の花が少ない中でも映えて見えますね。

徳川園の冬牡丹

 

寒い時期でもわら囲いがされているだけで暖かそうです。

徳川園の冬牡丹

 

花も光を浴びて輝いていますね。

徳川園の冬牡丹

 

わら囲いの中に咲く冬牡丹は1つの家みたいですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

この日は18種類のうち半分もない種類だけでしたが、ほとんどが見頃でした。

これから植え替えることもあるようで、2月中旬までの展示期間内でも種類もまちまちなようです。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

白鳥庭園では雪吊り、こちらの徳川園ではわら囲いを楽しむことが出来ました。

4月中〜下旬にはわら囲いはないものの、牡丹がいっぱい咲くようです。

徳川園の冬牡丹

 

冬牡丹を見たあとは池のまわりと園内をぶらぶら。

ソテツの木がありますが、南国の木のため寒さから守るためにこも巻きが施されていました。

よく見ないと分からないですが、名古屋式(明治、平成)、東京、京都の4種類だそうです。

徳川園の冬牡丹

 

コブクザクラの木と一緒に冬牡丹がありました。

コブクザクラの花びらが粉雪のようです。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹

 

滝のあるほうはモミジの木が多くあったので、紅葉の時季はこのあたりがメインになりそうです。

結婚式の前撮りをされているかたも。

徳川園の冬牡丹

 

梅や桃の木のある園内奥にも冬牡丹がありますが、こちらは梅の咲くころに賑わいそうですね。

徳川園の冬牡丹

 

徳川園の冬牡丹は初めての訪問でしたが楽しめました。

週末は名古屋でも降雪、積雪があるようなので越冬する冬牡丹の景色になるかもしれませんね。

今年は紅葉の時季にも再訪したいです。

 

徳川園をあとにしてからは堀川の納屋橋へ。

納屋橋周辺には四季桜が10本ほど植わっているのを思い出し、どんな感じか見に行きました。

見頃ではありますが、少し過ぎたくらいでしょうか、でもきれいな四季桜を見られてよかったです。

堀川の冬桜

 

堀川の冬桜

 

納屋橋方面に。

四季桜は春にも咲くので、春にも同じような景色を楽しめると思います。

堀川の冬桜

 

昨年は豊田市小原地区の四季桜を見に行くことが出来なかったのですが、

名古屋市内で冬桜の子福桜や四季桜を楽しむことができました。

これからは徐々に多くの花が咲く季節なので、どこに行こうか探したいです。

 

走行距離:29.2km

Aichi 20:31 comments(4)
初春の白鳥庭園ポタ!

初詣に熱田神宮に参拝したあと、近くの白鳥庭園のスイセンを見に行ってきました。

昨年の紅葉の時季にも白鳥庭園を訪れていますが、身近に日本庭園を見ることが出来るのがいいですね。

 

熱田神宮から白鳥庭園までは歩いても15分くらいだと思います。

まだ松の内だったので入り口には門松がありました。

白鳥庭園のスイセン

 

この日の白鳥庭園は訪れるかたが少なかったので、写真を見ながらゆっくりと見てまわれました。

園内の花木は冬ということで寂しい景色のものが多かったです。

 

白鳥庭園のスイセンは園内西側の一部のみでしたがきれいに咲いていました。

白鳥庭園に植わっているのはフサザキスイセンという房のように咲く品種だそうです。

白鳥庭園のスイセン

 

一般的なスイセンは真ん中が黄色くなってますが、フサザキスイセンは全体が白いので輝いて見えます。

白鳥庭園のスイセン

 

白鳥庭園のスイセン

 

スイセンの咲く場所の上には枝垂れ桜がありました。

春先にはこの2つの花々の競演が見られるかもしれませんね。

白鳥庭園のスイセン

 

雪吊りも。

12月に見た雪吊りのライトアップは圧巻でした、雪吊り自体は3月上旬まであるようです。

白鳥庭園の雪吊りは装飾的なものだそうですが、よく見ると縄が枝を支えてないので、雪が多く降らない名古屋には装飾用で十分そうですね。

白鳥庭園の雪吊り

 

白鳥庭園の雪吊り

 

1本だけですが、ソシンロウバイの木がありました。

ロウのような艶のある花と、濃い香りがあります。

白鳥庭園

 

池にはユリカモメとコイがいっぱい。

白鳥庭園

 

白鳥庭園

 

今回は白鳥庭園にふらっと寄ってみましたが、徳川園には冬牡丹が植えられているので機会があれば行ってみたいと思っています。

これから梅や桜と順に華やかな季節になるので開花情報を集め始めないといけませんね。

 

走行距離:21.1km

Aichi 07:59 comments(0)
パワースポットへ初詣ライド!

今年最初のライドは毎年恒例となった初詣ライドです。

八事神社、塩釜神社、熱田神宮に参拝し、そのあとは白鳥庭園にてスイセンを見てきました。

白鳥神社の記事はまた別の記事にUPします。

 

まずは今1人暮らしをしている場所の氏神さまへお参りに。

八事エリアには、興正寺や塩釜神社など、名古屋では名の知れた神社がありますが、八事神社は小さな神社です。

まだ松の内だったので、鳥居前には門松がありました。

八事神社

 

神社を訪れるかたは数名いらっしゃいましたが静かな神社です。

社務所は閉まってましたが、伊勢神宮のお守りも売ってました。

八事神社

 

そしてすぐ近くの塩釜神社へ。

塩釜神社は安産祈願で訪れるかたが多くいます。

特に安産祈願に良いとされる戌の日は妊婦さんが多く参拝されています。

激坂を上がったところにありますが、境内からの見晴らしがよく、ちょこっとですが、梅や桜、藤棚があります。

塩釜神社

 

整備されたきれいな神社です。

桜の時季にも来てみたいですね。

塩釜神社

 

つづいて熱田神宮へ。

熱田神宮は東海エリアでは伊勢神宮に次いで2番目に有名な神宮です。

お正月の初詣はもちろん、通年で多くの方が参拝に行かれてます。

熱田神宮

 

お正月の三が日で毎年200万人の人出があるそうですが、この日は金曜日でも思ったより賑わっていました。

熱田神宮

 

おみくじやお守りは購入しませんでしたが、結ばれたおみくじは大量です。

熱田神宮

 

本宮参拝後は、本宮裏手へ。

本宮裏手には有刺鉄線で仕切られた一之御前(いちのみさき)神社と「こころの小径」を抜けて3つの神社があります。

有刺鉄線より先は写真撮影や飲食禁止になっています。

熱田神宮

 

本宮裏手にまで参拝される方は少ないですが、パワースポットとして時々テレビに取り上げられています。

平成25年に熱田神宮の創祀1900年を迎え、いままで非公開のところが公開されています。

1番奥の一之御前神社は熱田大神の「荒魂(あらみたま)」が祀ってありますが、

荒魂とは、神様の御魂の穏やかな姿の「和魂(にぎみたま)」に対して活動的勇猛的な御魂のことを指すそうで、叶えたい強い願いをお願いするといいそうです。
日々の感謝とお願い事をしてきました。

 

こころの小径を抜けて、目と美肌の神様で女性が集まる清水社と御田神社、龍神社を回ります。

本宮裏には樹齢何百年にもなるような樹もあり、静まり返った空気感で身が清められる気持ちになります。
ちなみにこの4社への参拝は9時から16時までですが、いつまでの公開かは分かりません。

 

それから参道沿いに佇む徹社(とおすのやしろ)へ参拝。

さきほどの荒魂に対しての天照大神の和魂(にぎみたま)を御祭神に祀っています。

和魂は慈しみ加護してくれる神だそうです。

本宮の参道沿いにありますが、参拝している方はほとんどおらず、見過ごしてしまっているかもしれませんね。

熱田神宮

 

境内には多くの摂社、末社、歴史的なものがあるので、全部理解して回るのは時間がかかるかもしれませんが、

見てまわるだけでも力がもらえそうですね。

 

初詣の後は、時間があったので近くの白鳥庭園にスイセンを見に行ってきました。

次の記事につづきます。

Aichi 07:02 comments(2)
東別院のデジタルアートとイルミポタ!

12月に入ってからは仕事のことで忙しく、自転車に乗って出かけることが少なくなっていました。

クリスマスイルミネーションはチラホラと名古屋中心部に寄ったときに見ましたが、

記事にUP出来ないまま年末を迎えてしまいました。

 

年末年始もしばらく連勤ですが、31日の仕事終わりに大晦日の名古屋をポタリングしてきました。

今回ははじめての東別院のデジタルアートと名古屋市内イルミポタです。

 

夜7時くらいに名古屋市内を走っていましたが、街中は人が少なく、車も少なかったので自転車は走りやすかったです。

東別院のデジタルアートは開始が20時からで、時間が少しあったので先に名古屋駅や栄をブラブラしていました。

東別院のデジタルアートのあとに、名古屋市内のイルミネーションの様子を書きます。

 

20時過ぎに東別院へ到着し、さっそく本堂に映し出されたデジタルアートを見ます。

3Dマッピングとは違いますが、本堂には色とりどりの模様で彩られていました。

それと同時に、本堂前では能や太鼓のパフォーマンスを見る参拝客で賑わっていました。

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

東別院のデジタルアート

 

灯篭もカラフルですね。

東別院のデジタルアート

 

デジタルアートは翌1時半までやっていたそうですが、年始から楽しめたと思います。

山門のところには常滑焼のランプシェードとキャンドルがありました。

キャンドルはアロマキャンドルで、山門あたりは香りに包まれていました。

東別院のランプシェード

 

東別院のランプシェード

 

東別院には今回はじめて行きましたが、マルシェなどもやっているようなので、機会を見つけてまた行きたいですね。

順番は前後しますが、名古屋市内のイルミポタもUPします。

 

名古屋駅周辺や栄周辺はクリスマスの前にブラブラしていましたが、記事にUPしないままでした。

クリスマスを過ぎると、あっという間にサンタクロースの姿が消えていました。

 

まずは名古屋駅前のミッドランドスクエアの壁面に見えるウインドウアート。

ビル北側にあたる写真右側は滑走する雪だるま、東側にあたる写真左側は昨年の干支のサルだそうです。

サルは少しわかりにくいですね、何の絵か何回も見直していました。

ちなみに新年になると「正月」「2017」の文字や今年の干支の酉が映し出されていたようです。

名古屋のイルミネーション

 

栄までの間も広小路通の街路樹にイルミネーションがありました。

テレビ塔のイルミネーションは、クリスマスも年末も同じでした。

展望フロアからでは3Dマッピングを行なっていますが、テレビ塔前の「NAGOYAアカリナイト」も規模は昨年より縮小されてました。

名古屋のイルミネーション

 

オアシス21と一緒に。

名古屋のイルミネーション

 

そして名古屋城。

今年は年越しでイベントをやっていたそうです、ライトアップはしていませんが寄り道。

名古屋城のライトアップ

 

昨年も新しい場所に出かけたり、家族と走ったりしましたが、

今年もいろんなところに出かけられたらと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

走行距離:32.1km

Aichi 19:30 comments(2)
フォトジェニック!白鳥庭園のライトアップと美濃和紙あかりアート!

前回までの記事のように、揚輝荘の紅葉、名古屋市街地の黄葉を見てから白鳥公園の園内ライトアップを見に行ってきました。

白鳥庭園は11月末に昼間に見に行ってますが、本当は今回の園内のライトアップがメインで行きたかった場所です。

 

イチョウの黄葉を見た栄あたりからは6kmほどの距離です。

ライトアップの始まる16時半ごろには間に合いたいと思い少し飛ばし気味に走りましたが、思いのほかすぐに到着。

 

カメラのバッテリーが少なかったので、暗くなるまでは園内のモミジを見ながら写真は数枚だけ撮ってまわりました。

園内の紅葉は場所にもよりますが、全体では見ごろ過ぎくらいでしょうか。

散り始めたものもありましたが、今週いっぱいはライトアップとともに、どうにか見て楽しむことはできると思います。

白鳥公園の紅葉ライトアップ

 

そして17時ごろ、夕日が沈み辺りは真っ暗、ライトアップで松の木に施された雪吊りが浮かび上がります。

白鳥公園のライトアップ

 

カメラでは少し明るくなったものの、池の水面に映る雪吊りがとてもきれい。

和製のクリスマスツリーがもっときらびやかで、昼間とはまた違う雰囲気で見ていて感動しました。

たくさん写真も撮りましたが、ずっと見ていられますね。

 

ちなみに上の写真は池に架かる橋からではなく、その向かい側からの写真です。

橋からだとライトアップされていない小さな松の木が水面に映る雪吊りを上手く撮れませんでした。

 

雲にかかってしまいましたが下の写真には三日月も。

白鳥公園のライトアップ

 

白鳥公園のライトアップ

 

池を少しまわって茶室のほうから。

下の写真はi-Phone5で撮ったのでちょっと粗い画像に見えますね。

白鳥公園のライトアップ

 

雪吊りを見たあとは紅葉のライトアップを見てまわりました。

滝の周りの紅葉はほかの場所に比べて色づきが遅いようですが、少しずつ紅葉していました。

白鳥公園のライトアップ

 

茶室奥のところは散り始めでしょうか、モミジの赤いじゅうたんが出来ていました。

白鳥公園のライトアップ

 

光に照らされた茶室もなんだか厳かな雰囲気が伝わってきます。

白鳥公園のライトアップ

 

12月1日から11日までは園内のライトアップとともに美濃和紙のあかりアートの作品がいくつか通路に並べられています。

美濃和紙あかりアートは岐阜県美濃市で毎年10月に行われるあかりアートの作品で、和紙の提灯に光が灯ってます。

以前は現地に見に行ったことがありますが、また見に行きたいですね。

白鳥庭園で全作品が大型の透明なケースに入っての設置ですが、どれも素敵な作品です。

白鳥公園のライトアップ

 

シンプルなものでも手が込んでますね。

白鳥庭園のライトアップ

 

カラフルなものもあるので見ていても面白いです。

白鳥庭園のライトアップ

 

竹林もライトアップされていました。

白鳥庭園のライトアップ

 

白鳥庭園では11日までライトアップと美濃和紙あかりアートを行なっているそうです。

こんな素敵な場所とは知らなかったのですが、来年もぜひ行きたいですね。

 

今年の紅葉ツーリングは休みが取れず少し強行スケジュールの中での観賞でしたが、

近場でもほとんどが初めての場所だったので紅葉を楽しむことが出来ました。

来年も少し遠出して楽しむことが出来たらと思います。

 

走行距離:36.4km

Aichi 18:55 comments(6)
名古屋の街中イチョウ並木ポタ!

前回の記事、覚王山の揚輝荘の紅葉を見たあとは名古屋市街地のイチョウ並木を見てきました。

名古屋市内ではイチョウの木が多く植わっているのですが、早いところでは11月下旬から見ごろを迎えています。

今回は桜通と若宮大通の2か所に行ってきました。

 

最初に向かったのは桜通、名古屋駅前から日本銀行名古屋支店までの1.2kmにわたりイチョウ並木があります。

日本銀行名古屋支店前の歩道橋から名古屋駅方面に。

桜通りのイチョウ

 

昨年も訪れていますが、ここはビルの影に隠れてしまうので全体に光が入らないのが残念ですね。

ですが街路樹でも大きな木々がきれいなイチョウの黄葉を見せてくれるのでお気に入りの場所です。

桜通は車がひっきりなしに通るのですが、車が見えなくなった瞬間をパチリ。

桜通りのイチョウ

 

歩道橋から道路を見下ろすとイチョウの葉っぱが。

訪れたのは1週間前なので、早い木では既に半分ほど散っているかもしれません。

桜通りのイチョウ

 

名古屋市内のイチョウは10月末ごろから特有のにおいのあるギンナンの実をつけ、熟れた実が落下してかなりにおいます。

においはあれど、名古屋駅から少しのところでここまできれいなイチョウが見られるのがいいですね。

 

 

桜通りのイチョウ

 

カメラのバッテリーが少なくなってきたので、日本銀行から堀川までの300mほどだけを見て若宮大通へ。

以前堀川から名古屋駅にかけて歩いていたときも、イチョウがきれいに色づいていたので見に行っておくべきでした。

桜通りのイチョウ

 

桜通から若宮大通までは1.5kmほど離れていますが、自転車ではすぐです。

若宮大通は「100m道路」とも呼ばれ、歩道から反対側の歩道までの距離が100mほどあります。

イチョウの木は白川公園前から吹上公園まで名古屋高速を挟んだ道路沿いに植わっています。

 

若宮大通のイチョウは通り沿いのビルや名古屋高速の影に入ってしまい色づきの浅いものもありますが、どこもきれいでした。

こちらも見に行ったときはまだ落ち葉が少なかったのですが、今週いっぱいが見頃だと思います。

若宮大通りのイチョウ

 

東西に延びる通りは、この時季は太陽が低いのもあり影に入る部分が多いので、写真を撮るのに訪れるタイミングが難しいですね。

100m道路の高架下のところは人通りが少ないので街中でもゆっくり楽しめます。

桜通もですが、普段は下から眺めることの多いイチョウも歩道橋を上がるとイチョウの木々の高さで見られるので、

意外にも珍しい場所かもしれませんね。

若宮大通りのイチョウ

 

イチョウ並木は高速の高架沿いですが、両車線の歩道沿いには落葉樹が植わっていて紅葉と黄葉が楽しめるのもいいですね。

白川公園あたりから栄方面。

若宮大通りのイチョウ

 

反対車線の名古屋駅方面。

若宮大通りのイチョウ

 

矢場町交差点は人が多いのですが、イチョウを見る人は少ないです。

歩道橋にあがると繁華街の賑わいとは少し違う景色を感じます。

ここで外国人のかたがいたので、片言の中学レベルの英語を駆使しながら写真を数枚撮りました。

若宮大通りのイチョウ

 

桜通も若宮大通も地下鉄でもアクセスしやすいので、買い物がてら見に行ってもいいですね。

どちらも距離は離れていないですが少し歩くもののいい運動にもなりそうです。

ギンナンの実を踏んでしまうと、特有のにおいを引き連れたままお店には入りづらいので注意です。

若宮大通りのイチョウ

 

今年はギンナンの産地でもある稲沢市祖父江町のイチョウを見に行けませんでしたが、

名古屋市内できれいな黄葉を楽しむことが出来ました。

このあとは、カメラのバッテリーと時間を気にしながら、次の白鳥公園に向かいました。

Aichi 18:29 comments(2)
旧別邸、揚輝荘の紅葉!

12月に入り、名古屋市内各地でも紅葉が見頃を迎えています。

先日、名古屋市内各地、揚輝荘と市街地のイチョウ並木、白鳥公園の夜景を見てきました。

それぞれ別の記事で紹介しますが、まずは揚輝荘の紅葉を。

 

揚輝荘は覚王山日泰寺のすぐ隣にあります。

もとは松坂屋初代社長の別邸だそうで、池泉回遊式庭園を持ち、1万坪もあったようです。

いまは敷地は半分以下になっていますが、一般公開されています。

 

まずは日泰寺横の入り口から北園へ。

紅葉は全体的には見頃でした、真っ赤なモミジがいいですね。

揚輝荘の紅葉

 

北園にある伴華楼(ばんがろう)は工事中でした。

事前にHPを見て知ってはいたものの、やはり工事の様子とモミジは画にならないので少し残念です。

揚輝荘の紅葉

 

横にある園内の豊彦稲荷あたりも紅葉が見頃。

写真は上手く撮れなかったのでないのですが、紅葉と朱色の20基ほどの鳥居がきれいでした。

揚輝荘の紅葉

 

池に架かる橋は白雲橋。

ここは中は渡れませんが、北園のシンボル的な建築物で紅葉とも合いますね。

揚輝荘の紅葉

 

揚輝荘の紅葉

 

訪れた昼過ぎには逆光になる時間で写真が白っぽく見えますが、実際はとてもきれいでした。

揚輝荘の紅葉

 

揚輝荘の紅葉

 

池の反対側からも。

揚輝荘の紅葉

 

見上げたら青空と木々がきれいでした。

揚輝荘の紅葉

 

白雲橋はどこから見てもきれいですが、少し離れたところから見た景色がよりきれいに感じました。

池とモミジが日本庭園に合います。

揚輝荘の紅葉

 

池の周りは小さな橋がありましたが、入れないように通行できないようにされていたのも残念でした。

見た感じでは何も工事をされていなかったのですが、来年は隅々までまわって紅葉を観賞したいですね。

三賞亭という茶室も風流な感じでモミジと一緒に撮りたかったのですが、もう1度見にまわろうとしたら近寄れないようになっていました。

 

下の写真の橋もそうでしたが、ここは池の水面に日泰寺の五重塔が映りこむ場所だそうです。

別邸の建築時もここまで考えられていたのでしょうか。

当日は風があって水面が波打っていたのでモザイクのようになって上手く見れませんでした。

揚輝荘の紅葉

 

北園を見たあとは南園へ。

南園には聴松閣(ちょうしょうかく)という建物があり、300円で建物内の一部を見てまわることが出来ます。

地上2階は和洋の空間があり、地階はインド様式で変わった雰囲気でした。

揚輝荘の紅葉

 

今回の揚輝荘の紅葉見物は園内の工期と重なっていたので、見足りない部分もありました。

家からは距離もさほどないのでまた来年に期待したいです。

 

揚輝荘は日泰寺の参道を通ってくるので、駅方面に帰るなら、

日泰寺参道のオシャレなお店や昔ながらのお店に寄っても面白いかもしれませんね。

揚輝荘の紅葉

 

このあとは名古屋市内の桜通り・若宮大通り近辺のイチョウと、白鳥公園の夜景を見に行ってきました。

名古屋市内の紅葉も見頃のピークを迎えているのでこれから見に行かれるかたは早めに行かれたほがいいと思います。

Aichi 18:48 comments(2)
名古屋市内で日本庭園の紅葉ポタ!

紅葉も街中のあちらこちらで見られるようになりました。

なかなか休みがなく見に行くことができていませんが、今回は名古屋市内にある白鳥庭園に行ってきました。

 

夜勤明けでそのまま行ったので、着いたのは昼前。

入園料は300円、さっそく中に入って庭園内を見てまわります。

白鳥(しろとり)庭園は池泉回遊式日本庭園で大きな池を中心とした日本庭園が設けられています。

紅葉の見ごろとしては、場所にもよりますが色づき始め〜見頃過ぎまで様々。

白鳥庭園の紅葉

 

日本庭園は中部地方の御嶽山や木曽川、伊勢湾などに見立てて造られているようですが、まずは左回りに「御嶽山」のある滝へ。

滝の周りは全体的には見頃前ですが、このあたりの紅葉は日陰に入っているので毎年紅葉の見頃が遅れるようです。

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

滝から流れる水の流れに沿ってカメラを向けながらぶらぶら。

白鳥庭園を訪れるかたはそれほど多くはなく、広くても休憩するところもあるので、ゆっくり見てまわれます。

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

そして庭園真ん中に位置する池には、松の木にこの時季ならではの雪吊りが施されています。

三角錐の形を見ると、和製クリスマスツリーみたいですね。

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

場所を変えたら逆光になってしまいましたが、真っすぐに伸びる縄がきれいです。

白鳥庭園の紅葉

 

宮の渡し広場からは鳥や鯉がエサを求めていっぱいいました。

11月いっぱいは園内のライトアップを行なっているので、ライトアップも見たいですね。

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

園内の茶室のほうにも行ってみました。

こちらも紅葉した木々があり、一部は紅葉の絨毯になっています。

日陰に入ってしまいますが、紅葉や苔むした地面などが茶室の建物と合い、よりいい景色になっています。

白鳥庭園の紅葉

 

小さな門をくぐり反対側から。

白鳥庭園の紅葉

 

横に流れる川にモミジの赤色が映っていました。

白鳥庭園の紅葉

 

池に架かる木製の橋もいい雰囲気。

白鳥庭園の紅葉

 

白鳥庭園の紅葉

 

竹林も少しだけ。

白鳥庭園の紅葉

 

この日は園内で挙式前の写真撮影をされているかたが2〜3組いらっしゃいました。

和服がよく合っていて素敵です。

こっそりと後ろから写真を撮らせていただきました。

白鳥庭園の紅葉

 

名古屋市内でも紅葉の見られる場所がいくつかあります。

紅葉の見ごろはあと1週間ほどでしょうか、ほかにも数か所見に行けたらと思います。

 

走行距離:15.1km

Aichi 18:16 comments(2)
東海随一の名所、香嵐渓の紅葉 その3!

香嵐渓の紅葉を見てからは王滝渓谷の紅葉を見に行ってきました。

王滝渓谷は足助街道から細い道を少し中に入っていったところにあります。

 

ここの駐車場のすぐ前にある龍門橋から眺めた風景はとてもきれいでした。
橋から川の左右は紅葉と苔で隠れた絶景です。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷は山影にあるので、紅葉の色づきはまだかと思っていましたが、

エドヒガン桜やモミジも既に見頃を少し過ぎたぐらいでした。

その分、落ち葉が川の中の苔むした石に乗っていていい雰囲気でした。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷の紅葉

 

龍門橋から上がったところには妙昌寺という小さなお寺があり、そこのイチョウと。

王滝渓谷の紅葉

 

普段なら、龍門橋付近で写真を撮って終わりでしたが、

この日は時間があったので散策路から王滝橋のほうへ歩いてみました。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷の紅葉

 

川上に向かう途中にも紅葉した木がいくつもありました。

紅葉した木々にに囲まれた渓谷は歩いていても楽しかったです。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷の紅葉

 

が、龍門橋の次の王滝橋あたりも紅葉や巨石があったのですが、紅葉は半分くらい散っていたので

ブログには写真は載せませんが、橋を渡って帰る途中にも散策路に巨石がゴロゴロ。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝橋までの往復は20分ほどでしたが、龍門橋に戻って帰りながら写真を撮影。

王滝渓谷の紅葉

 

紅葉の落ち葉は苔に合いますね。

川の流れとともに、何枚も写真を撮りました。

王滝渓谷の紅葉

 

王滝渓谷の紅葉

 

電池パックをいつも2つ持って出かけていますが、香嵐渓と王滝渓谷の2か所をまわったので

帰るころにはちょうど両方の電池パックの残量が空になっていました。

王滝渓谷の紅葉

 

今回初めて香嵐渓に紅葉を見に行くことが出来て楽しめました。

見に行きたい場所はいくつもあるので、毎年新しい場所を探しながら、また香嵐渓も見に行きたいです。

 

11月は休みが取れないのですが、もう1か所くらい足を伸ばして紅葉を見に行けたらと思います。

名古屋市内近辺の紅葉もそろそろ見ごろになってくるので、時間を見つけて見に行きます。

 

走行距離:27.8km

Aichi 00:16 comments(2)
東海随一の名所、香嵐渓の紅葉 その2!

11時を過ぎ、香嵐渓のメインスポットの待月橋あたりに陽が射してきたので移動しました。

この日も見ごろ前でも多くのかたで賑わっていましたが、見頃がピークのときはもっと多くのかたで賑わいそうです。

 

紅葉の時季のこの景色は初めてなので、自分もカメラを向けて何枚も写真を撮りました。

写真が多くてすみません。

定番の位置からでも、やはり自分の目で見た風景はさらにきれいに見えました。

香嵐渓の紅葉

 

橋の上から見た「三州足助屋敷」方面もとてもきれいでした。

山と川のある景色の中の紅葉はより壮大に感じますね。

香嵐渓の紅葉

 

香嵐渓の紅葉

 

モミジはよく見ると黒い斑点があるものがちらほらあったので、今年はあまりいい天候でなかったかもしれませんね。

香嵐渓の紅葉

 

巴川の河原に降りて遠くから。

同じような写真ばかりが続きますが、やっぱりいい景色ですね。

香嵐渓の紅葉

 

香嵐渓の紅葉

 

香嵐渓の紅葉㉑

 

巴川の澄んだ川の色とも合います。

香嵐渓の紅葉㉒

 

河原で一休みして、足助の町に向かいながらぶらぶら。

遊歩道もモミジのトンネルになっているのがいいですね。

香嵐渓の紅葉㉔

 

香嵐渓の紅葉㉓

 

飯盛山の中は日が当たりにくいのでまだ緑色の木々も多いですが、今月末ごろまで見頃がつづきそうですね。

今月末までは紅葉のライトアップも21時まで毎日開催されるようなので、夜もまたきれいだと思います。

香嵐渓の紅葉㉕

 

香嵐渓の紅葉を観賞してからは、香嵐渓の目の前にある足助の町並みへ。

足助地区では江戸時代からの重要建築の町並みや、

毎年「中馬のおひなさん」や「たんころりんのキャンドルナイト」(竹籠と和紙の行灯)などのイベントがあります。

ちょっとだけですが、見どころとなるところをぶらぶら。

 

蔵に挟まれた、マンリン書店横のマンリン小路。

香嵐渓の紅葉㉖

 

足助川沿いの田町地区。

香嵐渓の紅葉㉗

 

イノシシの料理などを提供している井筒亀(いづかめ)駐車場には、イノシシの皮が10枚ほど並べられてます。

香嵐渓の紅葉㉘

 

いつもの休憩場所の巴川から香嵐渓方面を眺めながら一休み。

飯盛山全体がきれいに紅葉しているのが見えるので、ここからの景色は穴場です。

香嵐渓の紅葉㉙

 

飯田街道に戻って最後に待月橋を眺めて帰路につきました。

13時ごろに帰路につく頃が全体の写真を撮るには1番いい時間かもしれませんね。

香嵐渓の紅葉㉚

 

帰り道も巴川沿いに走りましたが、まだ昼過ぎでも既に香嵐渓方面に2.5kmほど渋滞が出来ていました。

見頃の時季は香嵐渓方面に飯田街道の国道153号線が名古屋からの車で10km、3時間待ちのときもあるようです。

今回のように、ちょっと離れたところからの自転車だと車列の横をスイスイ追い越せるので自転車も楽しめます。

路肩が狭いので走行に注意はしないといけませんが、おすすめです。

香嵐渓の紅葉㉛

 

このあとは駐車場手前にある王滝渓谷に向かいます。

 

その3へつづく。

Aichi 20:25 comments(2)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS