BICYCLE MODE!!

今日もピストとコンデジで行ってきます。
桜のトンネル、木曽川堤!

4月に入り、桜(ソメイヨシノ)の開花もようやく進んできましたが、

14連勤のなか2日に午前だけ休みだったので少し強行して地元の木曽川堤の桜並木を見てきました。

この時季はなかなか休みを取れないので、お花見に行くところが近場ばかりですが、

この木曽川堤は毎年行きたい桜の名所です。

 

今回は車で行き、着いたのが10時半で出勤まで1時間だけしか時間がなかったので早足でのお花見でした。

大野極楽寺公園に車を止め、下の写真に写るツインアーチ138までの1.5kmの桜の咲く堤防を歩きました。

木曽川堤の桜

 

天気は快晴でいい花見の日となりました。

木曽川堤にはヒガンザクラ、しだれ桜、ヤマザクラ、ソメイヨシノがありますが、

早咲きのヒガンザクラとしだれ桜が見頃を迎えていました。

古木の桜の木が多いので、見ごたえがあります。

木曽川堤の桜

 

堤防は一方通行ですが、車2台ほどの幅しかなく、半分は路上駐車の車が並んでいるのは残念です。

大きな桜の木に見惚れて写真を撮っていると、車がひっきりなしに通るので注意ですね。

木曽川堤の桜

 

木曽川堤の桜

 

せかせかと歩きながらなので全体の写真が多くなりましたが、

近づいて見る小ぶりのしだれ桜の花びらが可愛らしいです。

木曽川堤の桜

 

木曽川堤の桜

 

この日は天気が良く、遠くに雪の残る伊吹山が見えたのでパチリ。

木曽川堤の桜

 

ズームでも。

一宮市内なのに遠くに来たような景色ですね。

木曽川堤の桜

 

堤防の上はそれほど人が通らないのですが、車には注意です。

今回は堤防のみを歩きましたが、堤防下には芝生とサイクリングコースがあるので

車を気にせず、下からも桜を見ることが出来ます。

大野極楽寺公園からツインアーチ138まではバーベキューやピクニックを楽しむかたで賑わっていました。

木曽川堤の桜

 

同じような写真がつづきますが、今回は写真はそこそこに目に桜を焼き付けてきました。

時間を気にして見るのが惜しいです。

木曽川堤の桜

 

木曽川堤の桜

 

古木の多い木曽川堤の桜ですが、大きく伸びた枝で堤防道路は文字通りピンクのトンネルになっているところも。

木曽川堤の桜

 

ツインアーチ138前の道と木曽川堤が交差するあたりはソメイヨシノが多く植わっています。

こちらは2日の時点では3〜4分咲きだったので、今週中ごろから週末にかけて見頃を迎えそうですね。

木曽川堤の桜

 

木曽川堤の桜並木は久しぶりですが見に来れて楽しむことが出来ました。

ソメイヨシノが満開の頃には早咲きのしだれ桜などは散り始めそうですが、週末まで楽しめそうです。

木曽川堤の桜

 

桜の咲いている風景はどこも素敵ですが、毎年なかなか休みが取れない時季なので

仕事の合間をぬって見に行ければと思います。

Aichi 17:28 comments(0)
樹齢120年以上、香積院のしだれ桜!

桜(ソメイヨシノ)の開花宣言があちこちで出され、名古屋も3月29日に開花宣言が出ました。

ここ数年、桜の花見ポタ・ツーリングの最初に訪れる恒例となった昭和区にある香積院のしだれ桜を見に行ってきました。

 

前回の萬葉公園の河津桜を見た帰りに香積院に寄ったときは2〜3分咲きで、

昨年と比べると桜の開花は1週間ほど遅れていますが、香積院のしだれ桜も28日にようやく見ごろを迎えました。

香積院の境内に入ってすぐに見える龍門と言われる丸い山門と、奥のしだれ桜に惹かれます。

香積院の枝垂れ桜

 

丸みのある珍しい龍門がいい額縁になっていますね。

この龍門は源頼朝の建てたお寺から移築されているようです。

入る前だけで何枚も写真を撮りたくなります。

香積院の枝垂れ桜

 

香積院の枝垂れ桜

 

境内には枝垂れ桜が1本だけですが、幹が太く枝張りも広い樹齢120年以上の古木のしだれ桜に圧巻です。

香積院も閑静な住宅街の中にあるので、静かな中ゆっくりと楽しむことが出来ます。

香積院の枝垂れ桜

 

開花具合は8分咲きぐらいまで進んでいましたが、枝先はまだつぼみのところもあったので

4月初旬までは満開のしだれ桜が楽しめそうです。

香積院の枝垂れ桜

 

やや小ぶりの花も太陽に照らされきれいに輝いてます。

香積院の枝垂れ桜

 

香積院の枝垂れ桜

 

お堂のほうから龍門方面に。

一昨年まではもう少し地面近くまで枝が垂れていましたが、剪定のためさっぱりしてます。

樹齢120年以上経っているので、手入れも大変そうです。

香積院の枝垂れ桜

 

香積院の枝垂れ桜

 

香積院は家からも職場からも10分ほどで着くので、近場でこれほどいい枝垂れ桜が見れるのはいいですね。

境内にあるふれ愛観音堂の上にある、平等院鳳凰堂の鳳凰のレプリカもかっこいいですね。

香積院の枝垂れ桜

 

ふれ愛観音堂を横から。

香積院の枝垂れ桜

 

屋根にかかる銅鐸のハートがかわいいですね。

香積院の枝垂れ桜

 

香積院の枝垂れ桜

 

梅の木も1本ありましたが見ごろは終わりです。

香積院の枝垂れ桜

 

香積院の枝垂れ桜

 

4月に入ると桜の開花が進み、どこも見ごろを迎えますが、

今年は多忙の合間を縫って近場に花見に行けたらと思います。

 

走行距離:6.9km

Aichi 17:55 comments(4)
萬葉公園の河津桜!

いなべ市農業公園の梅苑を見た帰りに、実家に戻り地元の河津桜を見に行ってきました。

向かったのは実家から近い、一宮市の萬葉公園の河津桜です。

 

この公園は大きな公園ではないですが、20本ほどの河津桜が植わっているそうです。

地元でも河津桜が植わっていたのは知らず、新聞にも載っていたので行ってみました。

開花具合は3月15日に園内全体で見ごろを迎え、訪れた23日にはほとんどが見頃過ぎで、黄緑の葉が目立ち始めていました。

今年の見ごろは過ぎているので、来年の参考になれば幸いです。

万葉公園の河津桜

 

ピーク過ぎでもきれいな桜はやっぱりじっと見てしまいますね。

メジロが木から木へ飛び回っていましたが、上手く撮れませんでした。

万葉公園の河津桜

 

新聞に載っていたのもあってか、訪れるかたもちらほら。

万葉公園の河津桜

 

足元も整備され、ベンチもところどころにあるので桜の下でのんびり過ごせそうです。

万葉公園の河津桜

 

西日が当たっているところでは眩しいくらい。

ちょうどこの河津桜1本が葉っぱもほとんどなく見頃でした。

万葉公園の河津桜

 

園内には若い梅の木が10本ほど並んでいたので、散歩がてら梅見も楽しめます。

遊具のあるほうにはツバキと一緒に河津桜が咲いていました。

万葉公園の河津桜

 

万葉公園は戸苅本園と、新幹線の高架を挟んで500mほど離れた高松分園とがあり、高松分園にも河津桜が5本ほどありました。

高松分園は花しょうぶの咲く時季に見に何回か来たことがあります。

こちらにもメジロなどの鳥が飛び回っていました。

万葉公園の河津桜

 

高松分園といえば、新幹線との写真撮影。

16時前で逆光ぎみでしたがどうにか雑ながらも定番の写真も撮りました。

万葉公園の河津桜

 

地元の桜でいえば、ソメイヨシノに囲まれる木曽川堤の桜並木を今年も見に行きたいと思います。

桜は見たい場所がいっぱいなので、予定が合うといいですが。

 

帰りは実家から自転車で帰りました。

自転車で走っていても熱い時季になってきましたが、いっぱい出かけたいですね。

 

走行距離:30.8km

Aichi 20:17 comments(2)
佐布里池梅林、梅見ツーリング!

梅の開花もだいぶピークになってきましたが、

先日9日に知多市佐布里池梅林へ梅見ツーリングに行ってきました。

ここは愛知県でも最大の梅の本数約5100本があります。

以前は4600本との情報でしたが、年々本数を増やしており、佐布里池周辺にも梅が多く植わっています。

 

アップダウンのある道を走りながら、名鉄寺本駅近くにある歩道「佐布里パークロード」を走りながら佐布里池へ。

パークロードは佐布里池までの3kmほどの歩道で梅や桜の木があります。

佐布里池の梅

 

軽くご飯を食べてから佐布里池梅林へ。

佐布里池梅林は佐布里池の一角にある大きな梅林で、道を挟んで東西2箇所に植わっています。

まずはメインとなる「佐布里緑と花のふれあい公園」のほうは佐布里梅が満開で、遅咲きの品種も見頃を迎えていました。

佐布里池の梅


佐布里池方面に。

佐布里池の梅

 

梅の木が選定されたあとがあったのもあって、見上げると少し梅林が寂しく感じます。

開花情報がHPに上がっていますが、「見頃」となっていても少なく感じたのは剪定の影響でしょうか。

佐布里池の梅

 

佐布里梅林には25種類の梅が植わっていますが、梅と桃を掛け合わせた薄ピンクの佐布里梅が多く植わっており、

ほかの品種も白梅が多く、紅梅は少ない印象です。

佐布里池の梅

 

佐布里池の梅

 

そこに1本だけ植わる紅梅。

佐布里池の梅

 

見に行った時間は青空が広がっていたので、いいタイミングでした。

日中は10度くらいでしたが、寒さも忘れるくらい梅見を楽しめました。

佐布里池の梅

 

佐布里池の梅

 

メジロなどの鳥もちらほら。

佐布里池の梅

 

佐布里池に面している場所が好きです。

園内にはベンチがあるのでゆったり見てまわれます。

佐布里池の梅

 

少し離れたところからの景色もいいですね。

佐布里池の梅

 

それから西側にある「水の生活館」方面へ。

こちらは初めて行きましたが、水の生活館までの800mほどの間に梅の木が多く植わっています。

訪れる人はほとんどいないのですが、時間があるなら散歩がてら見ても楽しめます。

西側も全体的にちょうど見頃で、枝垂れ梅も何本か植わっていました。

佐布里池の梅

 

佐布里池の水面がきらきら光っていましたが、撮ろうと思ったら真っ白な写真になってしまいました。

佐布里池の梅

 

歩くと距離はありますが、次回から西側も見てまわりたいですね。

佐布里池の梅

 

佐布里池梅林では3月12日まで梅祭りを行っているそうです。

遅咲きの梅が見頃なので、佐布里梅は見頃過ぎかもしれませんが3月中旬くらいまでは楽しめそうです。

 

今年は何箇所か梅を見てまわることが出来ました。

三重県いなべ市のいなべ農業公園もまだ満開を迎えてないようです。

まだ訪れたことがないので、予定があえば行きたいと思います。

 

走行距離:49.1km

Aichi 20:43 comments(2)
梅降り注ぐ、しだれ梅ポタ!

梅の開花がかなり進んで、どこも見頃ですね。

今回は名古屋市農業センターのしだれ梅を見に行ってきました。

 

家から片道4Kmほどで自転車でも10分強、8時過ぎに着きました。

開園は9時なので早く着きすぎましたが、待っていると8時半にはセンター前の信号まで車の列と、

100人ほどの開園待ちのかたがいました。

 

開園してすぐにメインのところに向かいましたが、

事前の情報では7分咲きとのことで、予想以上につぼみが多かったです。

農業センターのしだれ梅

 

後日出直そうかなと思いましたが、園全体では見ごろの場所のほうが多く、天気も快晴、

次の休みの日は曇りの予報だったので、当日に見てまわることにしましたが正解でした。

 

園全体ではしだれ梅が700本ほどあるようで、これだけ植わっているのは全国的にも珍しいようです。

農業センターのしだれ梅

 

農業センターのしだれ梅

 

空から降り注ぐようなしだれ梅ですが、撮るのが難しいですね。

農業センターのしだれ梅

 

農業センターのしだれ梅

 

3月8日の時点では満開になっているようなので、メインの場所はもっと華やかな風景が広がっていると思います。

風に吹かれて梅の香りも漂っていました。

メジロが何匹か飛んでいるのが見えましたがカメラが追いつきませんでした、残念。

農業センターのしだれ梅

 

上にはしだれ梅、地面には小さな花も。

農業センターのしだれ梅

 

しだれ梅にも白や濃いピンクもあるので、園内はさらに華か。

農業センターのしだれ梅

 

メインのしだれ梅林はつぼみが目立ちましたが、竹林のほうへ移動すると、満開のしだれ梅が多かったです。

こちらは梅と竹が一緒に見られるので、ほかの場所とは違う雰囲気で楽しめ、カメラを持った方が多くいました。

農業センターのしだれ梅

 

しだれ梅林に迫るような竹林。

以前は松の木もあって松竹梅の3つを見ることが出来ましたが、昨年には松が切られていました。

天気も快晴でいい風景を見て楽しむことが出来ました。

農業センターのしだれ梅

 

竹林の中からも。

小高いところから見下ろす梅林もきれいですね。

農業センターのしだれ梅

 

しだれ梅のピンク色と下草の緑とが合いますね。

農業センターのしだれ梅

 

園内の奥のほうの広場はピクニックをしているかたがいっぱいいました。

最近は小春日和の暖かい日があるので、しだれ梅での花見もいいですね。

 

その近くにはモクレンなどの木々やソシンロウバイがありました。

ソシンロウバイは2月の中旬ぐらいに庄内緑地公園で見ごろを迎えていましたが、

農業センターのロウバイはこの時季になっても、花も香りも残っています。

農業センターのしだれ梅

 

イベントや屋台の出ている場所を挟んで園反対側のウシやヒツジのいるほうへ。

小さな菜の花畑があり、この畑は自由に入って写真撮影ができるようです。

ミツバチも飛んでました。

農業センターのしだれ梅

 

農業センターのしだれ梅

 

牛舎は工事中でしたが、ここでウシをのんびりと見るのも好きです。

農業センターのしだれ梅

 

農業センターでは3月20日までしだれ梅まつりを行なっているようです。

しだれ梅も見ごろが続き、イベントや屋台もあるのでまあまだ楽しめそうですね。

帰りには桜の下見をしながらもぶらぶらして帰りました。

桜はまだですが、そろそろ行くところを決めたいと思います。

 

走行距離:10.5km

Aichi 18:07 comments(4)
河津桜と海の幸、知多半島一周ツーリング その3!

聖崎公園の河津桜をあとにして、近くの羽豆岬へ。

いままで自転車でもドライブでも立ち寄ったことがなかったので、今回寄ってみることに。

 

羽豆岬は知多半島の先端部で、高台にあがると羽豆神社があります。

知多一ツーリング

 

境内には「羽豆岬」の歌をうたうSKE48のメンバー本人やファンの絵馬がいっぱい。

あとで出てくる野間灯台や新舞子マリンパークなどでMVを撮ったそうで、いわゆる「聖地」ですね。

知多一ツーリング

 

「恋のロマンスロード」と呼ばれるウバメガシのトンネルもあります。

知多一ツーリング

 

ここにも展望台があり、そこからは目の前の師崎港や日間賀島、篠島が見えます。

下の写真右下のうっすら写った篠島奥の山は、渥美半島の伊良湖岬です。

知多一ツーリング

 

羽豆岬からは向かい風の中自転車を漕いですすみます。

この日は風もほとんどなかったのでよかったですが、2人以上でトレインを組むと前の人が風除けになるので

体力の消耗が抑えられますが、今回は1人なのでまったりと潮の香りをかぎながら進みます。

知多一ツーリング

 

伊勢湾側はビーチや野間崎灯台にセントレア、カフェに大型店舗などがいくつかあるのでドライブにもいいですね。

魚ひろばに寄ろうとしましたが、残念ながら定休日だったので、穴場の桜公園へ寄り道。

ここは今回のツーリングで行きたかった場所の2か所目で、今日4つ目の激坂を上がって公園へ。

 

桜公園は247号線から激坂をあがったところにありますが、看板は分かりずらいので、

車で行かれるなら花岬ホテルを目印に行くといいと思います。

知多一ツーリング

 

名前の通り、園内にはソメイヨシノの木が20本ほどあります。

さすがに桜の開花までは1か月近くあるので、いまは閑散とした公園ですが、景色は絶景。

3つのベンチの向こうには一面青い景色が広がります。

知多一ツーリング

 

激坂を上ってきて汗だくでしたが、ベンチで一休み。

知多一ツーリング

 

桜が満開になったときにも来てみたいですね。

知多一ツーリング

 

桜公園で休憩を挟みつつ、247号線を北上します。

いつも気付かずに通り過ぎていた「つぶて浦」にも寄ってみました。

つぶて浦は大昔に伊勢神宮の神様が石の遠投をして、石がたどり着いたのがこの場所との言い伝えがあり、

設置されている鳥居は伊勢神宮に対面しているそうです。

知多一ツーリング

 

少し走ると千鳥ヶ浜のビーチへ。

ここは大学のビーチバレーサークルに入っていたときによく通った場所で、好きな場所です。

夏には多くの海水浴客で賑わっています。

知多一ツーリング

 

また少し走って野間灯台へ。

知多半島のドライブでの立ち寄りスポットでは定番の場所で、平日でも数組のカップルで賑わっていました。

知多一ツーリング㉑

 

野間灯台からは海沿いを走ったり幹線道路に戻ったり。

常滑ではセントレア近くの公園に寄ろうと思いましたが、通り越していたのでまたの機会に行きたいです。

知多市に入り海沿いで大きな段差にタイヤをとられて後輪がパンクしてしまいましたが、修理して再出発。

 

最後に立ち寄った新舞子マリンパーク。

ここは人口のビーチですが、夏になるとたくさんの海水浴客で賑わっています。

知多一ツーリング㉒

 

ここまで100km強、さすがに足もパンパンになってきて、緩い長い坂はしんどかったです。

新舞子あたりから自宅までは何回か走ったことがあったので頭の中の地図で走っていましたが、

半島を横断する坂道を避けようとしたら住宅街の袋小路にはまって迷走しながらも名鉄沿いに出て平坦な道へ。

 

最後にうどんを食べて残りの10kmほどを走りましたが、ロングライドハイなのか、かなりのスピードで飛ばしてました。

家に帰ると足の痛みよりも、クッション性のないサドルに座っていたためお尻が痛かったです。

 

思い立って走った今回のツーリングは寄るところが多く休み休みの走行でしたが、とても満喫できました。

走行距離も半年ぶりに80km以上走り、今までで最長にもなりましたがまた走りたいです。

 

走行距離:135.2km

Aichi 13:36 comments(2)
河津桜と海の幸、知多半島一周ツーリング その2!

海の幸のあとは、今回の1番の目的地、聖崎(ひじりさき)公園へ。

以前から行ってみたいと思っていた場所ですが、河津桜の開花時期と予定がなかなか合わなかったので

今回見ごろの時季にようやく行くことが出来ました。

 

聖崎公園は高台の上にある小さな公園で、自転車をとめて階段であがります。

事前の情報では、頂上あたりは満開とのことでしたが、中腹の公園内でも満開の河津桜。

聖崎公園の河津桜

 

雲が少し出ていましたが、桜は青空の下で見たいですね。

聖崎公園には50本ほどの河津桜が植わっていますが、ほぼ満開で見頃でした。

河津桜は早咲きの品種ですが、もう春の気配です。

聖崎公園の河津桜

 

ここまで60Kmほど走ってきましたが、満開の河津桜を見ていたら走ってきた疲れも飛びますね。

聖崎公園の河津桜

 

 聖崎公園のあたりは、弘法大師が上陸した所と言われ、海の中の岩の上に 弘法大師の像があります。

聖崎公園の河津桜

 

聖崎公園にはメジロやジョウビタキなどがいて、カメラを構えるかたも。

メジロは動きが早かったのですが、どうにか撮ることが出来ました。

聖崎公園の河津桜

 

聖崎公園の河津桜

 

こちらは何でしょうか、モデルのようにじっとしてくれていました。

聖崎公園の河津桜

 

山頂まであがると観音像と梅、河津桜の咲く広場がありました。

聖崎公園の河津桜

 

展望台にあがると、先ほど河津桜や鳥の写真を撮っていた場所が見えます。

写真には写ってないですが、日間賀島や篠島も見えました。

ちなみに晴れた日で運がいいと富士山まで見えるそうです。

聖崎公園の河津桜

 

中腹の広場に下りてまたちょこちょこと河津桜の写真を撮りながらまったり過ごしました。

聖崎公園の河津桜

 

知多半島の春の花は、観光農園「花ひろば」の菜の花もいいですが、聖崎公園もおすすめです。

1週間ほどは見頃が続くと思うので、いちご狩りや海の幸を食べたついでに出掛けても楽しそうです。

 

聖崎公園のあとは、2つ目に訪れたかった公園と、定番のスポット巡りをして帰路につきました。

 

その3につづく。

Aichi 19:47 comments(2)
河津桜と海の幸、知多半島一周ツーリング その1!

2月末、以前から気になっていた桜を見に知多半島一周ツーリングをしてきました。

写真が多いので記事を3つに分けます。

 

知多半島一周は、職場の後輩と「あいち健康の森」と知多半田駅前を起点として各80kmほどで2度走ってますが、

今回はいま住んでいる場所を起点として自走で135km超えのツーリングに行ってきました。

 

朝7時半に家を出て、通勤ラッシュのなか車に気を付けながら時速20kmほどのペースで走ります。

シングルギアなので、135km超えの道のりの体力を残しておきたいところですが、

ロードバイクを見ると追いかけたり、あおってくる車をよけながら知多半島付け根の大府市へ。

 

さっそく迷子になっていたところで牛を見つけたのでパチリ。

知多一ツーリング

 

今回の知多一も時計回りですが、序盤はずっと街中を走ってくので、写真もほぼ撮ることなく自転車をこぎつづけて半田市へ。

ミツカンミュージアム「MIM」の横でちょっとだけ休憩しました。

G.W.には、この運河には鯉のぼりがかかるようです。

知多一ツーリング

 

そして247号線をさらに南下します。

武豊町あたりからは車も減り走りやすくなります。

 

前回走った渥美半島はサイクリングロードが海沿いにあり、車を気にすることがほとんどないのですが、

半島先端は絶景がありつつもアップダウンの激しいところです。

それに比べ、知多半島はサイクリングロードは海沿いにないので車に注意しながら狭い車道を走るほぼ平坦なルートです。

どちらも良し悪しありますが、どちらも好きです。

 

美浜町に入るあたりからは左手に三河湾を眺めながら走り、河和口駅前へ。

お色直しをしたカッパの花ちゃん。

知多一ツーリング

 

この花ちゃん像の前には長さ200m、勾配25%の激坂「花ちゃん坂」があるので登ってみることに。

途中からの景色、撮り方がいまいちなのですが、かなり急です。

知多一ツーリング

 

まだまだツーリングのはじめなので足を残しておきたいので歩いて登りますが、歩いてもかなりきつかったです。

下の写真では真っ白になっていますが、登った先からはすぐそばに海が見えるいい景色。

下りはブレーキ全開でしたが、前転しそうなくらいでした。

知多一ツーリング

 

花ちゃん坂から少し走って魚太郎でご飯休憩。

しらす丼を食べてちょっと休憩。

焼き牡蠣と大あさりもあり美味いそうでしたが、カキは仕事上食べるのを控えているので我慢、

大あさりは不漁とのことで、渥美半島を訪れたときも食べずじまいだったので渥美半島で食べておけばよかったです。

知多一ツーリング

 

休憩後は先端の師崎に向かってまた走ります。

海にはユリカモメがたくさん。

知多一ツーリング

 

田んぼ越しに海の広がる場所がなんとなく好きな場所です。

知多一ツーリング

 

知多一ツーリング

 

ここを抜けると河津桜のある聖崎公園も間もなく。

 

その2につづきます。

Aichi 19:17 comments(0)
大高緑地へ梅見ポタ!

春の暖かい天気になった先日16日、大高緑地の梅を見に行ってきました。

梅を見に行く場所として、ここ数年、出かけるようになりましたが家から10km、30分ほどで到着です。

 

大高緑地公園には300本の梅の木が植わっているそうです。

事前の情報では見ごろかな、と思って出かけましたが、早咲きの梅がピーク過ぎぐらいで、

メインとなる梅の花はつぼみが多く、2〜3分咲きかなというところでした。

大高緑地の梅

 

メインのところはまだまだですね。

日当たりのいいところだけがちょこっと咲いている感じでした。

満開の梅林時季での再訪も考えましたが、別の予定やほかの場所にも行きたいので今年は今回の訪問だけになりそうです。

大高緑地の梅

 

梅林の中に入ると、ほのかに梅の香りに包まれました。

大高緑地の梅

 

メインの梅林の一角にある紅梅。

梅の花はピンクや白もいいですが、濃いピンクも好きです。

早咲きなのか、見頃としてはピーク過ぎでした。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

歩道側から。

大高緑地の梅の木は新しく植わっている部分もありますが、太い木もあります。

大高緑地の梅

 

歩道側の梅の木は早咲きのものなのか、見頃から見頃過ぎくらいのものが多かったです。

遠目ではきれいですが、アップで撮ると結構傷んだ花が多いのは残念。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

訪れたのは昼過ぎだったので、ピクニックしてるかたや散歩しているかたもいました。

ちなみに自転車はいつも引いて梅見をしましたが、今回は梅園近くの駐車場脇にとめました。

誰かの自転車がいい風景になってます。

大高緑地の梅

 

白い梅も。

近くで鳥が鳴いているのが聞こえましたが、姿ははっきりと見えませんでした。

大高緑地の梅

 

大高緑地の梅

 

菖蒲池には装飾用の雪吊りも。

白鳥庭園にも雪吊りがあり見に行きましたが、大高緑地にもあったんですね。

今年は名古屋でも何回か雪が降りましたが、雪の降った日にはいい画になったかもしれませんね。

大高緑地の梅

 

今年の梅の時季も始まったので予定が合えば何か所か行きたいと思います。

なかなか新しいところには行けていないので、遠出もしたいですね。

 

走行距離:20.2km

Aichi 19:19 comments(2)
絶景と菜の花の渥美半島ツーリング その2!

伊良湖菜の花パークで菜の花を楽しんだ後は、渥美半島先端の絶景を見に走ります。

 

「日出(ひい)の石門」まではサイクリングロードが海沿いにまっすぐ走っていますが、

その手前あたりからは幹線道路に戻り、傾斜13%の激坂を登ります。

さすがにピストでは立ちこぎしてもしんどいですが、振り返った場所の景色は好きな景色です。

渥美半島ツーリング

 

「日出(ひい)の石門」から太平洋ロングビーチを含む静岡県の浜名湖までの十三里(約52km)は、片浜十三里と呼ばれています。
駐車場がないので、車では止まれませんが、この先の日出の石門上には駐車スペースがあるので、
そこから少し歩くか、駐車場から日出の石門や「椰子の実記念碑」までのルートの途中でこの景色が見えるところがあります。

写真左真ん中あたりの黄色い場所が、先ほどの伊良湖菜の花パークです。

渥美半島ツーリング

 

そこからすぐの、伊良湖ビューホテル前からは、恋路ヶ浜の絶景を見渡すことが出来ます。

こちらも駐車場がないので、車なら先ほどの駐車場から歩いたほうがいいと思います。

渥美半島ツーリング
 

坂を下って恋路ヶ浜からの景色。

恋路ヶ浜では休憩がてら、きれいな砂浜と波の写真を何枚も撮りながら、まったりと過ごしました。

渥美半島ツーリング

 

「恋人の聖地」にもなっている恋路ヶ浜には鐘と「願いを叶える鍵」も。

菜の花は少しだけですが、海の目の前で華やかに咲いています。

渥美半島ツーリング

 

渥美半島ツーリング

 

歩いて500mほどで伊良湖岬燈台へ。

白亜の灯台はいつも青空に映えますね。

渥美半島ツーリング

 

恋路ヶ浜の前には焼あさりやカキの、世界で2番目においしいかき氷屋などがありますが、今回は横目に見て過ぎ去りました。

海沿いに三河湾のほうへ進み、火力発電所方面に走ります。

三河湾側も一部はビーチになっていますが、まっすぐに伸びた道と、風力発電装置が海外のような景色。

風が強かったので、装置もビュンビュンまわっていました。

渥美半島ツーリング

 

それからまた恋路ヶ浜に戻ってから激坂を登って下ってサイクリングロードへ。

帰りは追い風で気持ちよかったです。

渥美半島ツーリング

 

スタート地点のあかばねロコステーションに戻ってからは、帰路につきながら、太平洋ロングビーチへ。

あかばねロコステーションからもサイクリングロードで走っても3kmほどのところにあります。

こちらはサーフィンの大会が行われる場所です。

渥美半島ツーリング

 

ビーチバレーのコートもありますが、ほとんど使われていない感じです。

渥美半島ツーリング

 

今年も渥美半島の菜の花を見て、絶景を見てまわることができました。

この時季は、いちご狩りやひな祭り展も行っているので、一緒にまわっても楽しそうです。

伊良湖ビューホテルには恋路ヶ浜を眺めながら入浴できる日帰り入浴もあるので、

次回、夏にはひまわりツーリングとともに行きたいです。

 

走行距離:50.4km

Aichi 19:40 comments(4)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS